Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

COVID-19が発生したとき、すぐさま対応した小児科病院

COVID-19が発生したとき、すぐさま対応した小児科病院

Telehealth visit

何千人もの子どもたちの健康がかかっているのです。フロリダ州にあるNemours Children's Health Systemの統合チームのスーパーバイザーであるダミアン・キャリーは、3月中旬までに、広大なテレヘルス(遠隔医療)テクノロジーの拡張を行っていました。COVID-19の感染リスクを考慮して、Nemoursはほぼすべての外来診療をバーチャルケアに移行しました。キャリーと彼の8人のチームが成功すれば、小児患者とその家族は治療への明確な道筋を得ることができます。もし、データオペレーションが失敗すれば、子供たちが苦しむことになります。

そこで、データ統合の専門家たちは、16時間労働を始めました。彼らは問題を解決し、ケアの継続を確実にするだけでなく、バーチャルケアの導入に関する予想をはるかに上回るテレヘルスの拡大を実現しました。

5つの州、2つの病院、80の臨床施設に48万人以上の小児患者を抱えるNemours Children's Health Systemは、子供と親のライフラインです。2019年4月、同組織のテレヘルスシステム「Nemours CareConnect」は、800件の遠隔診療を促進しました。2020年の同時期には、その数は30,000件に上り、2,200%の増加となりました。COVID-19パンデミックの期間中、Nemours CareConnectは1日平均1,500件のバーチャル訪問を行い、地域社会における明るい光としての医療システムをさらに確固たるものにしました。

「私たちは、Nemours CareConnect を本格的なテレヘルステクノロジーとして、すべての外来患者を対象にしました」とケアリー氏は言います。「私のチームの誰もが、9-1-1(救急電話番号)のデスクに座って、非常に優れたパフォーマンスを発揮できると確信しています。なぜなら、彼らはそうしたメンタリティと倫理観を持っているからです。」

この勝利の効果は、利用率だけではありませんでした。突然、小児科の患者とその介護者が、iPad やその他のモバイル機器を使って、大規模に医師と連絡を取れるようになったのです。一方、医療従事者は、Epic 電子カルテ システムを介してシームレスにインターフェースにアクセスすることができました。Nemours CareConnect は、スムーズなスケジューリングを可能にし、バーチャル ケアへの移行のバックボーンとなりました。COVID-19 があらゆる場所でワークフローを阻害していた時代に、遠隔医療システムは患者と医師の双方に安定性をもたらしました。

最初は、非常に多くの患者からの反応がありました。インターシステムズのEnsemble統合エンジンとデータプラットフォームに技術を依存しているCarey社は、需要に応じて追加のライセンスを必要としました。インターシステムズは、24時間以内にライセンスを無償で提供しました。

現在、フロリダ州でCOVID-19の感染が急増していますが、Nemoursは、診断名にかかわらず、すべての患者に対応し、治療する準備を整えています。しかし、医療提供イノベーション担当のオペレーション VP であるキャリー・オフィサーは、この地域が「新たな常態」に入っても、Nemours CareConnect は不可欠であると述べています。何千人もの子どもたちとその家族が、その恩恵を実感していることがわかります。


この記事は、2020年10月16日発行の – HealthShare Connections News Flash No.4: COVID-19 Pandemic newsletterより転載したものです。

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。
Matching inpatient and outpatient records with HealthShare Patient Index enabled a single view of patient data, joint ventures with other healthcare organizations, and better information flow.
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。