Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

ダッシュボードと機械学習により、保険機関のケアマネジメントを改善

Physician pointing to tablet screen

 

顧客: 米国を拠点とする大手医療保険会社 課題

どの医療保険会社の会員が緊急治療室や病院に入院しているかをリアルタイムで完全に可視化する アウトカム

30日以内に完成したリアルタイムダッシュボード・アプリケーションと機械学習機能により、臨床審査コストを20%削減する。

アメリカ西海岸の大手ヘルスプランの最高医療責任者は、病院に入院している人をいつでも完全に把握できるようにすることを求めました。 この保険機関がすでにインターシステムズと医療情報交換組織と協業していたため、この組織のデータ・アナリティクス担当ディレクターは「はい、できます」と自信を持って答え、このCMOは「6カ月でできますか」と尋ねました。 その答えは? また、肯定でした。

この医療保険は、西部のいくつかの州で200万人に保険をかけています。 毎日、複数の病院からファックスやメール、電話を受け、そこから救急や入院治療を受けている会員とその場所を毎日「センサス」として集計している。 この情報を活用することが目的です。

  • 医療管理およびフォローアップのための症例の検討と優先順位付け
  • 最適なケアの提供の確保
  • 不必要な検査、治療、入院、または不適切なケアのコストを回避する

医療機関が介入する場合は、入院後24時間以内に医療上の必要性や治療の適切性などの問題を判断する必要があります。 従来の方法では、さまざまな紙を見ながらすべてのデータを合成していたため、時間がかかり、効率的ではありませんでした。 実用的な情報が適切な人に渡ったときには、手遅れになることがよくあります。 これを一変させたのが、ベッドボードのアプリケーションです。

機械学習によるインサイトをリアルタイムで表示するダッシュボード

ベッドボードは、機械学習によるインサイトを強化したダッシュボードアプリケーションです。 これにより、臨床チームとビジネスチームは、急性期医療環境におけるヘルスプラン会員の状況をリアルタイムに把握することができます。 InterSystems HealthShareソフトウェアは、ベッドボードの成功の鍵を握るものでした。

  • 複数の外部データフィードを接続し、自動的に集計します。
  • 受信データに含まれる各プランメンバーを一意に識別する。
  • 受信した電子カルテ情報とプランのクレームデータの統合
  • 下流の分析およびレポーティングで使用するために、すべてのデータを正規化します。
  • クリーンなデータをプランの機械学習アルゴリズムやTableauなどのデータ可視化ツールにフィードする
  • Bed Boardのトップレベルのインタラクティブな表示をドリルダウンするたびに、サポートデータを表示します。

一般的に、リアルタイムフィードのすべてのデータを集約して正規化することは、この種のソリューションの作成において最も時間のかかるステップです。 ヘルスシェアでは、この作業を1カ月もかからずに完了させることができました。

効率性の向上

現在では、会員が救急外来に登録したり、病院に入院したりすると、1分以内にBed Boardが更新されるようになっています。 HealthShareは、受信した電子カルテデータと既存の請求データから会員を特定し、会員レベルの情報をワークキューに配置して、臨床レビュー活動をサポートします。

すべての情報が一箇所に集まることで効率が上がり、ダッシュボードにドリルダウンして各患者の詳細を確認できるため、プランの臨床部門は24時間の目標時間内にレビューを完了できるようになりました。 クリニカル部門は、この情報をもとに、対象地域全体の利用動向を幅広く把握しています。

A screenshot of the Bed Board application that displays inpatient stay information for the past two days.
Updated as HealthShare receives near real-time notifications, Bed Board’s overview display can reveal detailed, aggregated claims and medical information to speed decisions about plan members in emergency departments and hospitals. Machine learning algorithms and pre-populated work queues help focus clinical review teams on the most important cases.

投資収益率を20%向上させる

HealthShareに集約され、正規化され、継続的に更新されるデータストアを持つ医療プランは、ベッドボードアプリケーションに機械学習機能を追加するための基盤を手に入れました。 現在、Bed Boardはユーザーのためにデータを集めるだけでなく、それにインテリジェンスを適用し、ユーザーの作業負荷を軽減しています。

場合によっては、機械学習アルゴリズムは、臨床医を介さずに入院患者の臨床レビューを完了させることができます。 以前は、審査した入院患者のうち20%は明らかに入院が必要な患者でした。 ベッド・ボードは、このようなケースに臨床医が関与することを避け、時間を節約し、臨床審査のための管理コストを実質的に20%削減することができます。

リアルタイムデータを把握することで、より高度なコントロールが可能になる

このプランのベッドボードアプリケーションは、機械学習と縦断的なリアルタイムのケア記録を組み合わせることの価値を実証しています。 リアルタイムでデータを確認でき、何が起こっているのか質問できることは、ゲームチェンジャーと言えます。 これにより、プランは日々のワークフローを理解し、特定の施設や地域で何かが制御不能に陥ったときにそれを知ることができるようになったのです。

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。