インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

機械学習活用への第一歩 - DataRobot と IntegratedML の連携デモ

display stock market numbers and graph

このページにたどり着いてこの記事を読んでいる方は、機械学習や AI という分野に興味を持っている方だと思います。もしかしたら、ちょっと興味があって辿り着いただけかもしれません。あるいは、具体的に問題を抱えて答えを求めていらしたかもしれません。

もし、機械学習の理論を学びたいと思われてここに来られたとしても、残念ながら私がここで説明することはできません。仮に私に能力があったとしても、ここで説明することは不可能です。インターネット上の解説記事や出版されている本の増え方をみれば、機械学習という分野が物凄いスピードで発展し、いかに高度な数理的知識を必要とするか理解できると思います。

そのように難しいイメージのある機械学習をより身近にする取り組みの中、AutoML という技術が登場しました。AutoML は機械学習を実行する時に必要なプロセス(ハイパーパラメータチューニングや特徴量エンジニアリングなど)を自動化し、機械学習を利用したアプリケーションをより簡単に実用化できるよう手助けします。

そしてInterSystemsでは、AutoML を通してアプリケーション開発者が容易に機械学習を活用できる仕組みを検討し、IntegratedML を開発しました。IntegratedML は、InterSystems IRIS Data Platform に保存されているデータを利用し、SQL ライクな構文でモデル作成、学習、そして予測や回帰を行うことを可能にします。普段利用するデータベースとSQLがあれば、機械学習を活用したアプリケーションを開発できるという優れものです。

今回ご紹介する動画では、InterSystems の IntegratedML と DataRobot 社の AutoML 技術を連携させるデモを行なっています。

是非動画をご覧になり、機械学習を活用する第一歩を、InterSystems とともに踏み出しましょう。
 

 
 
 


著者について
堀田 稔
SEマネージャー

1992年大阪大学基礎工学部情報工学科卒。日本ディジタルイクイップメント(株)入社。電気通信など様々な業界向けプロジェクトに携わる。また InterSystems Data Platform 製品の日本語版開発プロジェクトおよび販売・サポートに従事。2003年インターシステムズジャパン(株)の設立に伴い同社に入社。医療、物流、金融業界をはじめとする先進的アプリケーション開発の技術支援を行う一方、システム統合製品や自然言語処理を含むデータ分析などの新技術の日本市場導入に尽力。現在、SEマネージャーとして教育サービスを含めたエンジニアグループを統括。
 

あなたが好きかもしれない他の投稿。