Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

サイロ化し分散したデータへのアクセスを改善することが、2022年における金融技術担当役員の最優先課題であることが調査で判明

金融業界のリーダー250人を対象とした調査では、データの接続が2022年のイノベーションを阻む最大の障壁の1つであることが判明

マサチューセッツ州ケンブリッジ、2022年3月9日 - 拡張性、相互運用性、スピードといった最も重要な問題の解決を支援する創造的なデータテクノロジープロバイダであるインターシステムズは、金融サービステクノロジーの経営者を対象とした総合調査を最近行い、金融機関がエンタープライズデータを使用してビジネスチーム全体に実用的な洞察をもたらす方法を探りました。本レポートは、Worldwide Business Researchのカスタムリサーチ部門であるWBR Insightsが作成し、FIMAカンファレンスシリーズで発表されたもので、「Empowering Line of Business Users Through Data Democratization」と題されています。

WBR Insights の調査チームは、米国とカナダの 250 名の財務責任者を対象に調査を行い、本レポートで紹介する結果を導き出しました。

この報告書から、研究者は次のような重要な洞察を得ました。

金融リーダーの62%は、サイロ化し分散したデータへのアクセスの改善が今後12ヶ月間の最重要データイニシアティブの1つになると回答し、54%はデータサイロをイノベーションの最大の障壁の1つと挙げています。

金融機関においてイノベーションを阻害するその他の要因としては、社内の関係者からの賛同の欠如(49%)、予算の制約(45%)が挙げられます。

財務リーダーの55%が、データ駆動型組織の構築を可能にするテクノロジーの導入が、データ関連の優先事項のトップ3に含まれていると回答しています。

この調査では、ほとんどの金融機関が組織全体でのデータ利用方法を改善するための措置を講じているにもかかわらず、データにアクセスしやすく使いやすい状態にすることに苦労していることが示されました。金融機関のリーダーの85%は、ITスタッフが、他のスタッフが必要なデータや洞察にアクセスするのを支援するために、25%から50%の時間を費やしていると回答しています。また、非技術系ユーザーが組織全体で企業データを活用できるようにするためのツールの導入にも苦戦しています。

金融業界のリーダーの3分の1以上(37%)が、現在のデータ管理テクノロジースタックに満足していません。したがって、今後12ヶ月の間に、回答者の34%はデータの可視化を提供するデータ管理技術を導入し、32%はビジネスユーザのセルフサービスを提供するデータ管理ソリューションを導入する予定です。

金融機関は、データサイロの解消、厳格なデータ品質基準の設定、組織全体で利用できるデータの民主化のための措置を講じる必要があります。本レポートは、汎用性の高いデータ管理技術の重要性を明確に示しており、データの最大限の活用を目指す金融機関にとって必読の書です。

インターシステムズの金融サービスソリューション部門責任者であるマイケル・ホムは、次のように述べています。「ライブデータを活用して "その場 "での意思決定を行い、ビジネス360や顧客360といった重要な取り組みを推進する能力は、金融業界のリーダーにとって欠かせません。しかし、今回の調査では、大多数が現在これらの目標を達成できていないことが明らかになりました。データサイロを橋渡しし、ビジネスセルフサービスと分析機能を提供する次世代データ管理ソリューションを採用することで、ビジネスリーダーは企業データへのアクセス、共有、解釈、活用を容易にし、現在直面している課題を克服することができるようになります。」

企業データの民主化の方法について詳しく知りたい金融データリーダーは、無料でレポートを こちらからダウンロードすることができます。

インターシステムズについて

1978年に設立されたインターシステムズは、ヘルスケア、金融、製造、サプライチェーンの各分野における重要なデータ構想のためのテクノロジーを提供するリーディングカンパニーであり、世界のトップ銀行の多くでプロダクションアプリケーションが採用されています。クラウドファーストのデータプラットフォームは、世界中の大企業が抱える相互運用性、スピード、スケーラビリティの問題を解決します。

インターシステムズは、受賞歴のある24時間365日の顧客サポートを通じて、卓越したサービスを提供します。パートナーは80カ国以上に存在し、インターシステムズ社は、マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置く民間企業で、世界中に25のオフィスを構えています。詳細については、InterSystems.com/jp/Financialをご覧ください。

WBRインサイトについて

WBR Insightsは、B2Bに特化したカンファレンスの世界的リーダーであるWBR(Worldwide Business Research)のカスタムリサーチ部門です。調査に基づいたホワイトペーパーからベンチマークレポート、インフォグラフィックス、ウェビナーまで、様々な業界のグローバル機関が戦略的目標を達成しながら主要なステークホルダーに情報を提供し、教育できるよう支援することを使命としています。

詳しくは、 www.wbrinsights.com をご覧ください。

FIMAについて

Financial Information Management (FIMA) は2005年にスタートし、米国における金融サービスのためのデータ管理に関する主要なイベントとなっています。FIMAは、データ管理の参考イベントとして生まれましたが、さまざまな種類のデータが、管理すべき新たなリスクと活用すべき機会を生み出していることから、急速に多くのことをカバーするように成長しました。FIMAでは、毎回145社から425名以上のゲストをお迎えし、3日間のコンテンツと12時間のネットワーキングを開催しています。FIMAが主催するセッションやディスカッションは毎年、データマネジメントのトッププロフェッショナルが担当し、いずれも企業全体のデータマネジメントの取り組みにとって基本的に重要なトピックを扱っています。私たちは、お客様が毎年、ビジネスにますます大きなインパクトを与えることができるよう、全力でサポートします。

詳しくは、 fimaus.wbresearch.comをご覧ください。

インターシステムズに関する最新ニュース