Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

病院や部門の壁を越えて臨床医にアラートを発信:
大学病院プリマスNHSトラスト

大学病院プリマスNHSトラスト(UHP)では、InterSystems HealthShare® Health Connectを活用して、複数のシステム間での重要なデータフローを強化し、臨床医へのアラートの発信と、病院内でCOVID-19の診断を受けた患者の管理に役立てました。SARS-CoV-2ウイルスの検査を受けた患者を表示する病床管理システムSalusを活用し、パンデミックに迅速に対処してきたのです。

検査が実施されて陽性の結果が出ると、臨床医と病院職員にリアルタイム自動患者アラートシステム(RAPA)から適宜通知が送られ、患者を適切な病棟に移して的確な医療を提供できます。トラストでは現在、患者が救急科に入院したり、指定された処置を受けたとき、あるいはすでに入院中の患者に症状が現れたときに、必ず患者の検査を実施しています。陽性の診断を受けた患者は全員、トラスト内の特別な隔離病棟に移されます。これは、COVID-19と診断された入院患者と接触したり同じ病室にいたりした他の患者の検査を迅速に実施するためにも役立ちます。

さらにこのトラストでは、患者に実施したCOVID-19の検査に関する統計もリアルタイムで提供されます。これらの統計は、パンデミック発生時の疾病の追跡、監視、報告のためにきわめて重要です。

Patient List View and Status in Salus
Salusの患者一覧ビューとステータス

Salusでは、部門別のシステムでは提供されないような、リアルタイムの患者情報を表示できます。こうした機能は、別々の病棟に勤務する臨床医にとって特に重要です。顧問放射線科医師のMac Armstrong氏は次のように述べています。「最も重要なことは、私たち臨床医が最新の情報を確実に入手できることです。これまで以上に、検査結果をいつまでも待っている余裕がなくなってきたのです。」

UHPはさらに、より幅広い地域の患者が対象となるよう、Salusとアラート機能を拡張しました。たとえば、近隣のナフィールド病院(パンデミック発生時にNHSのために医療を提供してくれた私立病院の系列)に入院している患者や、Livewell Southwestが運営している地域病院の患者です。

医療グループ改善リーダーKathryn Taylor氏は次のように述べています。「SalusシステムとCOVID-19のアラートは、私たちにとってかけがえのないものです。複数の施設の患者の居場所を一目で確認して、すべての医療提供者の安全を可能な限り確保しながら迅速に対応することができるからです。このパンデミックで、テクノロジと技術チームが前線医療を強力に支援できることを実感しました。」

Ward Summary View in Salus
病棟でのSalusの使用に関する概要

Livewell Southwestのデータおよびシステム開発リーダーAllison Cragg氏は次のように述べています。「このシステムを立ち上げるためにLivewellとUHPの間で行った共同作業は、とても充実していました。Salusは素晴らしいツールです。関係するすべての地域で導入が進むことを願っています。」

UHPの統合およびソリューション設計者Sue Bracey氏は次のように述べています。「UHPの統合チームは、UHPの仲間やLivewellと密接に連携し、病床管理システムSalusを地域病院での使用に向けて短期間で開発することができました。InterSystems HealthShare® Health Connectを革新的な方法で使用することにより、担当区域全体でのリソースの可視性を高めることができ、COVID-19の患者の現在の病状をはじめとする情報をリアルタイムで提供して患者の引き継ぎと治療に役立てることができました。」

大学病院プリマスNHSトラスト(UHP)は、英国の南西半島最大の病院で、二次および三次の総合医療を提供しています。UHPが二次医療の提供を担当する地域の人口は450,000人で、さらに広域にわたる半島の住民およそ2,000,000人がUHPの専門医療サービスを利用しています。この地域の住民の特徴は多様性があることで、農村部と都市部、富裕地域と貧困地域の格差があり、健康や生活に関して住民が期待していることにも大きな開きがあります。

www.plymouthhospitals.nhs.uk

 


この事例は、こちらからもご覧頂けます(英語)-2020年7月10日-HealthShare Connections News Flash No.3: COVID-19 Pandemic newsletter

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。