Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。

インターシステムズへのお問い合わせありがとうございました。

追ってご連絡いたします。

インターシステムズについて

インターシステムズは、「卓越」と「顧客の成功」という2つの基本原則に基づいて事業を行っています。 ヘルスケア金融サービス物流など、重要なニーズを持つ業界にデータソリューションを提供するリーディングカンパニーとして、私たちは、私たちのテクノロジーに、人の命と暮らしがかかっていることを実感しています。

そのため、私たちは、今日の厳しい要求に応えることができる堅牢なテクノロジーを創造すために、全力を注いでいます。 どのようなデータの課題であっても、私たちはソリューションを構築します。 なぜなら、問題を解決することが私たちの仕事だからです。

インターシステムズについてもっと知る

その他の情報

Seamlessly sharing disparate healthcare data
InterSystems IRIS for Health helps MedAllies provide fast, reliable, and secure data exchanges for millions of healthcare professionals across the country. The cloud-native solution helps the QHIN-designated healthcare information network operator accelerate the pace of innovation, avoid upfront capital equipment outlays, and tightly align ongoing expenses with evolving business demands.
健康データの集約
Jonda Healthは、多様で標準化されていない医療データを、患者、臨床医、検査機関がよりアクセスしやすく、利用しやすくします。
英国NHS
InterSystems HealthShare® Health Connect Cloud™を使用して、病院の信頼関係を統合し、包括的な電子カルテを実現します。
臨床検査機関
InterSystems IRIS for Healthへの9ヶ月間の移行により、パフォーマンスが30%向上し、新機能によりパルディーニ社の市場における主導的地位が強化されました。
医療機関・医療情報ネットワーク
驚くべきことに、ある人口における米国の平均余命に関係する上位3つの指標は、介護・老人施設への入居率、精神衛生上の問題、そして歯の喪失率です¹。 これらの指標の背景にある所得水準、介護へのアクセス、ストレス、その他の社会的要因は、遺伝や医療サービスへのアクセスよりも健康に大きな影響を与えます²。 しかし、これまで健康の社会的決定要因には、臨床ケアにおいて十分な注意が払われていませんでした。
統合デリバリー・ネットワーク(IDN: 医療提供ネットワーク組織)全体の統合
この米国の大規模な統合デリバリー・ネットワーク(IDN)の開発者たちは、個々のジョブを行うだけの統合エンジンに、我慢ができなくなっていました。 10年以上前に古いエンジンをインターシステムズの統合テクノロジーに置き換えましたが、それ以来、このIDNは、インターシステムズのソリューションが、成長力、従業員の時間の節約、コスト削減といった複数の問題を解決しているのを見てきました。 ある1つのプロジェクトだけで、インターシステムは10万ドルを節約したこともあります。インターシステムズの統合技術を利用して提供されるその他の利点には、次のようなものがあります:
保険機関と医療機関は異なる情報システムを使用しているため、患者はその中間に挟まれ、面倒な プロセスでギャップを埋めることを強いられることがあります。
Personalized Digital Nurse
高齢者は、複雑化する医療ニーズに直面しながらも、圧倒的に自宅で過ごしたいと答えています。 それには理由があります。 自立を維持し、地域社会との関わりを保ち、全体として生活の質が向上できるからです。
Harris Associates
InterSystems TotalView For Asset Management ソフトウェアは、ポートフォリオ・リターンの改善、顧客エンゲージメントの向上、リスクの削減、業務効率の改善など、ハリス・アソシエイツが必要とする情報と洞察を提供しています。
ヘルスファースト
非営利で病院をスポンサーとするヘルス・プラン(保険機関)であり、価値に基づく医療のパイオニアであるHealthfirst (ヘルスファースト)は、ニューヨーク市の広域エリアにおいて、質の向上と会員のアウトカムの改善には、医療機関との共同データ交換が必要だと認識していました。