Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

インターシステムズのスケーラビリティが成長するIDNやHIEをサポート

インターシステムズのスケーラビリティが成長するIDNやHIEをサポート

大規模な医療提供組織(Health Delivery System)にとって、ソフトウェアのスケーラビリティは非常に重要です。組織の成長に伴い、統一された医療記録を提供するためには、医療ITシステム間で分断なくデータが流れることが必要であり、また、ケアの連続性を考慮した分析も必要です。しかし、第一世代の多くのデータ共有イニシアチブは、アクセス、スケーラビリティ、パフォーマンスなどの基本的な技術的課題に対応できていません。

お客様は、第二世代の相互運用性への投資のための適切なソリューションを求めて、しばしば当社にやって来られます。InterSystems HealthShare®には、何千人ものユーザーが同時に利用できるように簡単に拡張できる統合、情報共有、および分析ソリューションを備えた、実績のある強力な基盤の機能が備わっています。以下にその事例を挙げます。

大規模なプラットフォームの再構築  Greater Houston Healthconnect

ヒューストンは米国で3番目に大きな都市に成長し、Memorial Hermann、MD Anderson Cancer Center、Houston Methodistなどの医療機関があることで有名です。これらの医療機関は、地域の医療情報交換組織(HIE)であるGreater Houston Healthconnectを通じて医療記録を共有しています。

「私たちの使命は、テキサス州南東部全体のケアの連携を支援することです」とCEOのニック・ボンビーノは語り、HIEのメンバーを大幅に拡大しました。この非営利団体は、24の郡に住む800万人以上の人々を対象に、診断画像の共有、リアルタイムの通知、ダイレクトセキュアメッセージングによる医療情報の安全な交換などを提供しています。

当然のことながら、電子医療記録(EMR)やその他の異種システムの会員数の増加に応じて、情報管理や相互運用性の課題は拡大していきました。Greater Houston Healthconnectの当初の相互運用性プラットフォームは、現在の需要を満たすのに苦労しました。また、今後予想されるHIEの課題に対応する能力も不足していました。

Greater Houston Healthconnectは、メンバー間の異なるシステムを接続し、多くの医療機関で異なる表現をしている患者を一意に識別するために、InterSystems HealthShare®を選択しました。

現在、HealthShare は、この地域の医師コミュニティの 70% と病院市場の 95% を、同じ統一された医療記録にシームレスに接続しています。医療従事者は、大ヒューストン地域のほぼすべての患者について、正確でわかりやすい情報を得ることができます。その結果はどううなったでしょう? 品質、効率、患者の安全性に直接的なよい影響を与えることができます。医師は、患者の治療時点での病歴を完全に把握することで、より良い評価、診断を行い、不必要な検査や処置、入院をすることなく、患者の健康問題に対処するケアプランを作成することができます。

 

大規模な統合: 大規模な全米統合デリバリーネットワーク

米国でトップ3の統合デリバリーネットワーク(IDN)になるためには、その過程で多くのソフトウェアシステムを導入する必要があります。これには、何千ものインターフェースを介してすべてを接続するための統合エンジンも含まれています。

このIDNは、単一の統合プラットフォームに統合することを決定したとき、単なるソフトウェアへの投資ではなく、大規模な移行プロジェクトへの投資であることを認識していました。彼らは、新しい生産品質のインターフェースへの変換時間について、真っ向勝負のパフォーマンステストを設定しました。これが、決定的な数値データとなることがわかっていた、

最終的な結果では、InterSystems HealthShare Health Connectが勝っていたことは明らかでした。HealthShare Health Connectのインターフェースごとの変換時間は7時間で、競合製品の16時間というベンチマークよりも56%も高速でした。InterSystems社のインターフェイス・エンジンインターフェースィリティーを使用することで、IDNは変換時間をインターフェースごとに3.5時間に短縮し、競合製品のベンチマークよりも78%以上、高速でした。これにより、IDNのシニアマネジメントは、最優先事項でインターフェースイスの変換完了までのスケジュールを、30ヶ月から18ヶ月に変更することができました。

IDNのインターフェース・エンジンとしてのHealth Connectの重要な信頼性を立証するように、2.5年間のインターフェース展開において予定外のダウンタイムはゼロ、予定されていたダウンタイムはわずか15分でした。15の異なるシステムを排除し、Health Connectの一元化されたプラットフォームを使用することで、同社は複数のインターフェース製品を廃止し、個別のソフトウェア・ライセンス契約を終了することで、ベンダーへの支払い金(ライセンス、年間サポート、プロフェッショナル・サービス)も削減しました。Health Connectのインターフェースは、単一のコードベースと標準的な命名規則を使用しているため、組織のメインターフェースを削減することができました。

わずか4人の開発者チームで、6,000のインターフェースを交換するという目標に向けて、21ヶ月間で2,000以上のHealth Connectインターフェースを変換・実装しました。さらに、IDNは1つのインターフェースにつき3,000ドルの開発コストを削減し、合計1,800万ドルの削減を見込んでいます。世界最大級の集中型統合プロジェクトをサポートすることで、Health Connect社は、コネクテッド・ヘルス・ビジネスの継続的な成長と拡大を実現しています。

 

大規模なケア連携: プロビデンス・セント・ジョセフ・ヘルス

2016年のProvidence Health and Services, and Saint Joseph Healthの合併は、既存のインフラに新たな負担をもたらしました。新組織であるプロビデンス・セイント・ジョセフ・ヘルスは、7つの州で事業を展開し、900万人以上の人口に11万9千人の介護者がサービスを提供しています。

InterSystems HealthShareを使った初期のプロジェクトでは、カリフォルニア州とテキサス州のプロバイダーが使用する45以上の固有の電子診療記録(EMR)から患者データを安全に集約し、正規化しました。その目的は、急性期および外来のEMRからデータにアクセスし、それらのシステムや臨床医のワークフローに影響を与えることなく、新たな方法で利用することでした。

迅速なイノベーションのための拡張可能なプラットフォーム
プロビデンスは、医療従事者がこの統一された患者記録にアクセスできるポータルを作成することを決定し、ITチームは再びHealthShareに注目しました。その目的は、テキサス州とカリフォルニア州の提携病院と医師が情報を共有し、ケアコーディネーションとアウトカムを改善することでした。急性期のデータだけでなく、900万人の患者、7,000人の医師、16の病院、257の医療グループと医師ネットワーク、9つのコミュニティクリニック、9つの介護施設、さらには画像センター、リファレンスラボなど、すべての情報にアクセスする必要がありました。このポータル「ShareVue」には、現在1万人以上のユーザーが登録しています。

 

大規模な分析: ノースカロライナ州医療情報交換組織

医療情報交換においては、成長することは良いことです。患者の情報が完全で正確であればあるほど、意思決定やケアの成果につながります。

ノースカロライナ州の医療情報交換組織(NC HealthConnex)は、この2年間で飛躍的な成長を遂げました。病院、診療所、長期療養施設、地域の保健局、行動保健専門医、FQHC(Federally Qualified Health Center)、RHC(Rural Health Clinic)、放射線センターなどの参加者の数が5倍にも増えました。

地域のニーズをより深く理解するための情報と分析
この成長を活用するために、NC HealthConnexは、医療従事者のためのより近代的でシームレスな経験を生み出す新しい協調に取り組みました。NC HealthConnexは、当初のソリューションからInterSystems HealthShareに移行しました。

その結果、個々の医療機関や医療ネットワークの記録をはるかに超えるパターンが明らかになり、各患者の健康とケアに関するより包括的な情報が得られるようになりました。SASの米国政府・教育部門の副社長であるGrant Brooksは次のように述べています。「医療機関は、深い分析をせずにデータを交換することが多く、患者のマッチングを改善したり、コミュニティの健康状態を知る機会を逃しています。NC HealthConnexにより、医療機関は患者をより完全に把握し、患者のニーズを中心としたケア戦略を構築することができます」

どんな規模でもケアをサポート

HealthShareは、医療と社会的ケアの連続性における情報の障壁をなくし、ケアシステムがイノベーションと変革を可能にすることを可能にします。HealthShareは、協調的なe-ヘルスアプリケーションの基盤となる、バーチャルで縦断的なコミュニティ全体の患者記録を構築します。HealthShareを使用することで、医療機関は、コミュニケーションと医療記録の正確性を向上させ、安全性を高め、重複するサービスを減らし、組織のすべてのデータを分析に使用して、ケアプロセスと成果を強化・最適化する機会を特定しています。

さらに詳しくは、こちらをご覧ください。 InterSystems.com/jp/HealthShare

 

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー。

2022年 4月 28日
global investment bank brochure-data lake
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
2022年 4月 28日
3M Health Information Systems brochure
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。
2022年 4月 25日
Hospital Doctor With Digital Tablet Talks To Male Patient
HealthShare Patient Indexで入院・外来患者の記録を照合することで、患者データの一元管理、他の医療機関との共同事業、情報の流れの改善などが可能になりました。
2022年 4月 22日
smiling doctor
南デボンの医療・介護現場では、ITシステムの統合により、急性期チームとコミュニティチームがこれまで以上に緊密に連携しています。 GDEsの差し迫った目標をサポートする トーベイとサウスデボンのNHSは、10年以上前から医療統合の最前線にいます。 2015年1月、この地域は、パートナーが協力して貧困地域の健康格差を縮小するために、急性期医療における統合サービスを開発するNHSイングランドのバンガード資格を獲得しました。
2022年 4月 19日
Expert_Knowledge_1200x630-1024x538.jpg
ドイツの西部に位置するノルトライン・ウェストファーレン州(NRW)は、国内で最もパンデミックの影響を受けている地域の一つです。 ここは首都圏と地方が混在し、約1,800万人が住み、約340の病院がある、全米で最も人口の多い州です。
2022年 4月 12日
Being Holdings
「運ばない物流」をコンセプトに、常にロジスティクスの生産性・経済性・効率性の向上を追求する株式会社ビーイングホールディングス。主要なシステムを自社開発している同社では、高速な InterSystems 製品との出会いにより基幹システムの全面刷新を決断。それはInterSystems IRISを基盤とした総合物流システム「Jobs」へと結実し、同社の業務を変革しただけでなく、取引先に請われて外販されるまでになりました。
2022年 4月 6日
Physician pointing to tablet screen
アメリカ西海岸の大手ヘルスプランの最高医療責任者は、病院に入院している人をいつでも完全に把握できるようにすることを求めました。 この保険機関がすでにインターシステムズと医療情報交換組織と協業していたため、この組織のデータ・アナリティクス担当ディレクターは「はい、できます」と自信を持って答え、このCMOは「6カ月でできますか」と尋ねました。 その答えは? また、肯定でした。
2022年 1月 12日
InterSystems IRIS Data Platformでサプライチェーンにおける迅速な開発、データ統合、柔軟性の確保を実現
2021年 10月 28日
Kobe University Bio Resource Center
2019年4月、神戸大学医学部附属病院に「神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター」が設立されました。同センターは、「ニーズドリブン」型バイオバンクを指向し、検体の利活用率を飛躍的に高めるために、バイオバンク検体・医療情報管理システム(LIMS)をシスメックスと共同で開発しました。同システムの開発には、InterSystems IRISデータプラットフォームが採用され、多様な検査システムからの情報を統合し、ニーズに沿ったヒト検体+医療情報の収集と提供を実現しました。