Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

データマネジメントで患者体験を向上させる方法

ヘルスケアにおける五里霧中

よりスマートなデータ管理で患者体験を向上させる方法

blog_healthcare_data_management_220525

世界中の病院や役員室では、消費者意識の高まりや競争の激化の中で、医療経営者がデータを活用して患者体験を向上させることに取り組んでいます。技術的な道筋は複雑ですが、その使命はそうではありません。それは、「患者さんの生活をより快適にすること」です。

航空会社ほど、スムーズなデジタル体験が支持者を増やすことを示す業界はないでしょう。

何十年もの間、飛行機が遅れるということは、不安な乗客がターミナルの周りでたくさん待たされることを意味していました。航空会社が何時間も前に遅れを予測していたとしても、旅行者は空港に着くまでわからないのです。

どう変わったのか。最近、友人の飛行機の出発時間が遅れたことがありました。彼女はわざわざ空港に行かなくてもよく、搭乗時間が変更されるたびに、彼女の携帯電話には通知が届きます。デジタル搭乗券を手に、航空会社のアプリでWi-Fiを使って事前購入し、直前の割引価格で座席をアップグレードして、彼女は正確な到着時刻を把握していたのです。

これは、ヘルスケア分野を含め、現代人が求めるデジタルで顧客第一の体験です。

先日、急遽タイに出張することになりました。しかし、海外渡航に必要な予防接種の記録を見ることがでず、その代わりに、私は各ワクチンを接種するために奔走しました。

医療業界のリーダーが今日下す決断は、良きにつけ悪しきにつけ、今後何年にもわたって患者の体験に影響を与える可能性があります。 データ駆動型の強固な基盤を構築することで、航空会社が旅行者に対して行ったように、経験豊富な組織は患者の信頼を取り戻す機会を得ることができます。近い将来、医療はテクノロジーと信頼を獲得し、新たなデータストリームが患者の利便性、アクセス、成果を向上させるエコシステムとなる可能性があります。

でも、どこから手をつければいいのでしょうか?

1.患者や医療機関は、今まさにデータとデジタルを倍増させるための呼び水となっていることを知ること。

COVID-19以前は、 3,650万人のアメリカ人を対象とした調査によると、バーチャルな臨床的やりは、わずか0.3パーセントに過ぎませんでした。しかし、パンデミックの最初の4ヶ月では、診察の23.6パーセントが遠隔医療を利用していました。メディケアでも遠隔医療の利用が 63倍に跳ね上がったのです。そして何より、患者さんが バーチャル・ケアに満足するようになったのです。

臨床医も遠隔医療を 好意的に受け入れ、85%になっています。

もし、あなたの顧客や臨床医がパンデミックの前にデジタル・ヘルスケア体験の準備ができていなかったとしても、今はできているのです。

しかし、米国医師会によると、情報技術への大規模な投資にもかかわらず、医師の4分の3が手作業で遠隔医療データを共有しています。

この瞬間は、データのギャップを埋め、デジタルな患者体験を構築するまたとない機会なのです。

2.データを活用し、予約やスケジュール管理を効率化する

一番いいのは、最初からです。予約から書類の記入に至るまで、医療サービスを受ける前の段階は、依然としてフラストレーションがたまるものです。患者は診療を受けるまでに 20分ほど待たされることが多く、20%の人が予約は医療サービスで最もイライラする部分だと考えています。

このような頭痛の種は、サービス開始前が改善の絶好の機会であることを意味します。成功するかどうかは、適切なデータ戦略の一環として、適切なテクノロジーを導入するかどうかにかかっています。

想像してみてください。患者さんが来院する前に、個人情報や金銭的な情報をオンラインで提供する。クリニックに到着すると、スタッフは必要なデータを持っています。患者さんはフォームに再入力する必要がありません。

さらに良いことに、患者さんはオンラインで予約をし、到着時刻を通知され、検査結果や処方箋などのフォローアップ情報にデジタルでアクセスできるようになります。多くの医療機関は、この部分について熟知していると考えていますが、顧客にとっての現実はそうでないことが多いようです。

データをシームレスに利用できるようにすることで、医療機関はより良い患者体験を現実のものとすることができます。

3.健康データを収集し、新しいソースから実用的な洞察を導き出すための準備をする

医療がデータインフラと患者の信頼を築き上げれば、長年イノベーターを悩ませてきたデータの流れを収集し、調和させ、分析することができるようになります。

ウェアラブルとモバイルヘルスアプリについて考えてみましょう。COVID-19は、スマートウォッチやパーソナル・フィットネストラッカーの消費者の 爆発的な普及に貢献しましたが、ほとんどの医療従事者は、そのデータを臨床的意思決定に活用する方法をまだ見つけられていないのが現状です。

健康データは、意味ある使用(Meaningful Use)から長い道のりを歩んできました。電子カルテはほぼどこにでもあり、臨床ケア、研究、および運用に進歩をもたらしています。

次のデータ進化は、よりスマートでデジタルな、データ駆動型の患者体験をもたらすはずです。しかし、ヘルスケアのイノベーターは今、その舞台を整える必要があるのです。

自分の患者の健康データにアクセスすることは、地球の裏側への旅を計画するのと同じくらい簡単であるべきではないでしょうか?

健康なデータでより良い患者体験を構築する方法については、 HealthShare Unified Care Recordのページをご覧ください。

あなたが好きかもしれない他の投稿