Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

医療DXの事例

~Amcare Women’s and Children’s Hospital~
持続可能な成長を実現するDX

Amcare Brochure Image

DXが世界レベルの医療提供を支える

Beijing Amcare Women’s and Children’s Hospitalは、2006年の創立以来、婦人科、産科、小児科など7つの分野で高品質のサービスを提供する優れた民間医療機関としてその地位を確立しています。同病院は、女性と子供に医療を提供する国際的なトップブランドとして継続的な改善と成長を続けるためには、DX(デジタルトランスフォーメーション)が最良のアプローチであると考えています。この目標を達成するために、Amcareは過去数年間、医療と情報技術の統合に投資して調査を行ってきました。

Amcareのような医療機関は、単にデータを保存するだけではなく、データを活用して、患者ケアの質の向上、再入院の削減、業務効率の向上、コストの削減を達成する必要があります。より洗練された新たなデータを確保することによって、それらのデータから、病院の業務の改善に不可欠なより深い洞察を引き出すことができます。この課題に対処するため、Amcareは、集約および正規化された「クリーン」なデータをリアルタイムで確保するための基盤として、インターシステムズのデータプラットフォームを導入しました。この導入により、Amcareは効率的で信頼性の高いITシステムの確立に成功し、このシステムを通じてより適切な意思決定と病院経営をサポートしています。

医療DXが効果的な意思決定を推進

経営の成功と今後の成長はクリーンなデータをいかに活用するかにかかっているため、Amcareは、データ駆動型の意思決定に着目した企業文化を維持しています。たとえば、病院の管理チームは、データ分析会議を毎月開き、業務データと品質管理データを多面的に分析しています。この会議を通じて、Amcareネットワークのすべての関連病院の業務と医療の質について、より深い洞察が得られます。

しかし、以前はそうではありませんでした。データ分析システムの本稼働前は、すべてのレベルの事業単位で、データの確認と統計の計算に多大な時間と労力が費やされていました。病院ごとにデータ統計の定義や標準が異なるため、管理や意思決定が困難でした。

この問題に対処するため、Amcareのすべての事業単位で標準化活動を実行し、データ、ソース、統計サイクル、検証プロセスの定義を統一しました。さらに、InterSystems IRIS for Health™ データプラットフォーム上に構築した統合医療情報システム、InterSystems TrakCare® を展開することによって、任意の時点における臨床情報、管理情報、財務情報を包括的かつ詳細に表示できるようにしました。こうしてAmcareはデータを統合し、現金収入や年収などのさまざまな変数に基づいてデータを分析できるようになりました。

「Amcareでは、常に新たなテクノロジやアイデアをITの運用に積極的に組み込んでいます」と、AmcareのCIO、Jinjun Cao氏は語っています。

次にAmcareが取り組んだのは、インターシステムズの機能を基盤とするビジネスインテリジェンス(BI)システムの開発です。さらに、このデータプラットフォームを活用してリアルタイムにデータ分析を実行できる「モバイルコックピット」アプリも作成しました。このアプリにより、企業や病院のリーダーは業務を即時かつ継続的に可視化して、待ち時間、入院数、連結年間病院指標、総現金収入などに関するビジネスプロセスに直接介入することができます。経営陣は場所や時間を問わず、より多くの情報に基づいてデータ駆動型の意思決定を行えるようになるため、Amcareのデジタル移行が加速されます。

インターシステムズのデータプラットフォームを通じて、Amcareは、より直感的、包括的、かつ多面的にデータ分析を実行し、BIを意思決定にまで拡張しています。統一された一連のデータが確保されたことで価値の最大化が促進されます。これにより、リーダーは組織全体でより適切な選択を行って業務を改善でき、組織はより優れたサービスを提供することができます。Cao氏はこれを「医療ITの自然な進化」と述べています。

データの収集と保存と同じように、データの分析と処理も安全かつ効率的に行うことが重要です。つまりデータは、公立・私立の別を問わず病院の持続可能性の原動力となるエンジンなのです。Cao氏は次のように語っています。「インターシステムズのデータプラットフォームによって、ビジネスイノベーションを迅速かつ柔軟に展開する能力を獲得できました。このプラットフォームは超高速のパフォーマンスを提供し、リアルタイムのトランザクション処理とオンライン分析の両方をサポートしています。実用的な洞察を得て、最終的にデジタルトランスフォーメーションを実現するというAmcareの目標達成に不可決な機能を備えているのです。事実、今ではインターシステムズのプラットフォームは、デジタルケア、デジタルクリニック、デジタルセキュリティ、デジタルマネジメント、デジタルビジネスイノベーションに向けたAmcareのデジタル戦略の必須要素となっています」

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。