インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

メンタルヘルスにおける3つの前進:メンタルヘルス月間に向けて

5月はメンタルヘルス月間です。メンタルヘルスは、何よりも健康全般のアウトカムを左右するものです。メンタルヘルスの状態は、健康アウトカムの基盤を改善し疾病を縮小します。
ここに、患者の全体としての健康状態をよくするという目標をもち、メンタルヘルスにおける懸念事項の改善を探求した3つの最新のイノベーションについて述べたいと思います。

人工知能とメンタルヘルス

患者が精神障害で苦しむことにより、そのほかのすべての健康アウトカムを複雑にします。概して、健康でいることとメンタルヘルスは切り離すことができず、医療にとってメンタルヘルスのケアは、最も重要な部分です。初期の金銭的な出費が求められる一方、メンタルヘルスへの投資は、結果的には、患者と保険組織がコストとケアに対する費用負担を軽減することになります。データサイエンスは、医師が既に分かっていることを明確にします。つまり、メンタルヘルスが良好なことが、その他のすべての健康状態がよいということの礎になっています。

不幸にも、患者のメンタルヘルスの情報がもっとも必要な医師たちは、しばしば、それをもっとも知ることができない場合が多くあります。「メンタルヘルスは、すべての健康にとって、このように重要な要素なのですが、その影響は、しばしば、医師が得られなかったり、あるいは医師には隠されています」と、HBI ソリューションズの責任者である Laura Kanov 氏は述べています。「進んだ分析を行うことなく、必ずしも知る必要のない形で、健康リスクに影響を与えます。これが、分析ツールが “ブラックボックス”でないことが、重要な利用です。」

Kanov 氏のチームは、不安障害を抱えた個人は、150%高い確立で救急ルームを訪れることを発見しました。こうした患者のメンタルヘルス記録は、彼らの医師に重要な情報を提供します。しかし、そうした情報は、彼らがもつあるいは報告する状態からでは、分かりません、とKanov 氏は述べています。

HBI ソリューションは救急科リスクモデリングを確立し、AI を使って診療現場での洞察と研究を改善します。この研究は、患者ケアを改善し、メンタルヘルス改善と精神障害の患者支援への金銭的な投資が適正であるとことを示す支援をしています。AI ツールは、医師が、彼らの患者が、メンタルヘルスの問題に帰する、より支援が必要かどうかを理解することを支援します。そして、直観でなく、殆どの医師が診療現場で得ることのできない洞察を得ることで、医師はそうしたニーズに応えるケアプランを立てることが可能です。

オンラインリソースとメンタルヘルス

殆どの人は、いくつのメンタルヘルス記録がオンラインで利用可能なことを知りません。Mental Health Center of Denverは、先進医療提供ではリーダーです。このセンターの医師は、他のシステムでは到達できない、患者に接しその患者をケアすることができます。デンバーよりもできるようになる1つの方法は、 MyStrengthなどのオンラインツールやリソースを利用することです。MyStrengh は、誰でも参加し、「不安の対処」「禁煙」などの目標を立てて利用することが可能な無料のオンラインコースです。メンタルヘルスサービスには限界があります。そして、通院と通院の間でのより多くの介入やサポートがあれば、より快復に向かいやすくなります。「治療に対するモチベーションとエンゲージメントが、快復に大きな差を招く事が分かっています」と、Mental Health Center of Denver のVice President であり CIO の Wes Williams 医師は述べています。「診療と診療の間で、セラピストと患者の接点を保つテクノロジを活用することで、人々を健康や、日々の行動に気を付けるようにすることができます。」

オンラインリソースの活用は、コロラドや国内にある地方や社会的に隔離されている場所でのメンタルヘルスへのアクセス問題といった、難しい問題を改善します。手頃なリモートアクセスツールは、健康アウトカム改善の鍵となります。Mental Health Center of Denver ではまた、オンラインツールを利用して、医師や医療施設がメンタルヘルスの課題に取り組む支援をしています。

彼らは、健康維持について最もダウンロードされているクラスの1つを推奨しています。「 The Science of Well-Being(健康でいるための科学)」と題した Yale コースです。こうしたコースと「 Mental Health First Aid(メンタルヘルス応急処置)」は、責任について教え、患者の健康改善のためのツールを与えます。メンタルヘルスサービスにおけるイノベーションは、通院と通院の間でのより良い患者サポートと、メンタルヘルス医師との日々の繋がりを可能にします。

中毒とメンタルヘルス:オピオイド危機

ワシントン州シアトル郊外の MCG Health は、医師、保険会社がオピオイド危機-全国のメンタルヘルスの悪化に最も影響のあるファクタの1つ―と戦うためのリソース作成を先頭に立って行ってきました。
ホワイトペーパによると、MCG は、今年、行動異常の治療にオピノイドに特化した特別のガイドラインを作成しました。これには、投薬治療の新しいガイドラインを含めみ、ブプレノルフィンとナルトレキソンの投薬製剤、ブプレノルフィンインプラント、ブプレノルフィン・ナルトレキソンの維持療法薬の適正について記述しています。また、オピノイド依存をもつ患者のためのコンテンツも作成しています。

「米国におけるオピノイドの蔓延は、まだ危機状態にあります」と、心理学者で行動健康学の専門家である Douglas Kalunian 博士は述べています。「昨今、法律での規制がされ、オピノイド処方を改善し、オピノイドの不必要な使用を減らすために、いくつかのオピノイド処方ガイドラインが制定されました。」

関係者の中には、オピノイド処方ガイドラインは、オピノイド処方の量の制限だけを目指し、痛みや患者の苦痛緩和のための処方量不足を引き起こしているという者もあります。これは、別の問題を引き起こしています。それは、オピノイド不正使用という推測に基づく、薬局や保険組織が新規投薬や再処方を認めないという問題です。痛みの激しい患者は、処方箋の拒否により苦痛を強いられ、医師は治療を制限されることになります。こうした観点から、医療従事者は、患者の痛みの緩和と、蔓延する依存へのリスクを患者に与えたくないというジレンマに陥ることに気づきます。

一方で、Insys Therapeutics の創始者 John Kapoor 氏は、オピノイドの過剰処方には、医師への不正金や賄賂に罪があることを発見ました。これは、個人の利益のためにオピノイド依存を利用する悪意ある輩を根絶する必要があると明確に示すものです。リソースは、医師に、彼らの専門的な判断を使い、よりよいケア計画とオピノイド依存治療を許すものです。多量の使用を制限し、しかし医師の専門性を許可するガイドライン作成におけるリーダーシップは、このオピノイド依存蔓延に終止符を打つための正しい方向への1歩です。

メンタルヘルス月間は、5月末まで続きます。医師が、患者のメンタルヘルスのニーズにより答えて、医療全般を改善することのできる方法を反映させ、それを評価するよい機会を与えます。業界として、私たちは、精神疾病を診断、治療し、全国のメンタルヘルスケアへの患者アクセスを改善する、よりよいツールを作る必要があると思います。

 
筆者について:

ジェイニー・シャープは、医師自殺の救済を支援している。医師とメンタルヘルス専門の非営利企業シャープインデックス社の創始者兼 CEO。医療データと分析マーケティングにより、サービスを受けられない人の医療アウトカムの改善にも努めている。ジャニーは、技術製品のコミュニケーション創出に長け、企業のマッチングによって優れた医療ITシステムを作り、医療を改善することに真の情熱を注いでいる。相互運用性と健康の社会的決定要因に取り組み、患者、医師のエンゲージメントの専門家である。3人の子供をもち、勉強、ハイキング、トライアスロン、キルトなどを楽しんでいる。
Twitterアカウント@CoherenceMed
 

あなたが好きかもしれない他の投稿。