Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

成長するIDNやHIEを支えるインターシステムズの拡張性

Scalability_IDN_HIE-1200-1024x538.jpg

大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。

第二世代の相互運用性への投資に適したソリューションを探しているお客様が、しばしば当社に相談に来られます。 InterSystems HealthShare® は、統合、情報共有、分析ソリューションを備え、数千人の同時ユーザーを容易に処理できる、実績のある強力な基盤です。
例えば、次のようなことを考えてみてください。

規模に応じたリプラットフォーム:Greater Houston Healthconnect

ヒューストンは米国第3の都市に成長し、Memorial Hermann、MD Anderson Cancer Center、Houston Methodistなどの医療機関があることで有名です。

「私たちの使命は、テキサス州南東部全域の医療連携を支援することです」と、HIEの会員を大幅に拡大したCEOのNick Bonvino氏は述べています。 また、24の郡に住む800万人以上の人々に、診断画像の共有、リアルタイムの通知、Direct Secure Messagingによる医療情報の安全な交換を提供している非営利団体です。

当然のことながら、電子カルテ(EMR)やその他の異種システムの会員数と量に伴い、情報管理と相互運用性の課題は大きくなっていきました。 Greater Houston Healthconnectの当初の相互運用性プラットフォームは、現在の需要を満たすのに苦労していました。 さらに、このHIEが予測していた今後の課題に対応する能力が欠落していました。

Greater Houston Healthconnectは、InterSystems HealthShare®を選択し、メンバー間の異種システムを接続し、多くの医療機関を横断する異なる患者を一意に特定しました。

現在では、地域の医師コミュニティの70%と病院市場の95%を同じ統合医療記録にシームレスに接続しています。 医療機関は、Greater Husuton 地域のほぼすべての患者を正確かつ端的に把握することができます。 その結果は? 品質、効率、患者の安全性に直接影響するもの 患者様の病歴を診療の時点で完全に把握することで、医師はより良い評価、診断を行い、不必要な検査や処置、入院をせずに患者さんの健康問題に対応するケアプランを作成することができます。

大規模な統合:大規模な全国統合デリバリーネットワーク(IDN)

米国でトップ3に入るIDN(Integrated Delivery Network)になるには、さまざまなソフトウェアシステムを手に入れなければなりません。 これには、数千ものインターフェースをもつレガシーシステムからのすべてを接続する統合エンジンの採用も含まれています。

この IDN が単一の統合プラットフォームへの統合を決定したとき、彼らはソフトウェアだけでなく、大規模な移行プロジェクトに投資していることを知りまし た。 彼らは、製品品質の新しいインターフェイスに変換するのにかかる時間という、勝敗を分ける統計的な要素について、真っ向から性能テストを実施しました。

最終的な結果が出ると、InterSystems HealthShare Health Connectが明らかに勝者でした。 HealthShare Health Connectのインターフェースごとの変換時間は7時間で、競合製品の16時間というベンチマークと比較して56%も短縮されました。 インターシステムズのインターフェースエンジン専用の変換ユーティリティを使用することで、IDNはインターフェースごとの変換時間を3.5時間に短縮し、競合製品のベンチマークと比較して78%以上高速化しました。 このため、IDNの経営陣は、最優先のインターフェース変換を完了させるスケジュールを30カ月から18カ月に修正しました。

IDNのインターフェースエンジンとしてのHealth Connectの重要な信頼性を裏付けるように、3年半のインターフェース展開を通じて、ソフトウェアによる予定外のダウンタイムはゼロ、予定されていたダウンタイムもわずか15分でした。 15の異なるシステムを排除し、Health Connectの集中型プラットフォームを利用することで、複数のインターフェース製品を廃棄し、個別のソフトウェアライセンス契約を終了させることにより、ベンダー費用(ライセンス、年間サポート、プロフェッショナルサービス)も削減することができました。 単一のコードベースと標準的な命名変換を使用したHealth Connectのインターフェースにより、組織のメンテナンスコストが削減されました。

たった4人の開発者チームによって、7,000のインターフェイスを置き換えるという目標に向け、21ヶ月で2,000以上のHealth Connectインターフェイスを変換し、展開することができました。 さらに、IDNはインターフェース1つにつき3,000ドルの開発コストを削減し、総額2,100万ドルの節約になると試算しています。 Health Connectは、世界最大級の集中型統合プロジェクトをサポートすることで、コネクテッドヘルス・ビジネスの継続的な成長と規模拡大を可能にしています。

規模に応じたケアコーディネート:Providence Saint Joseph Health

Providence Saint Joseph Health、Health Information Exchange and Interoperability担当エグゼクティブ・ディレクター、Theo Siagian氏

2016年のProvidence Health and Services と Saint Joseph Healthとの合併により、既存のインフラに新たな負担が生じました。 この新組織は、7つの州で、119,000人の介護者が900万人以上の人口にサービスを提供しています。

新組織は、InterSystems HealthShareとの初期のプロジェクトで、カリフォルニア州とテキサス州で医療従事者が使用している45以上のEMRから患者データを安全に集約し正規化しました。 目標は、急性期および外来のEMRからデータにアクセスし、それらのシステムや臨床医のワークフローに影響を与えることなく、新しい方法で使用することでした。

迅速なイノベーションのための拡張性の高いプラットフォーム
Providenceが、この統合患者記録へのアクセスを提供するポータルの構築を決めた時、ITチームは再びHealthShareに目を向けました。 その目的は、テキサス州とカリフォルニア州の提携病院と医師が情報を共有し、医療連携とアウトカムを向上させることでした。 16の病院、257の医療グループと医師ネットワーク、9の地域診療所、9の高度介護施設、さらに画像センターとリファレンスラボで診療する7000人の医療従事者、900万人の患者について、急性期データだけでなくすべての情報へのアクセスを必要としていたのです。 現在、ポータルサイト「ShareVue」の登録者数は1万人を超えています。

大規模なアナリティクス:ノースカロライナ州医療情報交換局

医療情報交換において、成長は良いことです。患者情報がより完全で正確であればあるほど、意思決定と治療成果の向上につながります。

ノースカロライナ州医療情報交換局(NC HealthConnex)は、過去2年間で 目覚ましい成長を遂げました。 病院、診療所、長期介護施設、地方保健局、行動医療機関、連邦政府認定医療センター(FQHC)、地方医療クリニック(RHC)、放射線センターなどの参加者を5倍にしています。

SAS社 米国政府・教育プラクティス担当バイスプレジデント、Grant Brooks 氏。

地域社会のニーズをより深く理解するための情報と分析
この成長を活用するため、NC HealthConnexは医療従事者向けに、より近代的でシームレスな体験を提供する新しい連携に着手しました。 NC HealthConnexは、当初のソリューションからInterSystems HealthShareに移行しました。

その結果、各患者の医療とケアをより総合的に把握することができ、個々の医療機関や医療機関ネットワークの記録をはるかに超えるパターンを明らかにすることが可能になりました。 SAS社 米国政府・教育プラクティス担当バイスプレジデントであるGrant Brooksは、「医療機関は、深い分析をせずにデータを交換するだけで、患者のマッチングを改善し、コミュニティの健康についてより深く知る機会を失っていることが多い」と述べています。 「NC HealthConnexは、医療従事者が患者をより完全に把握し、患者のニーズを中心としたケア戦略を構築することを可能にします」

あらゆる規模のケアをサポートする

HealthShareは、医療と福祉の連続体における情報の壁をなくし、ケアシステムが革新と変革を可能にすることを可能にします。 HealthShareは、連携したeヘルスアプリケーションの基盤として、仮想的で縦断的な地域全体の患者記録を作成します。 HealthShareを利用することで、医療機関は医療記録の伝達と正確性を向上させ、安全性を高め、重複するサービスを削減し、組織のすべてのデータを分析に利用して、ケアプロセスと成果の強化・最適化の機会を特定しています。

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。
Matching inpatient and outpatient records with HealthShare Patient Index enabled a single view of patient data, joint ventures with other healthcare organizations, and better information flow.