Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。

InterSystems Ensemble®が 英国警察を支援し公共安全に貢献

ノースゲート・パブリック・サービス社は、警察のもつ効率性向上への大きなプレッシャを理解していました。20年以上に渡り、同社のパブリックセーフティ部門は、先進的なソフトウェアアプリケーションを英国全土の警察、緊急サービスとその関連部門に提供していました。

今日、警察部隊には、サイロとなった情報を連携させるという差し迫ったニーズがありました。インターシステムズ社が、迅速なインテグレーションと開発プラットフォームInterSystems Ensemble®をノースゲート社に提案した時、ノースゲート社は、顧客である警察向けに、そのコンセプトを紹介するプロトタイプを素早く作り上げました。その結果、警察では、複数の画面とシステムを統合し、これまでのIT投資を保護し、よりよい公共サービスを提供できるようになりました。

課題:

イギリス全国の警察は、彼らの使っている技術を連携させようと努力をしています。これにより、データからより役立つ情報を引き出し、意志決定を支援して、サービスを拡大することができます。特に、警察組織には、その技術を更新するというプレッシャもあります。
警察部隊の若い世代は、インターフェースを統一して、効率のよい運用と簡単に習得できるよう、制御室にある「グリーンスクリーン」システムを更新して欲しいという強い要望を持っています。

全国的に、警察サービスは、NPIA(National Police Improvement Agency: 全国警察改善機関)に、情報とITサービスを統合したコンポーネント化された一定のソリューションの採用を迫られていました。

こうした要求はチャレンジなしには、進めることはできません。「堅牢なITシステムに統合することは、複雑で時間のかかるプロセスで、1社のサプライヤによって動きがとれなくなりかねません」と、ノースゲート社パブリックセーフティ部門のチーフアーキテクト、サイモン・ブレード氏は説明します。

また、サイロとなっているITシステムを更新することは、決して容易ではありません。「警察にある多くの既存システムは、現在でもそのニーズに応えて稼動しているものです。さらに、スタッフのトレーニングや抽出コストは、しばしば、新しいソリューションを導入するのに、大きな壁となります」と、サイモン氏は語ります。

そうした背景から、インターシステムズ社がノースゲートに Ensembleを紹介したときに、そのソフトウェアの可能性は、すぐさま明らかになりました。「EnsembleによるSOAアプローチの適用することで、警察が既存投資を保護し、サイロシステムを連携させてより有用な情報を提供し、あらゆるユーザがシステムにアクセスすることを可能にすることができると思いました」とサイモン氏は、述べています。

ソリューション:

InterSystems Ensemble® は、迅速なインテグレーションと開発プラットフォームです。

最小のコーディングで、Ensembleは、すぐに、全方位から利用可能な(その目的で設計されていなくとも)非常に広範なサービスを提供することができます。複数のインターフェースは、1つに統合され、簡単に使えるフロントエンド、ルールベース・ビジネスプロセスが、このアプリケーションに組込まれました。これにより、ユーザは、複数のデータセットを1つのクエリで抽出することが可能です。

Ensembleのコンポーネント(インテグレーションサーバ、データサーバ、アプリケーションサーバ)は、1つのテクノロジスタックとして使えるように設計されています。これにより、Ensembleは、使用が簡単というだけではなく、市場にある他のインテグレーションソフトウェアに比べ、非常に高速です。

最終的には、Ensembleは、大変効率のよいSOAエンジンであるため(クライアントや各アプリケーションから抽出されたビジネスロジックをもつ)、このソリューションは、変更が柔軟に行え、アプリケーションの追加や削除が簡単に行えます。

インターシステムズUKの取締役グラハム・フロストは次のように述べています。「当社は、Ensembleが、ノースゲート社の早期採用者である警察部隊のインテグレーションの主要なコンポーネントとして採用されたことを大変誇りに思っています。これによって、これまで埋もれていた財産に大きな利益をもたらすことができるでしょう。真に結合された警察の実現と、将来的には全ての政府が結合されるという戦略的な目標が達成されることを期待しています」

利点:

インターシステムズ社は、POC(Proof of Concept)をわずか1週間で行い、ノースゲート社を驚かせました。2社は協力して、Ensembleを使って2つの新しいコンポジットアプリケーションを開発し、既存の警察アプリケーションの機能を利用することを可能にしました。このプロトタイプソリューションは、警察部隊に特化したIIM(Incident Information Management System:事件情報管理アプリケーション)です。「わずか12週間で、警察のユーザグループ向けに実際に動くソリューションの開発・デモができました」と、サイモン氏は述べています。

Ensembleとノースゲート社のコマンド・コントロールにより、GIS(Geographic Information System)とGrazetteer (地名辞典)を統合したIIMは、警察部隊に、多くの利点をもたらしています。

先ず最初に、複数のアプリケーションが、別々のウインドウとして、1つのスクリーンに統合されています。各自は、オリジナルのインターフェーススタイルを使え、オペレータは、キーボードまたはマウスの好きな方法で操作ができます。使い勝手がよいので、アプリケーションを入れ替えるというニーズはなくなりました。

アプリケーションは、また、それぞれが連携し、ユーザにより有益な情報を提供しています。「警察官は、コマンド・コントロールシステムを使って、車の手配をするとします。この単純なアクティビティは、1度に複数の事項の起点となっています。例えば、Ensembleは、GISにスクリーン上での場所の特定を依頼し、社内のナビゲーションシステムにルートを送ります。同時に、犯罪データベースを検索し、その住所での犯罪記録を照会する。詳細は各警察部門に任されていますが、結果は大変早くより多くの情報を提供し、より安全な業務を可能にします」と、サイモン氏は説明しています。

多くのコーディングを必要としないため、Ensembleは、ベストオブブリード・システムへの投資を保護します。アプリケーションは、簡単に追加や削除が可能です。「既存の資産の上に新しい機能を付加することも、全く新規のソリューションを、インクリメンタルに追加することも可能なのです。これにより、「壊して置き換える」というモデルに対する、新たな選択肢を提供することができます」と、サイモン氏は、付け加えました。

今後の予定:

こうした初期の利益に加え、ノースゲート社は、いくつかのEnsembleの付加機能を利用し始めています。ビジネスアクティビティ・モニタリングもその1つです。「Ensembleは、データリポジトリの機能ももっており、全てのアクティビティの監査追跡が可能です。これで、パターンのモニタに役立ちます。出動件数、出動要請元、配車の割合など、あらゆる統計をとることができ、リソースをより効率的に管理するのに有用です」

総じて、ノースゲート社は、Ensembleに大変満足しています。「このシステムはリスクが低く、すぐに使えて、当社の顧客であるそれぞれの警察の要望に、非常に柔軟に対応することができます」

関連するトピックス

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

英国NHS
InterSystems HealthShare® Health Connect Cloud™を使用して、病院の信頼関係を統合し、包括的な電子カルテを実現します。
健康データの集約
Jonda Healthは、多様で標準化されていない医療データを、患者、臨床医、検査機関がよりアクセスしやすく、利用しやすくします。
Harris Associates
InterSystems TotalView For Asset Management ソフトウェアは、ポートフォリオ・リターンの改善、顧客エンゲージメントの向上、リスクの削減、業務効率の改善など、ハリス・アソシエイツが必要とする情報と洞察を提供しています。
月刊新医療2024年1月号 掲載記事
市民の生命と健康を守る” という理念の下、2009年に設立した地方独立行政法人 神戸市民病院機構。
第43回医療情報学ランチョンセミナー レポート記事(月刊新医療2024年1月号掲載)
2023年11月23日、インターシステムズジャパンは「第43回医療情報学連合大会/第24回日本医療情報学会学術大会」にてランチョンセミナー 3「すべてのデータを利用する―医療情報の利活用のためのアーキテクチャと連携基盤」を共催した。演者は、山田英雄氏(藤田学園 )、座長は小誌連載企画「医療DXへの道」筆者の山野辺裕二氏(福岡輝栄会病院)が務めた。山田氏は講演で、スマートホスピタル構想実現に向けた同大学の取り組みや、FHIRで標準化したデータ2次利用連携基盤構築について説明。ここに、同セミナーの講演内容を紹介する。
Personalized Digital Nurse
高齢者は、複雑化する医療ニーズに直面しながらも、圧倒的に自宅で過ごしたいと答えています。 それには理由があります。 自立を維持し、地域社会との関わりを保ち、全体として生活の質が向上できるからです。
臨床検査機関
InterSystems IRIS for Healthへの9ヶ月間の移行により、パフォーマンスが30%向上し、新機能によりパルディーニ社の市場における主導的地位が強化されました。
医療機関・医療情報ネットワーク
驚くべきことに、ある人口における米国の平均余命に関係する上位3つの指標は、介護・老人施設への入居率、精神衛生上の問題、そして歯の喪失率です¹。 これらの指標の背景にある所得水準、介護へのアクセス、ストレス、その他の社会的要因は、遺伝や医療サービスへのアクセスよりも健康に大きな影響を与えます²。 しかし、これまで健康の社会的決定要因には、臨床ケアにおいて十分な注意が払われていませんでした。
保険機関と医療機関は異なる情報システムを使用しているため、患者はその中間に挟まれ、面倒な プロセスでギャップを埋めることを強いられることがあります。
統合デリバリー・ネットワーク(IDN: 医療提供ネットワーク組織)全体の統合
この米国の大規模な統合デリバリー・ネットワーク(IDN)の開発者たちは、個々のジョブを行うだけの統合エンジンに、我慢ができなくなっていました。 10年以上前に古いエンジンをインターシステムズの統合テクノロジーに置き換えましたが、それ以来、このIDNは、インターシステムズのソリューションが、成長力、従業員の時間の節約、コスト削減といった複数の問題を解決しているのを見てきました。 ある1つのプロジェクトだけで、インターシステムは10万ドルを節約したこともあります。インターシステムズの統合技術を利用して提供されるその他の利点には、次のようなものがあります: