Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

中国の病院グループのために果敢にも実行された重要な実装作業

COVID-19のパンデミックが起きて最初のうち、中国のほとんどの人々はできるだけ病院に寄りつかないようにしていました。ですが、アウトブレイクが深刻化し、各地で外出禁止令が出されるようになったとき、インターシステムズから1つのチームが前線に駆けつけました。

https://www.intersystems.com/isc-resources/wp-content/uploads/sites/24/brave_but_crucial-thumb-300x214.jpg

Amcare美中宜和婦児医院グループ(Amcare’s Women’s and Children’s Hospital’s Baodao campus)の北京宝島婦産医院で、TrakCareの実装作業を行うために6人の社員がキャンプを設営しました。彼らの仕事はかつてないほど重要なものでした。パンデミックが拡大していく中でも、臨床医たちは女性が妊娠から出産まで無事に漕ぎつけられるようにするという、この専門医療グループの大切な任務を果たさなければなりませんでした。何があっても、赤ちゃんが生まれるのを止めるわけにはいきません。そしてこの任務を果たすには、重要な情報に容易にアクセスできることが必要でした。

「私たちは医療従事者たちが持ち場にとどまってウイルスと戦うのを見てきました」と、インターシステムズのアジア太平洋地域担当責任者Luciano Brustiaは述べています。「彼らのおかげで、中国の人々に必要な医療が提供されているのです。」

2月に技術専門家、アプリケーション専門家、プロジェクトマネージャをはじめとする社員たちが、現地にいる3人の技術者と協力して実装作業を行いました。彼らは安全に作業を行うためにフェースマスクを着用し、公共交通機関の利用は避けました。2月の終わりに病院内でのTrakCareの運用を開始し、妊娠検査やその他の産婦人科、小児科、生殖医療の診察を行う医師たちを、パンデミックの最中にも休みなく支援することができました。患者のために医療を提供する臨床医の任務がこれほど急を要し、危険を伴うことはかつてありませんでしたが、このプロジェクトはそうした臨床医に不可欠なITツールをもたらすことになりました。

実装後の数か月間、インターシステムズの社員は中国の医療機関のお客様と連絡を取り続け、TrakCareのエキスパートが24時間態勢で技術サポートとオンサイトサービスを提供し、リモートでの調整を行いました。

Amcareの北京宝島婦産医院での実装作業は、この私立病院グループとインターシステムズの間で2016年に締結されたパートナーシップに端を発していました。この2月までに、TrakCareはすでに北京の3つの施設と1つのクリニックで運用を開始していました。Amcareとインターシステムズは、同社が最近買収した宝島の施設で、統合された医療情報システムが一刻も早く必要とされていることを認識していました。TrakCareは、運用が開始されれば臨床、管理、財務に関する信頼できる唯一の情報源となり、臨床での意思決定を強化して医療におけるコラボレーションを支援するための洞察を得られるようになるのです。

この実装作業は、中国がまさにCOVID-19との戦いに苦しんでいる中で行われましたが、このパンデミックから遠く離れた未来も見据えており、次世代の子供たちをパンデミック後の世界に無事に送り出すために役立っています。


この事例は、こちらからもご覧頂けます(英語)-2020年7月10日- OnTrak News Flash No.5: The Fight Against COVID-19 newsletter

関連するトピックス

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。