Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

A Digital Transformation at Sapporo Heart Center Improves Workflows and the Culture at Work

2 older doctors wearing masks looking at a tablet

CUSTOMER: Sapporo Heart Center

CHALLENGE: Improve the efficiency of medical treatment to meet growing demand for care

OUTCOME: Complete and accurate data, greater efficiency, better utilization of facilities with InterSystems IRIS for Health and partner solutions

 
Japan’s Sapporo Heart Center performs more coronary angioplasty procedures than anywhere else in Japan, and no one is denied care. To meet the growing demand for its expertise and prepare for the future, the 85-bed hospital embarked on a digital transformation of its information technology systems.

Three Goals for Transformation

The transformation began with a triple focus: Implementing scalable, cutting-edge technology to help future-proof its systems; creating a single view of each patient’s data without disrupting existing best-of-breed departmental applications; and ensuring patient safety. “We also realized that digital transformation would be meaningless for us if not implemented quickly,” says Dr. Yuwaito Okada, digital transformation project lead, “so it was important to choose vendors with demonstrated success.”

Using InterSystems for Interoperability and Unified Data at the Core

Sapporo Heart Center finished signing contracts with more than 10 system vendors, including InterSystems and its partners Intec and CoreCreate, in December 2019. Ten months later, “Despite the disruptions caused by the COVID-19 pandemic,” Dr. Okada says, “we completed integration of 18 departmental systems, a new electronic medical record system from CoreCreate, and our new data collaboration platform from Intec.” The system went live in October 2020.

Sapporo Heart Center used InterSystems IRIS for Health® to aggregate patient data from the departmental systems into a single data repository. InterSystems IRIS for Health also connects the repository with CoreCreate’s electronic medical record for bi-directional data flow with the departmental systems.

“With the repository at the center of our transformation,” says Dr. Okada, “we can add or remove applications as needed and ensure that we still have a single, consistent view of the patient. It also makes it possible for us to collaborate with other applications around data without vendor lock-in.”

Yuwaito Okada, MD
Digital Transformation Project Lead
Sapporo Heart Center

Complete and Accurate Data, Greater Efficiency,Better Utilization

Unified data from the InterSystems IRIS for Health repository ensures that everyone is working with the latest information to streamline use of catheterization rooms, improve interdepartmental communication and efficiency, and nurture a change in culture throughout the hospital. In the catheterization rooms for example, clinical engineers used to take notes on paper and later enter it into the medical record. Now, tablet computers have replaced the paper for direct input into the record. At bedside in the wards, vital signs go directly from instruments into the medical record, and nurses take and automatically upload photos of injuries to the EMR using smartphones to document progress.

Digital Transformation with a Cultural Twist

One of the most significant effects of the digital transformation was on staff members. “We’ve always customized our systems to fit our organization,” says Dr. Okada, “but now our organization has changed. Advanced technology has enabled new workflows that better fit our staff and the organization we want to be going forward. I think this is the very essence of digital transformation.”
 

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。