Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

Hunterdon Healthcareでは、HealthShare Patient Indexにより、患者ケアの統一されたビューを提供することができます。

Hospital Doctor With Digital Tablet Talks To Male Patient

 

顧客: Hunterdon Healthcare課題: 患者IDが異なるにもかかわらず、入院患者と外来患者のデータを統

一すること 成果: HealthShare Patient Indexで入院患者と外来患者の記録を合わせる ことで、患者データの単一ビュー、他の医療機関とのジョイントベンチャー、情報フローの向上が可能になる

ニュージャージー州中部に位置する178床の教育病院であるハンタードン・ヘルスケアは、最高のITシステムで運営されている他の医療機関と同様に、いくつかの問題に直面しました。 ITシステムには、電子カルテをはじめ、約100のアプリケーションが含まれています。 Hunterdon社は、統合エンジンと病院登録アプリケーションのユニークな患者識別子を使用して、入院患者システム間のデータ共有を可能にし、同期をとっています。 しかし、この医療システムの60以上の所有および提携する外来施設は、異なる患者識別子を持つ別の臨床EMRを使用しています。

時間の経過、連絡先の変更、情報の欠損、スペルミス、その他のデータの誤操作により、入院患者と外来患者の記録を同じ患者に照合することが困難になる場合があります。 介護やITスタッフにコスト的な影響を与えかねない課題です。 ハンタードンでは、データ統合担当マネージャーのRobin Deal氏と、HIEおよび接続担当マネージャーのJagdish Patel氏が、インターシステムズ社にソリューションを求めました。

HealthShare Patient Indexにより、重要なイニシアチブの進捗をスピードアップ

患者IDの不一致は、ハンタードンの進歩をいくつかの面で遅らせることになりました。

  • 1回のログオンで入院・外来患者のデータを完全に把握することが可能
  • 他の医療機関と共同で放射線画像診断センターを設立すること
  • 外来での疼痛管理歴について、救急部や入院患者の臨床医に注意を喚起すること

ハンタードンは、こうした取り組みや他の取り組みを可能にするため、InterSystems HealthShare Patient Indexエンタープライズ・マスター患者インデックス(EMPI)ソフトウェアを選択しました。

自動的な患者照合と患者データの一元管理

ハンタードンの臨床医やその他のスタッフは、すでに使用しているEMRやその他のITシステムに満足していました。 これらのシステムを、入院・外来診療に対応した単一の「do it all」EMRに置き換えるための推進力も、資金もありませんでした。 その代わりにHunterdon社は、HealthShare Patient Indexを使って、入院患者と外来患者の記録で同じ患者を識別するプロセスを自動化しました。 この記録が一致すれば、Hunterdon市の縦断的なHealthShare Unified Care Recordの一部となる可能性があります。 入院患者用のEMRを使用している臨床医が外来システムの患者データを見る必要がある場合や、外来患者用の臨床医が入院患者データを必要とする場合、ワンクリックで記録全体を丁寧に整理して表示することができるようになりました。 「病院の医師たちは、この変化を歓迎しています」とPatel氏は言います。 「例えば、外来の先進疼痛管理センターから患者さんが入院された場合、病院の医師はその患者さんの投薬履歴の全体像を把握しやすくなります」

 

ジョイント・ベンチャーを円滑に進めるために

ハンタードンの経営陣が、他の医療機関と共同で放射線画像診断センターを設立した際にも、HealthShare Patient Indexを活用することになりました。 「EMRとスケジューリング、外来システムとの間で、オーダーやスケジューリングのメッセージをやり取りしなければなりませんでした」とDeal氏は言います。 「異なる患者IDを扱い、患者を照合することは、HealthShare Patient Indexなしには不可能でした」 ハンタードンの患者は現在、同センターの放射線サービスを利用しており、画像と結果のデータは2つの組織間でスムーズに流れ、それぞれの患者記録に記録されています。

ハンタードン・ヘルスケア データ・インテグレーション・マネージャー ロビン・ディール氏

 

アラートによる患者情報の流れを改善

ハンタードンはは、HealthShare Patient Indexともう一つの製品であるHealthShare Unified Care Recordを活用して、外来EMRであるNextGenと入院患者のシステム間でリスクアラートを配信しています。 例えば、ハンタードンの外来患者であるCenter for Advanced Pain Managementの疼痛管理プログラムに参加した患者の記録は、NextGenに記録されます。 HealthShare Patient Indexは、この指標についてNextGenをモニターしています。 作成されると、HealthShare Patient Indexは、同じ患者が入院患者のEMRに存在するかどうかを判断します。 その場合、疼痛管理のアラートが入院患者のEMRに送信され、次の入院時に使用できるようになります。 また、このアラートは救急医療システムにも伝えられ、救急医療担当者は患者の状態を知ることができます。 診療所の医師は、HealthShareを利用して、現在の投薬、オピオイドの使用、疼痛管理プログラムへの登録などを記録することができます。 「私たちがここで行ったことは、患者さんが医療従事者をより信頼できるようにし、病院内外で一人ひとりに最適な方法で痛みを管理することを可能にします」とPatel氏は述べています。

大型医療センター機能を持つ地域医療システム

「地域医療を担う病院として、また教育機関として、ITサービスに対するニーズは高い」とDeal氏は言います。 HealthShare Patient IndexをはじめとするHealthShareのソリューションにより、ハンタードンはこうしたニーズに応え、大規模な医療センターレベルのスタッフや費用をかけずに、患者が期待するレベルのケアを提供することができるようになりました。 「やることはたくさんあるが、リソースは限られています」とパテルは指摘します。 「HealthShare Patient Indexは、複数のITシステムを取り外して交換することなく、患者情報を統一する上で重要な役割を担っています」


1 - 重複する患者記録の隠れたコスト。 医療財務管理協会

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。