Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

相互運用性に優れた InterSystems HealthShare が、よりよい情報とより合理化されたケアを退役軍人に提供

 

VA Healthcare customer story brochure image

特定の電子医療記録(EMR)システムから別の EMR システムへの移行は、決して容易な作業ではありません。米国退役軍人省(VA)では、40 年前に内部で開発された EMR システムから新しい商用オフザシェルフシステムに移行する必要がありました。この移行には、以下のような課題がありました。

  • 複雑性:VA のケアを受けている退役軍人は、退役軍人でない患者と比べて慢性疾患を抱えている人が 3 倍も多くいます。また退役軍人は、VA 外の医師からケアを受けている場合もあります。病歴や社会歴に関する双方向のコミュニケーションなしでは、ケアに関する意思決定が不完全な情報に基づいて下されてしまう恐れがあります。
  • 規模:VA の既存の EMR は、172 の病院と 1,074 を超える外来クリニックで使用されています。32 万人の医療従事者が、900 万人を超える退役軍人にケアを提供しています。各患者のデータは、最後の診療から 75 年間保管する必要があります。
  • 多様性:VA は、旧式の EMR である VistA の 130 種類のインスタンスを運用しており、そのそれぞれに対し、特定の退役軍人らのニーズに対処するための修正が加えられました。

VA としては、Cerner 社が提供する新しい EMR に直接移行することは考えられませんでした。これほどの規模ともなれば、直接移行するのは、素人が自ら心臓移植手術を行うようなものです。リスクが大きすぎます。VA にはもっと別の方法が必要でした。

情報システム間のあらゆる移行を可能にする強力な相互運用性の基盤

医療 IT 分野では、多くの場合は問題に対して最もシンプルなソリューションを採用するのがベストです。そのソリューションが現在から将来にかけてさらに多くの問題を解決するための基盤を提供できるのであれば、なお良いでしょう。VA は、オープンソースソリューションも検討対象に含めて調査を行った結果、必要としていたものをインターシステムズの HealthShare Unified Care Record とその相互運用性テクノロジに見つけることができました。

より優れたデータアクセスとケアを退役軍人に提供
EMR 移行の最初のステップとして、VA は、HealthShare を使用して VDIF EP(Veterans Data Integration and Federation Enterprise Platform:退役軍人データ統合および連携エンタープライズプラットフォーム)を作成しました。VDIF EP は、VA 全体の VistA およびその他のシステムの全インスタンスから臨床データを集約して正規化することにより、すべての退役軍人を対象とした、単一の統合ケア記録を作成します。これは 10 年越しの VA の目標でした。統合患者記録があれば、臨床医は VA と外部の医療提供者の両方から得た退役軍人の臨床データをすぐ、より効率的に活用して、米国の退役軍人に対するケアを直接向上させることができます。

臨床医は VDIF EP のおかげで、特定の退役軍人のすべての病歴に単一のビューからアクセスできるようになりました。複数のサイトから関連するあらゆる臨床データを集める必要はありません。こうして、無駄な時間をかけることなく、患者の状態を合理的かつ包括的に把握できるため、臨床医は患者の診療に集中できます。退役軍人は、長年にわたりケアを受ける中で頻繁に医療機関を受診していて、膨大な記録やデータが存在する場合もあります。そのような場合でも、HealthShare を基盤とする VDIF EP により、1 秒もしないうちに必要な情報にアクセスして入手できます。

クラウドの展開による運用効率の向上
VA では、クラウドファースト戦略を補完するために、オンプレミスのデータセンターからセキュアな FedRAMP 準拠のクラウド環境への移行に優先的に取り組んでおり、Amazon Web Services (AWS) GovCloud 上で VDIF EP を展開しています。この移行の結果、リソースのプロビジョニングが非常に容易かつ簡単になり、ストレージのレイテンシが向上しました。また VA では、複数の AWS 可用性ゾーンやさまざまな GovCloud リージョンでの展開が可能になりました。

Cerner 社システムへの移行と包括的なリアルタイムデータの新しい利用方法

VDIF EP は、医療情報交換(HIE)およびイノベーションプラットフォームとして機能し、統合されたデータ、分析、その他の機能を必要に応じて提供しています。そして、VA で展開されている新しい Cerner 社のシステムに完全な医療記録を提供しています。VA と米国国防保健局には Cerner 社のシステムの複数のインスタンスが存在しますが、VDIF EP ではそれらのデータも統合できます。

VA は、InterSystems HealthShare と VDIF EP の統合ケア記録の新たな使用法も模索しており、他の方法では難しすぎたり、時間がかかりすぎたりしていたことを実現しようとしています。例えば、VA では VDIF EP により、紹介管理および VA 以外の医療提供者との双方向の情報共有の管理を行う Community Care Referral and Authorization システムを高速化し、2018 年の MISSION 法に定められた VA の義務を果たすことができました。

将来的なデータ量の増大にも対応

VA は、VDIF EP により、次世代の医療データ(コネクテッドデバイス、ゲノミクス、新しい画像処理テクノロジ、その他のソースからのデータ)の増大にも対応できるようになりました。HealthShare は、VDIF EP でこれらのデータを規格に基づいて活用し、退役軍人のケアを向上させるための手段を提供します。例えば、最新の HL7 FHIR 規格にも完全に対応しているため、機密性の高い医療記録データを Web 上で共有し、他のアプリケーションで活用することができます。また Cerner 社の EMR と、それを毎日利用している何千人ものユーザや患者に影響を及ぼさずに、臨床研究、公衆衛生イニシアティブ、組織変更などへの新たな道を開くこともできます。

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。
Matching inpatient and outpatient records with HealthShare Patient Index enabled a single view of patient data, joint ventures with other healthcare organizations, and better information flow.
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。