Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

Healthix: 医療のギャップを埋める

医療のギャップへの配慮

ニューヨーク市がCOVID-19のアウトブレイクの中心となっていた頃、信頼性のあるアクセス可能な医療データの需要がますます高まっていました。

2,000万人を超える患者にサービスを提供する、米国最大の公衆衛生情報交換システムであるHealthixは、COVID-19のアラートをただちに開発してこの難題に立ち向かいました。タイムリーな通知が、医療提供者、ヘルスプラン、公衆衛生機関などに活用されています。ニューヨーク州保健局によって患者同意書の免除が許可されたことで、COVID-19の臨床検査の結果の通知を医療提供者に容易に送信できるようになり、COVID-19への対処に役立っています。Healthixはすぐに、この地域の医療機関がITを活用してCOVID-19に対処するための主戦力として使用されるようになりました。最初の1か月だけで、コロナウイルスの臨床検査が実施されたときとその結果が返されたときに、760,000件のアラートが臨床医に送信されました。

医療制度と臨床医にとっての、Healthixにより講じられた最も効果的な対策の1つは、パンデミックが始まる前から行われていた取り組みである Healthix Gaps in Care かもしれません。この新しいサービスは、医療機関がベストプラクティスと実際に提供されている医療サービスの食い違いを特定および分析して、医療におけるヘルスケア有効性データおよび情報セット(HEDIS)のギャップを埋めるために役立っています。このサービスは、パンデミックの最中だけでなく、将来にわたり、医療の質の測定と患者の予後の改善を図るために必要なデータドリブンの洞察を提供し、Healthixに参加している医療機関を支援します。

HealthixのプロジェクトマネージャSana Ali氏は次のように述べています。「Healthix Gaps in Care のレポートは、参加機関が患者の一般的な急性疾患や慢性疾患にどう対応しているかを自ら把握するために役立ちます。この情報を把握していれば、有効な患者支援策を講じることができます。」

貴機関での医療提供において同じような目標を掲げている場合は、是非ご相談ください。

 


この事例は、こちらからもご覧頂けます(英語)-2020年5月29日-HealthShare Connections News Flash No.2: COVID-19 Pandemic newsletter

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。