Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

イタリアがCOVID-19から立ち直るためにデータレイクが果たした役割

パンデミックが起きた当初のイタリアの光景は、この世のものとは思えませんでした。患者の多くは呼吸も困難な状態で、ベッドの空きもないため狭苦しい病院の廊下や待合室に列をなしていました。死者数は数千人に跳ね上がり、COVID-19が破滅的な病気であることを世界中に知らしめました。

イタリアはコロナウイルスとの戦いで大きな前進を遂げ、国内の研究者は現在、あと数か月でCOVID-19をさらに制圧できるだろうと確信しています。ミラノ最大の病院であるニグアルダ病院は、最近あるプロジェクトを立ち上げました。(EPRとPACSから取得した)データと人工知能(AI)を活用して治療法をより正確に把握し、今後の死者とアウトブレイクの発生を抑えようとするものです。この取り組み、すなわちCoviLake Niguardaの目的は、バイオマーカーを識別して、この謎に満ちた病気が患者の体内でどのように進行するのかを予測し、世界が急速に活動の再開に向かう中で、診断と治療をより確実かつ迅速に行えるようにすることです。

このプロジェクトの基幹を成すのは、インターシステムズのデータレイクとベンダーニュートラルなアーカイブで、ニグアルダ病院から患者1,000人分の匿名化された医療画像と臨床データ(X線写真、血液検査の結果など)がまもなく提供されることになっています。このデータレイクはオープンなコンテナで、AIアルゴリズムのトレーニングと臨床意思決定支援システムの開発に使用できるよう、データを相互に関連付けます。研究者は、これから半年のうちに、CoviLake Niguardaの取り組みを通じて臨床での差し迫った問題に対処できるようになるだろうと期待しています。

https://www.intersystems.com/isc-resources/wp-content/uploads/sites/24/How_Data_Lake_Italy_Rebound-thumb-300x200.jpg

ニグアルダ病院の医師で先進技術部門責任者のAngelo Vanzulli教授と、医学物理学部門責任者のAlberto Torresin博士は次のように書いています。「必要ならば、現在の所見と予後の予測を何年も前のデータで補完することもできます。現在の画像と臨床データ、患者の入院歴、治療の内容、基礎疾患の有無といった情報をすべて抽出してデータレイクに追加し、意思決定プロセスに役立てることができるのです。

標本検査では結果が出るまで数時間かかりますが、CoviLake Niguardaを通じて開発されたアルゴリズムなら、患者がCOVID-19に感染している可能性があるかどうかをほぼ瞬時に判定できます。このテクノロジにより、COVID-19と、似たような病気を見分けることもできます。そして、研究者によれば、それが将来のアウトブレイクの防止に役立つ可能性があるとのことです。

CoviLake Niguardaは、放射線科や救急科の医師、麻酔専門医、感染症専門家、医学物理学者などのあらゆる医師に恩恵をもたらします。この取り組みによって予後診断の精度が上がることも考えられ、そうすれば病院が患者を疾病リスクに応じて類別しやすくなります。一方、患者は入院中にも退院後にも、バイオマーカーと積極的なモニタリングに基づいて効果的な治療を受けることができます。

Vanzulli氏とTorresin氏は次のように指摘しています。「COVID-19は複雑な病気で、ウイルスとその仕組みについて詳しいことはまだ分かっていません。そして、そのことが現場の臨床医の負担を増やしています。」

それでも、全世界でCOVID-19により適切に対処できるようにするために必要な知見がCoviLake Niguardaによって明らかになれば、人々の負担が軽くなり、最先端技術への信頼が高まります。


この事例は、こちらからもご覧頂けます(英語)-2020年7月10日-HealthShare Connections News Flash No.3: COVID-19 Pandemic newsletter

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。