Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。

デジタルファーストソリューションで、ヘルスケア人材のゼロサムゲームのアウトカムを変える

cover slide - HLTH Matters Blog - Kathleen Aller

娘がゼロという概念を理解した日のことを今でも覚えています。「95にゼロを足したものは何?」「2からゼロを引いたものは何?」と質問すると、娘がますます勝ち誇ったように答えるのを楽しんでいました。

この思い出は、最近ある有名な専門病院のデジタル・テクノロジー最高責任者を務める医師と話した機会に、鮮明に蘇りました。 私たちは、ヘルスケア市場の新規参入企業や拡大企業、そしてバーチャルケアを提供する計画について議論していました。 そして「誰がサービスを提供しようが、医療を提供できる開業医の数は限られており、これは本質的にゼロサムゲームである」と指摘し、ますますヒートアップしました。 せいぜい、熟練した医療従事者を巨大な椅子取りゲームのように移動させている程度なのです。

シカゴ大学の新しい研究によると、プライマリ・ケア医師が彼らの患者たちに対して予防、慢性疾患、急性期のケアに関するすべての推奨事項に従うとしたら、1日あたり26.7時間が必要になることがわかりました。 世界保健機関(WHO)の推計によると、医師、看護師、その他の医療専門家が世界で430万人不足しており、この幹部のコメントが事実であることがよくわかります。

遠隔医療とバーチャルケアは、医療をより身近で便利なものにするもので、全く異論はありません! しかし、人間の医療従事者に依存する遠隔医療や医師のマッチングサービスを新たに追加するだけでは、基本的な構造的問題は変わりません。 そして、最近のAmazon Careの終了決定が示すように、簡単なビジネスモデルではないことが証明されています。

だからこそ、次のようなデジタルヘルスケアソリューションが必要なのです:

A. 医師の効率化を図る、または

B. 患者の自己管理を強化する、または

C. AIを活用して難しくない医療の一部を処理する、あるいは

D. 上記すべてを行う

いずれも将来の医療にとって極めて重要です。

ガートナーは、対面式の患者中心の医療提供モデルから、「個人の医療・健康ジャーニーの全体を通して、デジタルエンゲージメントとデジタル製品・サービスの使用を優先するもの」へと体系的に転換する考えを表す「デジタルファースト」という言葉を好んで使用しています。

デジタルファースト・ヘルスケアという概念は良いですが、成功するには、現在よりもかなり高いレベルのデジタル成熟度を必要とするでしょう。 例えば、世界中のほとんどの医療制度で義務付けられている治療の事前承認のような、患者のケアの継続を著しく妨げ、負担となっているトランザクションを合理化することで、医師の効率化を図ることができます。 HL7 FHIR規格を活用した相互運用性をもつソリューションは、この負担を軽減する傾向にありますが、まだほとんどがパイロット段階です。

患者の自己管理ツールやデジタル治療薬は、特に慢性疾患に対する投資資金の主要な焦点となっています。 ベンチャーキャピタルは、他の産業の5倍の割合でデジタルヘルス分野に資金を投入しており、10兆ドルの世界的な機会やLivongoのような成功よって、魅力あるものと思われています。 しかし、その後のLivongo買収評価の低下が示すように、スタートアップの成功が必ずしも医療における意味ある変化につながるとは限りません。 何が効果的で、何が効果的でないのか、また、どのような人口コホートに対してなのか、もっと多くのデータが必要です。 そのようなエビデンスを生み出すためには、健康情報の共有が重要です。

そして、AIなどのテクノロジーによる医療を提供する人の能力を拡張することです。 テレラジオロジー(遠隔放射線診断)、ICUの遠隔モニタリング、病理学や画像判読のためのAI、そして同様の取り組みといった機能が広く採用されていることは、非常に心強いことです。 しかし、米国、英国、ドイツで医療におけるAIの採用に関する調査を行ったところ、他のAIアプリケーションの主要な採用は比較的少なく、回答者の約半数が、AI/ML開発をサポートするクリーンで高品質のデータが大量にないと回答ています。

これらのことから、相互運用性、情報共有、高品質のデータへのアクセスの提供は、デジタルファースト医療の約束を実現するため、あらゆる治療の場で医療従事者に力を与え、消費者に自身の健康とウェルネスを有効に管理させ、ヘルスケア人材不足を長期的に解消するためには今後も不可欠であるといえます。

ちなみに私の娘自身は、成長してデジタルヘルス分野に身を置いており、現在はゼロサムゲームでバランスを変化させようとする多くの人々の中の1人です。 彼女は数学の勉強をしっかりしました!

HLTHで最初に公開された記事はこちら、https://www.hlth.com/digital-content/hlth-matters/blog/changing-the-outcome-of-the-zero-sum-healthcare-staffing-game

あなたが好きかもしれない他の投稿

医療における人工知能(AI)
Head of Global Healthcare Solutions, InterSystems
Head of Global Healthcare Solutions, InterSystems
FHIR規格の統合により、開発者は協調したケアを促進するアプリケーション、ツール、技術の構築に役立てることができます。
Head of Developer Relations, Data Platforms
医療従事者や患者さんが利用できる技術が増え、医療マネジメントの進化は急速に加速しています - 私たちはどうすればこの流れについていけるのでしょうか?
Global Head of Healthcare Market Strategy
Lynda Rowe of InterSystems discusses the impact of an enterprise master patient index in promoting more precise patient matching and healthcare data interoperability.
Senior Advisor for Value-Based Markets
今日、私たちは医学史における新たな変曲点を迎えており、ほとんどどの時代よりも破壊が蔓延していると言えるでしょう。
Head of Global Healthcare Solutions, InterSystems