Data

FHIR ―医療における相互運用性とアプリケーション開発の未来。

HL7 FHIR® (Fast Healthcare Interoperability Resources) は、爆発的に増える医療データと処理能力 ―データをアクセス可能にし、コンピュータ処理を可能にし、アウトカムを改善する―とのギャップを埋めるものです。

FHIR は、継続的な医療の全段階において、必要な情報に正確にアクセスし、意思決定と結果の向上を実現します。

FHIRとは

FHIRとは、HL7(電子保健医療情報のデータ連携の国際規格)により開発された医療情報関連の標準規格です。

既存の標準(V2、V3、CDA)では、ルールを文書として公開していたため開発者は規格書を解釈してプログラムを作る必要がありましたが、FHIRでは,連携プログラムを部品として公開しているので、開発者は公開された最新の医療システムプログラムを組み込むだけで良くなり、生産性を高めることを可能としました。
日本の医療業界では標準仕様・標準技術の活用を推進される方々がいる一方で、実際の医療 IT の現場での利用状況は欧米ほど普及していないという現実があると思います。
今の医療IT環境が抱える様々な課題を打破するキーテクノロジとして FHIRは大きな期待が寄せられています。

相互運用性の意味の変化

医療技術の進化により、患者のケアに利用できるデータは飛躍的に増加し、データの収集元も増えています。しかし、リアルタイムにデータにアクセスし、活用する能力は、それに追いついていません。

医療データはより広範に分散し、より多様で、 膨大になっており、相互運用性は、これまで以上に重要で、より難しいものになっています。今日、相互運用性は、1つのアプリケーションから複数のシステムのデータに、リアルタイムにアクセスすることから始まります。

正しい情報を、必要な時に

FHIR は、システム、データベース、および機器上に分散したデータに、リアルタイムにアクセスすることを可能にします。いわば 「医療のためのWeb」のようなものです。必要な時にいつでもアクセスできるフライト情報や金融データの Web アプリケーションを考えてみてください。FHIR をベースとしたアプリケーションを使えば、臨床医は、どのような状況でも、薬歴、アレルギー、検査結果などの必要な情報を、正確に引き出すことができます。FHIR は、医療従事者が治療に関するドキュメントの長いサマリから探し出す労力をなくし、必要な情報を得られるようにします。

 

Interoperability Data Sources

FHIR で開発する

FHIR は、HL7 が規定した、最新の医療データのための相互運用性の標準規格です。このビデオでは、FHIR についての詳細な情報と、FHIR に準拠したインターシステムズの技術がどのように利用されているのかを、ご紹介しています。また、FHIR 開発を着想した背景、FHIR のコンセプトと基礎的なコンポーネントについて解説しています。

SMART on FHIR

SMART (Substitutable Medical Applications, Reusable Technology) on FHIR とは、ポータブルな FHIR アプリケーション開発のためのプラットフォーム・アーキテクチャです。例えば、最新のデータを使用し、オンデマンドで小児の成育グラフを表示したり、FHIR に対応したシステムのデータを使用して臨床医の意思決定を支援するアプリケーション等です。
基本のコンポーネントは、オープンAPI(application programming interface)で、1つ以上の「データコンテナ」と業界準拠のユーザ認証、および認証サービスが含まれます。FHIR は API として機能し、データコンテナの1つは、通常はEHRシステムです。

HealthShare 医療連携ソリューション

アーキテクチャ

このビデオでは、リソース、バンドル、拡張機能を含む FHIR データの概要についてご説明します。

FHIR は、異なるシステム間の壁を簡単に取り払い、必要な人へ必要な情報を、ほぼリアルタイムで提供します。

患者データ共有における米国内の規制への対応

CMS(US Centers for Medicare & Medicaid Services:米国メディケア&メディケイドサービスセンター)、および ONC(Office of the National Coordinator for Health Information Technology:国家医療IT調整室) が定める規則により、CMSの保険機関(ヘルスプラン)において、患者の医療データ共有を大幅に促進するとみられています。 この規則によれば、2021年1月1日までに、保険機関は、登録者が、支払請求システム、EHR、他のデータソースの自身の医療データにアクセスできるようにする必要があります。また、これらのデータは、 FHIRリリース4(R4) API を使用した安全なアプリケーション経由である必要があります。 InterSystems IRIS for Health と HealthShare は、この規格を完全にサポートしています。

価値に基づく医療の促進とFHIR

保険機関(または「支払者」)と医療組織は、FHIR を導入することで、協業と医療連携を向上させ、メリットを得ることができます。

HL7 Da Vinci Project は、複数の組織が主導している、価値に基づく医療をベースに、HL7 FHIR を活用してデータ共有を改善するプロジェクトです。現在、プロジェクトは以下の5つのカテゴリのユースケースに取組んでいます。

  • 品質改善
  • 適用範囲/負担の軽減
  • メンバーアクセス
  • プロセスの改善
  • 診療データ交換

メンバーアクセス

メンバーアクセス のカテゴリでは、InterSystems HealthShare Provider Directory ソフトウェアが、Da Vinci Payer Data Exchange (PDeX)のユースケースをサポートします。PDeX は 保険機関に FHIR を適用するもので、最終的なCMSの相互運用性規定への準拠が可能です。この規定は、FHIR R4 API 経由でプロバイダ・ディレクトリ(医師・医療機関の連絡先情報)のコンテンツを共有することを求めています。

品質改善

品質改善 のカテゴリについては、AHIP のウェビナーでて、Da Vinci Data Exchange for Quality Measures(DEQM:品質対策のためのデータ交換)ユースケースについてご紹介します。FHIR を使用して、どのようにデータ共有を可能にし、保険機関のパフォーマンス計測を行い、また医療従事者のコンプライアンスに関する負担を軽減したかについて、説明しています。

 

医療従事者のためのデータ転送を最適化する

FHIR を基盤とする相互運用性では、医療組織はプロセスを合理化・自動化し、貴重なリソースを患者ケアに集中することができます。以下は提供される機能の例です。

  • 主要な患者固有の診療情報をリアルタイムに更新
  • イベント通知
  • ケアの移行
  • 投薬管理

リアルタイムの更新

英国では、 NHS Digital と FHIR のおかげで、主要な患者データは、外部のデータソースから病院の EMR にオンデマンドで取り込むことが可能になっています。例えば、救急搬送あるいは手術前に、臨床医はかかりつけ医の診療記録システムを照会し、投薬やアレルギーといった情報を問合せ、即座に病院システムの項目を修正することができます。

イベント通知

また、英国では、FHIR メッセージとインターシステムズの技術を使用して、医療情報システムネットワーク全体に臨床イベント通知を送信しています。保護者を含むユーザは、イベント管理システムに登録し、患者毎に通知を受け取ることが可能です。このイベント管理システムは、フィルタ設定に基づいて、FHIR のメッセージを受信・保存し、各登録者を更新します。イベントタイプの例には、予防接種、小児の成長におけるマイルストーン、定例のスクリーニング検査などがあります。

ケアの移行

FHIR-ベースのメッセージングでは、医療従事者、医療施設、および組織間で、医療情報を交換し、スムーズなケアの移行を可能にします。患者が病院、救急治療室、外来患者の予約、待機手術から患者ケアを移行する時、こうしたタイムリな情報共有により、患者治療を持続することができます。

FHIR アプリケーションは簡単に、かつ迅速に構築でき、またパブリックAPI (Application Programming Interface)としても利用可能です。臨床ケアにおける FHIR の可能性は、非常に高いものとなっています。このビデオでは、FHIR の基本と、臨床ケアにおけるFHIR標準の可能性について述べています。

投薬管理

従来の投薬リストの概念とは対照的に、FHIR は新しいアーキテクチャーで投薬管理を行います。現状の投薬リストの限界は、医師の処方でも、薬局の処方でも、患者が現在服用していると言う処方でも、どれも同じに見えるということです。

FHIR の投薬モジュールには、9つの異なる FHIRリソースが含まれています。自身で記述した構造化されたデータおよび他のリソースまたはデータソースからの参照されたユニットで構成されています。これにより、異なるシステム間での投薬情報の交換が、より意味があり、有用なものとなります。FHIR 標準を採用することで、医療過誤の中で最も一般的な、投薬ミスによる患者の安全リスクに対処できる可能性があります。

医療データ技術、そして標準規格をベースとした相互運用性のリーダとして、インターシステムズは、FHIRに準拠したソリューションを通じて、お客様の課題に取り組むことをお約束します。

レガシデータの統合

医療データの相互運用性で重要なことは、数多くの標準規格、フォーマット、技術を使って、異なるソースからデータを統合する必要がある、ということです。InterSystems IRIS for HealthInterSystems HealthShare Health Connect を使用すると、以下のことが可能です。

  • FHIRと、HL7v2、CDA、X12などの古い規格、およびドキュメントフォーマットの間の溝を埋める
  • CDA ドキュメントをFHIRリソースへ変換
  • HL7v2 メッセージ、CDAドキュメントの一部を、FHIR データとして送信
  • 新しいアプリケーションからレガシデータへのアクセスが可能。データを FHIRリソースに変換し、価値に基づいた医療、質の向上、および研究での利用を可能にする。

このビデオでは、インターシステムズのCraig Lee が、HealthShare Health Connect がいかに強力な FHIR ベースのデータ変換機能を提供するかについて説明しています。

お客様自身で FHIR ソリューションを構築

InterSystems IRIS for Healthは、プログラミング言語が選択でき、FHIRアプリケーションの開発に必要な以下の機能を提供します。

  • R4 および STU3 を含む異なるFHIRのバージョンをサポート
  • 標準の FHIR RESTful API をサポートする基本の FHIR サーバを実装
  • 全ての FHIR リソースタイプをサポートする FHIR リソースのリポジトリ
  • FHIR クライアントコンポーネントにより、クライアントサイドでの運用が可能
  • FHIR ベースのIHEプロファイルをサポート。PIXm (patient identity queries:患者識別クエリ)、PDQm (patient demographics queries:患者デモグラフィッククエリ)、および MHD (医療ドキュメント共有向)を含む。

InterSystems IRIS for Health のFHIR リポジトリは、完全な読み/書き込み機能を提供します。また、FHIR リソースを FHIR RESTful API 経由で、JSON や XML 形式で送受信します。これにより、最新技術に基づいて構築されたアプリケーションは、FHIRデータ — 新しいデータ、またはレガシーシステムからマッピングされたデータ — を扱うことができ、患者ケア、品質管理、研究や他での利用を実現することができます。

InterSystems IRIS for Health は、継続した治療のすべての段階においてデータにアクセスするために必要な全ての機能 ―データ変換や HL7 FHIR リポジトリの読み/書き込みを含む― を開発者に提供します。

MedTech におけるアプリケーションの開発とサポートソリューションの構築

InterSystems IRIS for Healthは、FHIRの全てのバージョンに簡単に対応できるプラットフォームであり、また、FHIRデータを保存するFHIRリソース・リポジトリを提供します。プラットフォームには、高度なデータ管理、相互運用性、自然言語処理、分析機能、すぐに使用可能な機械学習技術が備わっています。 InterSystems IRIS for Health を使用することで、MedTech 企業は、臨床情報や他のシステムからのデータにアクセスし、統合することが出来ます。

  • 医療機器や治療に関わる完全なソリューションの開発を加速
  • 有害な臨床事象を防ぎながら、市販後調査(PMS)にかかる労力とコストを削減
  • 市販後調査を超えて販売後に機器のモニタリングを行い、製品の改善が必要な点を迅速に把握
  • 価値に基づく医療の契約に使用するアウトカム指標を獲得

FHIR での集団健康管理と分析

InterSystems HealthShareは、複数の電子健康記録、および他のシステム—レガシインタフェースだけでデータを公開しているシステムでも一からデータを集約します。

HealthShare によって、個人の全てのデータは、FHIR 形式で、変換、集約されます。また、SMART on FHIR アプリケーションなどの FHIR で開発されたアプリケーションは、そのデータにアクセスすることが出来ます。このデータの FHIR リポジトリは、この最新技術を基盤としたアプリケーションから、患者ケア、価値に基づいた医療、質の向上、研究などの用途で使用することが可能です。

包括的な患者記録へのアクセス

InterSystems HealthShare 統合診療記録 は、豊富で包括的なデータソースをSMART on FHIR に提供します。SMART on FHIR アプリケーションは、HealthShare が患者毎に集約した 複数のEHR、公的・民間の医療情報交換組織、および他のソースから生じる全てのデータにアクセスが可能です。

統合医療情報システムであるInterSystems TrakCare は、HL7 Argonaut プロファイルを通して、SMART on FHIR をサポートしています。これにより開発者は、TrakCare から患者データを引き出し、SMART on FHIR アプリケーションに渡すことができます。

臨床研究

臨床試験の募集、治療法の改善、市販後調査を改善する上で、実データへのアクセスは非常に重要です。一方で、実データへのアクセスと使用を完全にできる企業はほとんどありません。近年の米国の規制では、21st Century Cures Act(21世紀の治療法)が成立し、FHIR R4 アプリケーションを使用した患者のデータへのアクセスが義務付けられています。これにより、患者の同意の元に、研究者はより簡単に患者データを取得できるようになります。FHIR は、以下の点で、現場での研究を支援する可能性を持っています。

  • 治験プロトコル実行のモニター
  • ケース報告フォームの事前生成
  • 患者から報告されたアウトカムの収集
  • 分析用の臨床データの一括転送

 

FHIR を体験する

インターシステムズでは、サンプルと実習を用意した “InterSystems FHIR でのビルド” を体験できるサンドボックスをご提供しています。あるいは、以下のサンプルから始めることができます。

レガシデータとの統合

FHIR と HL7 、他のレガシシステムとの統合

レガシデータとの統合(英語)
お使いいただく前に、登録が必要となっています(無料)。

 

FHIRソリューションの構築

IRIS for Health を使った FHIR アプリケーションの構築

FHIRソリューションの構築(英語)
お使いいただく前に、登録が必要となっています(無料)。

 

集団健康管理と分析

HealthShare 統合診療記録のデータベースに集約された患者情報へ、FHIRリクエストを作成

集団健康管理と分析(英語)
お使いいただく前に、登録が必要となっています(無料)。

 

FHIR API 管理

このビデオでは、InterSystems IRIS for Health の API 管理ポータルを使用して、FHIR アプリケーションをより簡単、迅速に作成する方法についてご説明しています。
これは、高度なデータベース、接続性、相互運用性と、相互運用性プラットフォームであるInterSystems IRIS for Health および InterSystems HealthShare を利用するメリットの1つです。

インターシステムズラーニングサービス

インターシステムズの製品、オンラインコース、ドキュメント、プレゼン資料の FHIR 関連の詳細については、FHIR リソースガイド(英語) をご覧ください(事前にご登録が必要です) 。

FHIR リソースガイド(英語)

InterSystems 開発者コミュニティ

FHIR グループ(英語) は、FHIR をお使いの開発者の方、および FHIR をベースとしたソリューションの開発に関心がある方向けのグループです。FHIR グループでは、インターシステムズの技術を使った FHIR の実装について、活発なディスカッションが行われています。ご参加頂くにはご登録が必要です。

参加理由に関わらず、このグループでは、FHIR の急速な発展の原動力であるオープンな協業と協力の精神を共有しています。FHIR に関し知識豊富なコミュニティで、これから FHIR に取組もうとする方にも、経験のある開発者にも、質問に答えてくれるでしょう。

FHIR グループ(英語)

日本語版開発者コミュニティも、ぜひご覧ください。

次のステップ

さらに詳しくお知りになりたい方、ご質問などはこちらのフォームからお問合せください。

次のステップ

弊社ではお客様の個人情報を適切に管理、保護につとめ、ご記入いただいた情報はお客様へのお問合せへのご返信のみに使用いたします。詳しくは、インターシステムズプライバシーポリシーをご覧ください。

HL7, FHIR and the FHIR FHIR are the registered trademarks of Health Level Seven International.