Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

生き残りにはアジリティが必要: アプリ開発の加速に最適

CIO、IT組織は、デジタル時代における近代化イニチアチブに従い、事業部の課題と機会を支援するというチャレンジに対面しています。IDC は、2021年までに、デジタル的に拡張された製品サービス、運用、リレーションシップによる成長によって、少なくとも60%のグローバル GDP がデジタルによるものになると予測しています。今日、最も生き残れるものは、サイズや強みではなく、変化する能力に関係しています。より早く行動、適合し、機会を奪い、アジャイルであることが求められています。

企業は新しいデジタルプラットフォームの創造が必要で、それによって、社内システム、顧客、その他からの増大し続けるデータの収集、分析、共有が可能になります。すべてのデジタル変革のビジョンは、2020年の競争要求に合致した近代的なアプリケーション開発と戦略の構築にかかっています。近代的なアプリケーションアーキテクチャは、基本的な技術コンポーネントとして API、マイクロサービス、コンテナを有しています。

その結果、アプリケーション配備にパラダイムシフトが起きています。これは、何のアプリケーションか、どのように開発、配備、更新されたかという点における変化を意味します。また、開発されるアプリケーションの数と規模における段階変化が増大したことを意味しています。IDC では、この4年間で、1億以上の新しいアプリケーションが EMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカ)企業によって開発されると予測しています。これは、過去40年と同じ数になります。

こうした「ハイパーアジャイル・アプリ」は、モジュール化、分散化され、継続的に更新され、クラウドネイティブ技術(コンテナ、マイクロサービスなど)を活用しています。将来は、個別化されたアジャイルでインテリジェントなアプリが、エンド顧客において、すべての中心となります。

クラウドネイティブアプリケーションアーキテクチャにおけるこうした変化は、開発、IT 運営チームに、より早く効率的にアプリケーションの開発配備をするよう変革を求めています。アジャイル、DevOps ルーツや手段は、すべてのエンタープライズにとってデフォルトになっています。すでに DevOps を適用するしないの問題ではなく、DevOps を正しく行い、エンタープライズの中で拡張していくということが重要です。

ビジネスにおけるアジリティとビジネスイノベーションは、DevOps の適用に明らかに利益があり、開発者の生産性向上の魅惑を凌駕しています。DevOps は、ツールではなく、また、技術でもないことを忘れないでください。これは、ビジネスリーダーシップ、文化、戦略に基づく人、プロセス、技術のインターラクションです。

疑いなく DevOps は、主流です。EMEA 60%を少し上回る組織が、今、DevOps に取り組んでおり、非常に進んでいる企業もあります。エンタープライズ規模での DevOps は、まだ始まったばかりと言えるでしょう。平均では1/3をやや下回る(31%)エンタープライズアプリケーションが、この手法によって開発、配備されています。

DevOps 変革と自動化は、今後も重要度が増してくる一方、組織は、素早く安全な開発とソフトウェア提供能力という点で、より優れたパフォーマンスを追求するというチャレンジに挑んでいます。事実、DevOps 手法を採用した60%の欧州組織は、大きな規模における DevOps の達成に苦しんでいます。根本的には、サイロ化されたチーム、システム、プロセスが残っています。大きな進歩はしている一方、IDC は、62%の組織は、DevOps を実現するプロセスにおける次の最重要課題として、Dev(開発)とOps(運用)の統合に注力しています。

DevOps に軸を置く事は、文化、運用上の変化を推進し、エンジニアリングと開発チームをビジネスと統合させ、イノベーションを加速するフレームワークを提供します。DevOps をフルに採用する欧州組織は、これまでの手法よりも、50-100倍イノベーションを、推進します。

アプリの提供の加速ができ、DevOp s指導者(または、IDC が推奨する” DevOps Determined( DevOps を決めた)”組織)になるには、成功へのゲームプランが必要です。

1.協力したアジャイルチーム: 組織は、求められる組織的文化的変革を実現する自信をもつこと

2.継続した統合と提供モデル:組織は、開発パイプラインのどこに価値が付加されるか理解し、制御するプロセスの最適化をするようチームを鼓舞する

3.自動化プロセスの使用と拡張: 統合、拡張されインテリジェントな自動化へのシフト。組織は、開発と運用チーム両方にとって、開発パイプラインにおける自動化ステップに対するオープンな態度をもち、継続的に繰り返す。

4. 強いビジネスリーダシップ:技術への投資予算プロセスを最適化する強いビジネスリーダーシップチームを置き、購買とイノベーションを促進する。

5. IT要求(コンプライアンス、セキュリティ、ビジネスの継続性、標準化)とビジネスニーズ(協力、拡張、スピード、俊敏性)、に合しするモダンアプリアーキテクチャおよび強力な技術基盤へのシフト

アプリケーション資産の変革を推進する能力は、組織にとって最も重要なビジネス目標の1つです。ええ、アプリケーションの近代化は、少なくともここ5年においては、エンタープライズにとってトッププライオリティでした―しかし、これ以上で重要であるものはありませんでした。非常にシンプルに言えば、エンタープライズがアプリケーション開発能力の変革に失敗するリスクは、なくなりました。すべての組織は、新しい運用構成、メトリクス、さらなるIT投資を受け入れる必要があります。組織は、この新しいものに投資すべきで、同時に、古いものを変革させ近代化させてゆくことです。賢い組織は、より協調的で自動化された仕事から学び、これを組織にさらに適用しています。

 

Jennifer Thomson ジェニファー・トンプソン

IT業界で20年以上の経験をもつ ID Cシニアリサーチディレクター。
ヨーロッパでの IDC “ Accelerated App Delivery Practice ”を牽引し、アプリケーションアーキテクチャ近代化への変革をする投資戦略および意思決定におけるインサイトを提供。彼女のリサーチでは、デジタルエコノミーにおけるアプリ開発および配備における新しいルールを見出し、これが、IT組織構造、文化、プロセス、ツール、スキルセットに影響を与えている。さらに、彼女のリサーチは、クラウドファースト、DevOps、アジャイルソリューション提供を可能にするエンドユーザ戦略、投資プライオリティ、KPI などを明らかにした。

IDC に入社前は、コンパックコンピュータ EMEA でシニアリサーチアナリストとして従事。英国 Sheffield Hallam University およびドイツ Pforzheim Fachhochschule において、国際ビジネス(ドイツ)専攻の学位を有す。
 

あなたが好きかもしれない他の投稿

InterSystems IRIS 2022.1では、いくつかの重要な領域が改善され、アプリケーション開発者がこれまで以上に簡単かつ強力にデータを活用できるようになります。
Director of Product Management - Data Platforms, System Development
Learn more about how to solve the data silo problem within your organization and the benefits you can unlock by harnessing disparate data in this recap of a webinar presented with the Economist.
Global Head of Product and Industry Marketing