Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

大手投資銀行が将来も使い続けられる 株式取引プラットフォームを InterSystems IRIS で実現

インターシステムズのソフトウェアで大規模な超高信頼のリアルタイム処理が可能に

インターシステムズのトランザクション-分析データベースを重要なアプリケーションで使用

大手投資銀行が将来も使い続けられる 株式取引プラットフォームを InterSystems IRIS で実現

世界全体の株式取引の大部分を日々処理している世界最大手の投資銀行が、主要な株式取引管理アプリケーションをインターシステムズのデータ プラットフォーム テクノロジに移行しました。

同行は、5 万人の従業員を擁し、1 兆ドル以上の資産を管理しています。同行の次世代注文管理プラットフォームは、世界的な株式市場における、高スループットで低遅延の電子取引の需要を満たすために開発されました。現在このプラットフォームでは、行内最大のアプリケーションの1 つとしてクロスアセット取引も処理しており、注文管理、送金、取引把握、記帳、レポート作成、実行などの、何十億ものトランザクションを日々管理しています。

このシステムは要求が非常に高く、クライアントである何百もの取引アプリケーションのほかに、リアルタイムでトランザクション情報にアクセスする必要のある何千人ものユーザーが存在します。インターシステムズのデータ プラットフォームに移行する前の従来の実装にはデータ競合の問題がありました。つまり、すべてのクライアント アプリケーションがインメモリ データベースでクエリと検索を実行すると、アプリケーションの挿入/更新とクライアントのクエリのパフォーマンスが低下しました。同行が市場の変動の激化と、スピード、能力、回復力の向上に後れを取ることなく成長の最先端を行けるようにするためにも、コスト効率の高いソリューションが必要でした。

world investment bank image

「インターシステムズのテクノロジにより、データの取り込み率が大幅に向上し、取引データを使用する何百ものクライアント アプリケーションからのクエリに超高速で応答できるようになることが実証されました」とこの投資銀行の注文管理ディレクターは語っています。「全体的なスループットは 3 ~ 5 倍向上しました。パフォーマンスも向上し、運用コストを 50% 削減することができました。」

インターシステムズの注文管理システムは、10 年間にわたり、市場の変動が激しく取引量が多いときでも、データの取り込み率が高く、安定性があって、信頼性を保てることで知られていました。

しかし、この投資銀行は、常に予想される成長の最先端を行って総所有コストを最小限に抑えられるようにするためのテクノロジの評価を、時間の経過と市場の拡大に伴い継続的に行っています。2018 年に同行は、新しい InterSystems IRIS データ プラットフォームも含めて、さまざまなデータベース テクノロジをもう一度見直すことにしました。

「インターシステムズの他にも、高パフォーマンスのスケールアウト SQL を提供してくれるいくつかの企業の製品を検討しました」と注文管理ディレクターは回想しています。「そして私たちは再びインターシステムズを選びました。」

InterSystems IRIS は高コスト効率のパフォーマンスとスケーラビリティを実現

同行は、InterSystems IRIS により、コストをさらに削減しつつ、アーキテクチャを合理化し、パフォーマンスを継続的に向上させて、個別のレポートデータベースを統合しています。

「これは、インターシステムズが当行の長年のテクノロジパートナーである理由を示す 1 つの例に過ぎません」と注文管理ディレクターは述べています。「長期にわたる関係と、長年をかけて培ってきた信頼、サポート、そしてテクノロジのスピードと信頼性ゆえに、当行は引き続きインターシステムズを選ぶことにしました。システムに耐久性があり、高速で、信頼性が高いことは、絶対に欠かすことのできない条件です。当行のパフォーマンス、スケーラビリティ、信頼性に対する要件は、世界的に見ても特に厳しいものとなっています。私たちは、適切なデータベース テクノロジを選んだと確信しています。」

関連するトピックス

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。
Matching inpatient and outpatient records with HealthShare Patient Index enabled a single view of patient data, joint ventures with other healthcare organizations, and better information flow.
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。
HealthShare Patient Indexで入院・外来患者の記録を照合することで、患者データの一元管理、他の医療機関との共同事業、情報の流れの改善などが可能になりました。
南デボンの医療・介護現場では、ITシステムの統合により、急性期チームとコミュニティチームがこれまで以上に緊密に連携しています。 GDEsの差し迫った目標をサポートする トーベイとサウスデボンのNHSは、10年以上前から医療統合の最前線にいます。 2015年1月、この地域は、パートナーが協力して貧困地域の健康格差を縮小するために、急性期医療における統合サービスを開発するNHSイングランドのバンガード資格を獲得しました。
ドイツの西部に位置するノルトライン・ウェストファーレン州(NRW)は、国内で最もパンデミックの影響を受けている地域の一つです。 ここは首都圏と地方が混在し、約1,800万人が住み、約340の病院がある、全米で最も人口の多い州です。