Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

COVID-19の患者さんが安心して逝けるのはデータの共有があってこそ

COVID-19の患者さんが安心して逝けるのはデータの共有があってこそ

COVID-19の流行が進むにつれ、亡くなろうとしている患者の家族は、愛する人がどのよう亡くなりたいのかわからないという、ありえない状況に陥っていました。その情報がなければ、医療従事者は適切な終末期医療計画を立てることができません。そして、辛い病気ですでに命を落としてしまった患者さんは、その影響を受けてしまいました。

ロンドンで提供されているサービスが、国内外でも提供されるようになれば。

Coordinate My Careは、国民健康保険サービス(NHS)の統合ケアプランシステムで、シームレスなデータ交換により、医療機関が各患者の緊急時や終末期のケアの希望に応えることを可能にします。COVID-19はロンドンで6,000人以上の死者を出しましたが、「Coordinate My Care」は、ロンドンの高齢者や病人が自分の希望するケアや死の場所を伝えることを可能にし、COVID以外の患者が病院に行かずに済むようにしました。このサービスは、不確実性が支配していた時代に、ある程度のコントロールを可能にしました。

緩和医療のコンサルタントであり、Coordinate My Careの臨床責任者である緩和医療コンサルタントのジュリア・ライリー氏は「親族は、質の高い終末期医療に参加したような気持ちになるので、愛する人がCOVIDで突然亡くなったことに怒りや悲しみを感じることはありません」と、述べています。「そして、これにより、高齢者、虚弱な方が適切なケアを受けることで守られました。」

COVID-19流行前の1年間、「Coordinate My Care」では月に約2,079件のケアプランが作成されていました。2020年4月には月間10,217件となり、春先の3ヶ月間で20,100件以上のプランが作成されました。また、昨年春、救急車を中心とした医療機関から「Coordinate My Care」にアクセスがあった回数は約21,000回にのぼりました。このサービスによって、ロンドンに住む64,000人以上の患者の意思が守られるようになりました。これは、今後1年以内に亡くなることが予想される病弱な患者の数と一致しており、「Coordinate My Care」にとって画期的な成果です。

その結果、より多くの患者が終末期プランを作成し、より多くの臨床医が意思決定のためにその洞察力を活用しました。パンデミックの中でも、病院で亡くなる患者の割合は21%以下で、英国の全国平均から25%以上も減少しました。

では、Coordinate My Careはどのように機能するのでしょうか?患者さんは、臨床医と協力して、自分の希望や嗜好、医療の詳細をデジタルのCMCケアプランに記録します。CMCケアプランは、InterSystems HealthShare®を使用して、データを電子的に管理し、関係者に転送します。関係者は、この情報を利用して、患者のニーズに応えることができます。このサービスは、特に高齢者を対象とした介護施設に役立ちます。

「ケア計画という安価な選択肢は、喜ばしいことではありませんが、実際には実現しています」とライリーは言います。「Coordinate My Careは、ロンドンのプライマリー・ケア・プロバイダーに完全に受け入れられ、定着したと言っていいでしょう」。


この記事は、2020年10月16日発行の-HealthShare Connections News Flash No.4: COVID-19 Pandemic newsletterより転載したものです。

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。
Matching inpatient and outpatient records with HealthShare Patient Index enabled a single view of patient data, joint ventures with other healthcare organizations, and better information flow.
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。