Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

HL7 FHIR対応のメリットと、それを実現する環境構築

アプリケーションのFHIR対応による相互運用性であらゆる情報へのアクセスを簡単に

HL7 FHIR対応のメリットと、それを実現する環境構築

FHIRとは?

国が推奨する医療データの標準規格であるLH7 FHIRについて、その可能性

HL7 FHIRとは、「医療のためのWeb」のように、異なるシステム、データベース、デバイスに分散しているデータにアクセスすることを可能にする、医療データ交換の標準規格のことを指します。
HL7 FHIRベースのアプリケーションを使えば、どんな状況の臨床医でも、電子カルテ、レセプト、薬歴、アレルギー、検査結果など、必要な情報を正確に照会し、利用・活用することができます。

患者データの共有と活用を最適化

FHIR対応の最大のメリットは相互運用性

電子カルテ普及、医療技術の進歩により、患者の治療に利用できるデータ量は指数関数的に増加しており、ソースの数も増えています。 しかし、必要な時に必要なデータにアクセスして利用できるようにはできていないのが現状です。
様々なシステム、データベース、デバイスに医療データが分散しているため、医療データの相互運用性はこれまで以上に重要かつ扱いが難しいものとなっています。
LH7 FHIRの相互作用性は、異なるベンダーのシステム連携を可能にし、必要な情報へのアクセスを容易にします。

FHIR導入環境構築の課題を
ぜひお聞かせください。

お問い合わせ

InterSystems IRIS for Health

LH7 FHIR 対応 を加速する
相互連携性の実現とすべてのデータを利用可能な
アプリケーション開発のための
データプラットフォーム
マルチモデルデータ管理システム
あらゆるデータ形式に対応、処理することが可能なマルチモデルデータ管理システム
医療データは、さまざまなシステム、機器から異なる形式で生成されます。それらすべてを一元管理するマルチモデルデータ管理システムが必要です。
異なるシステム間のデータを利用可能にする相互運用性機能
異なるシステム間のデータを利用可能にする相互運用性機能
異なるシステム間で、形式や通信方式の異なるデータの違いを吸収し、分断なく連携・統合できる機能をもつ
医療標準への対応
医療標準への対応
HL7、HL7 FHIR、IHE、SS-MIX、DICOMなどの医療に特化した標準規格に準拠し、そうしたデータ形式や異なるプロトコルをサポートすること
AI・機械学習など高度な分析機能と柔軟性
AI・機械学習など高度な分析機能と柔軟性
先進的で高度な分析機能がシンプルに応用可能で、また、将来に生まれる新技術にも対応可能な柔軟性と拡張性をもつこと

IRIS for Health は多様な FHIR 対応ソリューションを構築するための最新の技術を備えています。
もっとも特徴的な機能は、FHIR リソースリポジトリという FHIR の JSON/XML 形式のデータを蓄積する仕組みで、外部のプログラムからは FHIR の標準的なアクセス手法である REST を使い FHIR のデータ= Resource を登録したり、検索したりすることができます。
FHIR リソースリポジトリ以外にも、HL7v2 や CDA などの既存のデータから FHIR データを生成するデータ変換機能、FHIR のデータをオブジェクトとして操作するプログラミング機能、外部の FHIR サーバとの Interoperability 機能など、様々な FHIR ユースケースに対応できる機能を提供しています。

さらにIRIS for Health には、ユーザ/クライアント認証のための使用が推奨されているOAuth2に関する機能や、REST を使った API 機能を活用したアプリケーション開発に欠かせない API Management 機能を提供する InterSystems API Manager(IAM) の機能など、FHIR アプリケーション開発に必要となる機能を多く揃えています。

InterSystems FHIR サポート

動画によるFHIR解説・取組みの紹介

業界リーダーによるFHIR解説や取組みを動画でご紹介

AI時代にFHIRが期待される理由とは

愛媛大学大学院 医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院 医療情報部 部長 木村映善先生

ここまで来た!医療情報標準HL7 FHIRの現状と期待

東京大学医学部附属病院 企画情報運営部 特任講師(病院) 土井俊祐先生

HL7 FHIR日本実装に向けた取り組みと院内環境整備について

岩手医科大学 総合情報センター長 口腔顎顔面再建学講座 歯科放射線学分野 教授 田中良一先生

「FHIRとは何か、現在、そして今後」

一般社団法人 日本IHE協会 理事 接続検証委員長 塩川 康成 様

関連情報

「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」

月刊新医療2022年9月号掲載の、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」ランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」をご覧いただけます。

「IRIS for Healthによる医療情報システム更新時の課題解決策~近未来の発展を踏まえて~」

HIS更新に際してFHIRでのデータ連携可能なミドルウェアを実装ーシステム上の課題を解決し、業務効率化を実現した兵庫県立尼崎総合医療センター様事例をご紹介しております。

インターシステムズ、医療AIプラットフォーム技術研究組合に加入

インターシステムズは、顧客の最も重要である、拡張性、相互運用性、およびスピードに関する課題の解決を支援する創造的なデータ・テクノロジー・プロバイダーとしてHAIPに加入いたしました。

導入企業様

Aeon logo
logo
associated British ports
Awinta logo
cfao logo
chess logo
cordstrap logo
eurail logo
exorpro logo
Finnlines logo
grafton group logo
IMS transport logo
ipiranga logo
jan linders logo
JIT logo
インターシステムズは、世界の様々な医療機関・保険データをはじめとし、
物流、金融、国・自治体などで使用されている
停止することが許されない大切なアプリケーションを支えています。

FHIR導入環境構築の課題を
ぜひお聞かせください。

お問い合わせ

coworkers working together

InterSystems IRIS for Health

医療に特化して開発された世界初で唯一のデータプラットフォームで、以下の機能を提供して、すべてのデータを利用可能にし、医療機関におけるDXを支援します。
teal-checkmark-icon
IoT機器、センサーデータ、医療機器からの膨大なリアルタイムデータを高速に処理します。
teal-checkmark-icon
さまざまなデータ形式のデータを単一のデータベースで一元的に管理可能。
teal-checkmark-icon
異なるシステム/アプリケーションを連携し、それぞれのシステム/アプリケーションにあるデータを統合して管理することが可能。
teal-checkmark-icon
最新のAI/ML技術が利用可能で、またシンプルに機械学習モデルが利用できる機能も提供
teal-checkmark-icon
HL7、HL7 FHIR、IHE、SS-MIX、DICOMなどの医療に特化したグローバルな標準規格に対応しています。

インターシステムズジャパン株式会社

信頼できるテクノロジパートナー

インターシステムズの全社員は、お客様の成功を情熱をもって支援しています。

世界中で数百万のユーザを支援する数千の顧客を有しており、 1978年設立以来、株式非上場のプライベート企業として、顧客の成功にだけ注力しています。ワールドクラスの技術とワールドクラスのサポートを提供することに誇りをもっています。インターシステムズのワールドワイドレスポンスセンター(WRC)は、世界中に拠点をもち、インターシステムズの全製品について365日サポートを行っています。

次のステップへ

ぜひ、お話を聞かせてください。 詳細をご記入の上、送信してください。
*必須項目(英語でご記入ください)
Highlighted fields are required
*必須項目(英語でご記入ください)
Highlighted fields are required
** ここをチェックすることにより、お客様は、既存及び将来のインターシステムズ製品及びイベントに関するニュース、最新情報及びその他のマーケティング目的のために連絡を受けることに同意するものとします。 また、フォームを送信することで、お客様は、お客様のビジネス連絡先情報が、米国でホストされているが、適用されるデータ保護法に従って維持されている当社のCRMソリューションに入力されることに同意するものとします。