インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

IndustryWeek: 機械学習のハードルは高いがすぐに下がる

この記事は IndustryWeek に掲載されたものです。

自動化の新しい波は製造業に革命をもたらすと予測されており、世界中の組織が機械学習と人工知能(AI)ソリューションに投資し、生産のあらゆる段階を改善することを目的にしています。製造業は最低限のコストで高品質の製品を生産することを目指しており、多くの企業が機械学習を生産の合理化、製品品質の向上、従業員の安全性の向上などのための方法として捉えています。

導入サイクルにおいてはまだ早い段階ですが、機械学習はすでに 計画外の機械のダウンタイムを減らす役割を果たしており、予知保全にも大きな影響を与えることが期待されています。メーカーは、異常を素早く特定して故障や故障を未然に防ぐことができ、企業にとって非常に価値のあるものとなっています。実際、マッキンゼーは、AIを活用した予測保全は、製造業に5,000億ドルから7,000億ドルの価値をもたらすと 予測しています
Indsutry Week で続きを読む(英語)

 
ジェフ・フライド
インターシステムズ プロダクト・マネージメント ディレクタ。長期に渡りデータ管理の分野に注力し、特に、優れたデータ駆動型アプリケーション開発に情熱をもって支援をしている。インターシステムズに入社以前は、BA Insight、Empirix、TeloquentでCTOを務め、また、FAST Search、Transfer、Microsoftで、プロダクト・マネージメントを率いた。データマネージメント、テキスト分析、エンタープライズサーチ、相互運用性の分野で豊富な経験を持つ。業界で多くの講演や取材を行っており、15の特許をもつ。また、50以上の技術論文の著者であり、3冊の共著がある。

 

あなたが好きかもしれない他の投稿。