Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。

医療DXの事例紹介

~プロビデンス・セント・ジョセフ・ヘルス~

COVID-19の蔓延は医療現場の業務を逼迫させ、医療現場におけるデジタル化の課題を浮き彫りにさせました。今回はインターシステムズが支援し、患者の検査情報を瞬時に把握できるようにシステムを導入し、診療の効率化、DX(デジタルトランスフォーメーション)に成功した事例をご紹介します。

前線医療を支えるインターシステムズのデータプラットフォーム

プロビデンス・セント・ジョセフ・ヘルス(PSJH)は、InterSystems HealthShare®とHealth Insightを活用して、医療チーム全体でのCOVID-19診断の可視性を高めました。パンデミックの発生に伴い、PSJHの医療情報交換(HIE)チームは迅速に2つの新しい手段を実装し、COVID-19の検査結果が陽性であった患者についてアラートを送ることで、COVID-19の危機と戦い、対応している前線の医師を支援しました。

医療情報交換および相互運用性担当役員のTheo Siagian氏によれば、医師がPSJHのShareVue (HealthShare Clinical Viewerからブランド変更)にログインすると、過去30日以内にCOVID-19の検査結果が陽性であった患者については、その患者のバナーにCOVID-19インジケータがアラートとして表示されるようになりました。患者個別のアラートをクリックすると、患者がウイルスの検査を受けた日時や場所など、追加の詳細情報がポップアップ表示されます。

https://www.intersystems.com/isc-resources/wp-content/uploads/sites/24/Helping_Care_Teams_Front_Lines-ProvidenceStJosephHealth-image-1024x496.jpg

統合医療記録により、ShareVueの「Advance Care Planning」(アドバンスケアプランニング)タブで、医師は実施されたCOVID-19の検査すべての全履歴(陽性と陰性の両方)を患者ごとに確認することができます。また、ネットワーク内のプライマリケアの担当医師は、患者がCOVID-19の臨床検査を受けたときと結果が出たときにEメールでアラートを受信するオプションを簡単に選択できます。役員向けのダッシュボードには、これらの結果が地域別に表示されます。

ShareVueポータルからアクセスできるPSJH HIEは、医療提供者と組織に患者の貴重なデータを提供します。PSJHは7つの州で運用され、カリフォルニア州、テキサス州、アラスカ州の約4,200の医療提供者、検査機関、補助パートナーがHIEに貢献しています。

ほかにも、COVID-19に関する重要な情報を医師と医療チームに提供するための、他のいくつかのプロジェクトも進行中です。

米国のCOVID-19患者のための拠点

プロビデンスは、51の病院と1,085の診療所が加盟する、米国で4番目に大きな医療制度です。ワシントン州エバレットにあるプロビデンス地域医療センターは、米国で初めてCOVID-19と診断された患者を受け入れ、治療しました。プロビデンスは、病院や医療チームを支援するためのツールとリソースを使用して、殺到する大勢のCOVID-19陽性患者に迅速に対応しました。新型コロナウイルス(nCoV2)が蔓延する中、この組織は米国で数多くの医療組織の手本となりました。

詳細情報:

 


この事例は、こちらからもご覧頂けます(英語)-2020年5月8日-HealthShare Connections News Flash No.1: COVID-19 Pandemic newsletter

関連するトピックス

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

英国NHS
InterSystems HealthShare® Health Connect Cloud™を使用して、病院の信頼関係を統合し、包括的な電子カルテを実現します。
健康データの集約
Jonda Healthは、多様で標準化されていない医療データを、患者、臨床医、検査機関がよりアクセスしやすく、利用しやすくします。
Harris Associates
InterSystems TotalView For Asset Management ソフトウェアは、ポートフォリオ・リターンの改善、顧客エンゲージメントの向上、リスクの削減、業務効率の改善など、ハリス・アソシエイツが必要とする情報と洞察を提供しています。
月刊新医療2024年1月号 掲載記事
市民の生命と健康を守る” という理念の下、2009年に設立した地方独立行政法人 神戸市民病院機構。
第43回医療情報学ランチョンセミナー レポート記事(月刊新医療2024年1月号掲載)
2023年11月23日、インターシステムズジャパンは「第43回医療情報学連合大会/第24回日本医療情報学会学術大会」にてランチョンセミナー 3「すべてのデータを利用する―医療情報の利活用のためのアーキテクチャと連携基盤」を共催した。演者は、山田英雄氏(藤田学園 )、座長は小誌連載企画「医療DXへの道」筆者の山野辺裕二氏(福岡輝栄会病院)が務めた。山田氏は講演で、スマートホスピタル構想実現に向けた同大学の取り組みや、FHIRで標準化したデータ2次利用連携基盤構築について説明。ここに、同セミナーの講演内容を紹介する。
Personalized Digital Nurse
高齢者は、複雑化する医療ニーズに直面しながらも、圧倒的に自宅で過ごしたいと答えています。 それには理由があります。 自立を維持し、地域社会との関わりを保ち、全体として生活の質が向上できるからです。
臨床検査機関
InterSystems IRIS for Healthへの9ヶ月間の移行により、パフォーマンスが30%向上し、新機能によりパルディーニ社の市場における主導的地位が強化されました。
医療機関・医療情報ネットワーク
驚くべきことに、ある人口における米国の平均余命に関係する上位3つの指標は、介護・老人施設への入居率、精神衛生上の問題、そして歯の喪失率です¹。 これらの指標の背景にある所得水準、介護へのアクセス、ストレス、その他の社会的要因は、遺伝や医療サービスへのアクセスよりも健康に大きな影響を与えます²。 しかし、これまで健康の社会的決定要因には、臨床ケアにおいて十分な注意が払われていませんでした。
保険機関と医療機関は異なる情報システムを使用しているため、患者はその中間に挟まれ、面倒な プロセスでギャップを埋めることを強いられることがあります。
統合デリバリー・ネットワーク(IDN: 医療提供ネットワーク組織)全体の統合
この米国の大規模な統合デリバリー・ネットワーク(IDN)の開発者たちは、個々のジョブを行うだけの統合エンジンに、我慢ができなくなっていました。 10年以上前に古いエンジンをインターシステムズの統合テクノロジーに置き換えましたが、それ以来、このIDNは、インターシステムズのソリューションが、成長力、従業員の時間の節約、コスト削減といった複数の問題を解決しているのを見てきました。 ある1つのプロジェクトだけで、インターシステムは10万ドルを節約したこともあります。インターシステムズの統合技術を利用して提供されるその他の利点には、次のようなものがあります: