インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

インターシステムズ、Vulcan FHIR® ACCELERATOR™ プログラムに参加し、ライフサイエンス分野への相互運用性の拡大を支援

臨床研究におけるFHIRデータ共有機能開発のためのマルチステークホルダーによるイニシアチブ

 

マサチューセッツ州ケンブリッジ―2021年3月31日 - クリエイティブなデータテクノロジープロバイダーであるインターシステムズは、本日、 Vulcan FHIR® ACCELERATOR™ プログラムに正式に参加したことを発表しました。これは、臨床研究者の相互運用性を高めるために HL7®(Health Level Seven® International)が立ち上げたマルチステークホルダーによる新しいイニシアチブです。

このイニシアチブは、HL7 FHIR® (Fast Healthcare Interoperability Resources)の機能を臨床ケアだけでなく、臨床研究への利用拡大を目指すもので、政府・規制機関、標準化団体、学術機関、ライフサイエンスおよびテクノロジー企業のリーダーとともに、インターシステムズはこのイニシアチブに参加します。こうした努力により、研究データを臨床ケアデータと組み合わせることで、最終的には「学習する医療システム(learning health system)」注1を促進し、患者治療のアウトカムを改善し、臨床およびトランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)注2の効率化を図ることができます。

医療のデジタル化に伴い、電子診療記録の規格(EHR)が急速に普及している一方で、創薬・承認プロセスは遅れています。タフツ大学医薬品開発研究センター(Tufts Center for the Study of Drug Development)が最近発表した 調査によると、処方薬の開発から市場承認までにかかる費用は、製薬会社で26億ドルと推定されています。臨床現場からEHRデータを効率的に取得することは、ほとんどの臨床研究者にとって課題となっており、病気に対する新しい治療法の発見が長期化し、コストがかかることにつながっています。Vulcan FHIR ACCELERATOR Programは、FHIR規格によって臨床データの共有と再現を最新化し、臨床研究者の橋渡し研究による知見の発見を促進することで、こうした遅延を軽減することを目的としています。

このプログラムの一環として、インターシステムズは、保険機関(Payer)、患者、学術医療センター、その他の医療機関の間で統一された医療記録の交換と提供を促進してきた豊富な経験を生かし、EHRからの実世界のデータを、最新の治療法を研究している臨床研究者に渡すためのツールを構築します。また、インターシステムズは、データ収集のポイントから臨床研究機関へのデータ交換を効率化するための新しいソリューションを試験的に提供する予定です。

インターシステムズのヘルスケア・ソリューション担当副社長であるドン・ウッドロックは、以下のように述べています。「クリーンで、集約され、標準化されたデータは、臨床治療には不可欠であり、効率的な医学研究のバックボーンでもあります。当社は、Vulcan FHIR ACCELERATOR Programに参加し、他の著名な関係者と協力して、EHRからのデータを適切に臨床研究者に提供し、この『統一された研究記録』を活用して、ヘルスケアにおける画期的な治療法の発見に貢献できることを誇りに思います。」

HL7 InternationalのCEOであるチャールズ・ジャッフェ博士(医師)は次のように述べています。「Vulcan FHIR ACCELERATOR Programにインターシステムズ社を迎えることができ、嬉しく思います。彼らの経験を活かして、臨床研究者が重要なヘルスケアデータをより効率的に取得・交換できるようになることを期待しています。」

2018年、インターシステムズは、 HL7® Da Vinci Project(HL7®ダビンチ・プロジェクト)に参加しました。このプロジェクトは、臨床データを利用して価値に基づくケアの支払いモデルに移行することで、保険機関と医療機関の協業をよりよくすることに特化した、もう一つのマルチステークホルダー・イニシアチブです。過去10年間、インターシステムズは、業界のリーダーや医療ITの技術専門家と積極的に関わり、コミュニティ間のデータ交換をサポートする標準としてFHIRの採用の促進に貢献しています。

* リリースは、米国InterSystems Corporation が発表したプレスリリースの翻訳版です。詳細は、 こちらをご覧ください。

(注1) 学習する医療システム(learning health system):医療を実施しながら臨床データから知識を得て医療を改善する医療組織
(注2) トランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究):基礎研究から有望な知見を選び、医薬品や医療機器開発の試験から臨床研究までの行程を一体的行うことで、効率的・効果的に実用化につなげる研究

 
Health Level Seven® International (HL7)について
Health Level Seven® International (HL7)は、ANSI認定の非営利の標準化団体であり、グローバルな医療の相互運用性を高めることを使命としています。世界30カ国以上に支部があり、HL7のグローバルメンバーは、誰もが必要な時に必要な場所で適切なデータに安全にアクセスし、利用できる世界を目指しています。ベンダーや医療システムに広く導入され、世界中の統治機関から要求されているHL7標準規格は、HL7® FHIR®(Fast Healthcare Interoperability Resources)、Version 2 (V2)、CDA®(Clinical Document Architecture) など、医療情報テクノロジーのためのソリューションを提供しています。詳細については、こちらをご覧ください。 www.HL7.org
日本HL7協会については、こちらをご覧ください。 http://www.hl7.jp/

インターシステムズについて
1978年に設立されたインターシステムズは、医療、金融、物流、その他の分野で、最も重要な情報を必要とする組織に、革新的なデータソリューションを提供するリーディング企業です。そのクラウドファーストのデータプラットフォームは、世界中の組織が抱える相互運用性、スピード、スケーラビリティの問題を解決します。インターシステムズは、世界で最も実績のある電子診療記録を提供して、病院でのデータ管理を支援しています。また、医療データ統合ソリューションの強力なスイート製品を提供して、医療システムや政府の統一医療記録の開発・サポートを行っています。80カ国以上の顧客やパートナーに対して、定評のある24時間365日のサポートと卓越したサービスを提供しています。インターシステムズ社は、マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置く 株式非上場企業で、世界各地に25のオフィスを有しています。
詳しくはこちらをご覧ください。 InterSystems.com/jp/

 

関連するトピックス

インターシステムズに関する最新ニュース。