Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

Yellow Lunchbox は命を救う (ベルギー公的社会福祉事業)

ベルギー 公的社会福祉事業

Senior Citizen and Home Health Aide

お客様: ベルギー公共社会福祉サービス(OCMW/CPAS)

課題: 高齢者がより長く自立して生活できるよう、臨床および社会的ケア情報のコミュニケーションを改善

アウトカム: 既存の紙ベースの方法を、InterSystems IRIS for Healthで構築したデジタルソリューションに変換し、患者、家族、ケアコミュニティを一体化させた

InterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革

ベルギーでは、「Yellow Lunchbox」が医療・福祉関係者の一人暮らしの高齢者のニーズへの対応を支援しています。 高齢の患者さんは複数の医療機関にかかっていることが多いため、「Yellow Lunchbox」は患者さんの健康データの中心的な役割を担っています。「Yellow Lunchbox」には、 健康や福祉に関する重要な情報が記載された文書が入っており、自宅では冷蔵庫に保管されています。そして玄関には来訪者にその存在を知らせるステッカーが貼られています。 ソーシャルサービスや医療従事者が家庭を訪問するたびに、「Yellow Box」を取り出し、中身を確認・更新して冷蔵庫に戻します。

現在、自立した生活を送りながらも、何らかの支援が必要な約10万人の高齢者が、「Yellow Lunchbox」を冷蔵庫に入れています。 ペンがあれば誰でも簡単に中身を更新できるのが特徴です。 しかし、それには問題もありました。

傍にいない場合はどうなりますか?

「Yellow Lunchbox」 は、多くのアナログソリューションに共通するアクセスの問題、つまりお弁当箱が常に患者さんのそばにあるわけではないという問題を抱えています。 このような場合、血液凝固阻止剤の使用や深刻なナッツアレルギーなどの重要な情報が、必要なときに医療従事者に容易に提供されない可能性があります。 ブリュッセル近郊のアウデルヘム市に住む老女は、そうした問題を語ってくれた。 「自宅から約9キロ離れたビンゴホールへ、夫と二人で行きました。 "93歳 "の彼は、私たちがそこに滞在している間、深刻な体調不良に見舞われました。 幸いなことに、自宅に"Yellow Lunchbox" があり、私が彼と一緒にいたため、医師が必要とする情報、彼がヘパリン(血液凝固阻止剤)を服用していることを知らせることができました。 もし私がそこにおらず、手術をしていたら、彼を失っていた可能性が高いのです。

Yellow Lunchboxがデジタル化を進める

オーデルヘム市社会活動センター(CPAS)のジャン・クロード・ヴィトゥ会長は、管内の高齢者のニーズに敏感に対応しています。 「看護師や医師、地域のサービス提供者、食事の配達員など、このような施設に来る人たちは、信じられないほど忙しいのです。 また、ベルギーでは、患者さんのデータが医療機関や地域によってばらばらになっていることも指摘されています。 火星に宇宙船を送ったのだから、このような問題もここで解決できるはずです。 Yellow Lunchboxよりもっといいものにできます」

Pythonによる迅速な開発

インターシステムズと2つの独立系ソフトウェア開発会社は、自治体の要請に応じて、デジタルYellow Lunchboxの拡張アプリの制作に協力しました。 InterSystems IRIS for Health®データプラットフォームとそれぞれの開発言語(この場合はPythonとJava)を使用した4人の開発者は、3ヶ月半未満でプロジェクトを完成させました。 このシステムには、データ共有を行うInterSystems IRIS for Healthの相互運用機能を利用しており、クラウドでホストされています。 GDPRに準拠したセキュリティと患者の同意により、システムは病院やその他の医療記録にアクセスし、デジタルYellow Lunchboxのコンテンツを入力することができます。

連携と安全性

冷蔵庫の中の「Yellow Lunchbox」の代わりに、高齢者向けのすっきりとしたシンプルなインターフェイスのタブレット端末が自宅にあります。 外出先でも、患者さんはクラウド経由で携帯電話の「Yellow Lunchbox」アプリで、医師は自分の端末で、同じ情報を見ることができるのです。 認定された介護者や家族は、「Yellow Lunchbox」のコンテンツを更新するだけでなく、閲覧することもできます。 InterSystems IRIS for Healthの相互運用性機能は、新しいデータがソースシステムに返され利用されることを保証します。

このアプリは、幸福度を評価するアンケートも提示できるため、介護者や家族は健康の社会的側面にも対処することができます。 緊急時には、アプリの「break the glass」機能により、事前承認なしに医療従事者が救命につながるデータにアクセスすることができます。

トランスフォーメーションがもたらす、より大きなコミュニケーション力

InterSystems IRIS for Healthは、すでにベルギーの病院の半分で相互運用性と健康データの管理を提供しており、「デジタルYellow Lunchbox」プロジェクトに利用することは自然な選択でした。 その結果、患者さん、ご家族、医療従事者が時間や場所を超えてコミュニケーションをとることができるようになり、より良い医療連携、安全性の向上、安心の提供が可能になりました。 このプロジェクトは、誰もが同じように、各患者の完全な情報にアクセスできるようにするための一歩です」とヴィトゥ会長は述べています。 「特に、複雑なケアを必要とする傾向にある高齢者にとっては、重要なことです」

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

放射線技師にとって、臨床的な背景は、最適な診断と治療の提案を行うために重要です。 そのため、過去の研究結果を用いて経年変化を評価することが多くあります。 しかし、患者さんが地域の病院や医師グループの間を移動し、複数の組織で撮影が行われ、複数の拠点で保管される場合、過去の検査にアクセスすることが難しくなる可能性があります。 そこで、ノースカロライナ州中央部にある10の病院と30以上の医師診療所に63の医療機関がサービスを提供しているGreensboro Radiologyは、この問題を解決するために地域的なアプローチをとりました。
事業拡大のための舞台づくり Charlotteは、成長を阻むいくつかの障壁を指摘しました。
最新の画像診断センターでは、複数の高度な技術を駆使して、患者さんに最先端の診断医療を提供しています。 しかし、これらのシステム間のデータ共有に伴う課題は、ワークフローを複雑にし、ケアの効率化を妨げ、包括的な患者や処置の情報を分析することを困難にします。 さらに、生成されるデータ量は指数関数的に増加しており、問題を深刻化せています。
認知症は世界的に大きな問題で、5,400万人が苦しんでおり、2050年には1億3,000万人に増加すると言われています。 英国ケンブリッジ大学の研究者が設立したCognetivity Neurosciences (コグネティヴィティ・ニューロサイエンス社)は、世界的に蔓延する認知症の問題を緩和するために最先端のソリューションを設計しました。
月刊新医療 2023年3月号 掲載記事
明治の頃より、日本におけるがん診療の代表的施設として広く知られ、また実績を重ねてきた “がん研究会”、通称 “がん研”。東京の臨海副都心に移転し、がん研有明病院をオープンしたのは2005年であったが、そのプレゼンスは高まるばかりである。臨床・研究の両輪で発展してきた “がん研”には、当然、世界的にも貴重な「情報」が集積されているのは言うまでもない。
Rhodes Group HCVアルゴリズムとInterSystems HealthShareを使用した通信により、ニューメキシコ州のマネージドケア組織がHCV治療目標の未達成による数百万ドルの罰金を回避
インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。