インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

資本市場企業が不確実性の高い時期にリスクを軽減するには?

現在、COVID-19パンデミックのような外的要因は、世界経済がますます不安定になっていることを意味し、資本市場の企業は、リテールおよび機関投資家の両方のユーザーが中断することなく取引を継続できるようにするために、これまで以上に努力しなければならなくなっています。

こうした金融機関が不確実性の高い時代にリスクを軽減するためには、運営上の対応力の獲得、リスク軽減戦略の実施、適切なテクノロジーの導入が、顧客に価値を提供し続け、規制を遵守し、競合他社に先んじて、そして最も重要なことは信頼を維持するために不可欠となります。

このような状況を考えると、既存の企業がインフラをアップグレードしなければならないというプレッシャーは増すばかりですが、その際には課題も残っています。パンデミックは、組織が新技術を採用し始めるための要となったかもしれませんが、リスクを軽減するだけでなく、将来に備えて資本市場を準備するためには、克服すべき障壁が存在し、ベストプラクティスを見つける必要があります。

レガシー技術の置き換え

リスクを軽減するためには、データを迅速かつ容易にアクセスできるようにすることが重要です。多くの資本市場会社にとって、これはインフラに大量のレガシーテクノロジーがあり、結果的にデータがサイロ化しているために苦労している分野です。

これらの異種システムを接続することは、現在抱えているパフォーマンスの問題を解決し、例えば大量のリモートワークなどの状況に対応するだけでなく、将来的にはそれらのシステムと共に成長できるようにするためにも不可欠です。

そのためには、シームレスに実行、拡張、クラウドへの拡張が可能なソリューションを採用する必要があります。レガシーなインフラストラクチャを置き換えることで、新しい技術や革新的なアクセスを提供し、貴重なデータを豊富に活用できるというメリットがあります。

また、これらのソリューションは、資本市場会社が機敏に新技術やサービスを活用し、既存のインフラにそれらを取り入れることができるように、場所にとらわれないものでなければなりません。

将来への投資

これらの機関がレガシーテクノロジーのリプレースを検討する際には、2つの重要な分野に投資を集中させる必要があります。

まず、市場の急拡大に合わせてスケールアップできることは非常に重要であり、大きな差別化要因となり得るため、プラットフォームのスケーラビリティに投資すべきです。このスケーラビリティは企業に競争力を与え、最近ではそのスケーラビリティだけで市場シェアを獲得した企業もあります。

第二の投資分野は、手作業による集中的な作業をサポートし、場合によっては軽減することができるアナリティクスと自動化にあるべきです。アルゴリズム取引やカスタマーチャットボット技術の増加はすでに見られますが、金融サービス業界の多くの組織では、不正検知やコンプライアンスなどのプロセスを自動化するためにAIを使用しています。

時間のかかる手作業に費やす時間が減ることで、資本市場会社は、顧客のためのより付加価値の高いサービスに注意を向けることができるようになります。AI を活用することで、不正防止のためにパターンやそのパターンの異常をはるかに早く発見できるようになると同時に、ヒューマンエラーのリスクを減らすことができるようになります。

リアルタイムデータへのアクセスを得る

資本市場会社では、リアルタイムのデータにアクセスすることができるようにする必要性が高まっています。これにより、より時間に敏感なレポートを作成できるようになり、適切なビジネス上の意思決定を行い、規制要件をよりよく遵守することが可能になります。

データファブリック

データファブリックは、摩擦を軽減するための支援をしながら、あらゆるデータ管理において急速に重要なトレンドになりつつあります。データの正確性、可用性、アクセス性を向上させ、資本市場がこの不確実性の時代を乗り切るためにも考慮する必要があります。

最新のテクノロジーを使用したデータファブリックは、組織がデータガバナンスをよりよく把握し、データがクリーンで正確であることを保証し、適切な場合にはデータを調和させ、アクセスしやすくするのに役立ちます。これらすべてが、データからより多くの価値と洞察力を引き出し、企業と顧客を前進させるのに役立ちます。

資本市場の企業が生き残るだけでなく、繁栄するにはどうすればよいでしょう。

資本市場の企業がこの変動期を乗り越えて長期的に繁栄するためには、分析と自動化に焦点を当てた最新のテクノロジーを導入して、アジリティを取り入れることが不可欠です。これにより、データを活用し、分析し、収益化し、実用的なインテリジェンスに変えることができるようになり、変化する新しいビジネスニーズに迅速に適応することができるようになります。

競争が激化する中で、新規市場参入者がレガシーなテクノロジーやアーキテクチャに重きを置かずに済むようになると、これは重要な差別化要因となり、資本市場会社は市場内の新たな機会をより迅速に活用できるようになります。

このテーマについてもっと詳しくお知りになりたい方は、この ウェビナーをご覧ください。
ノーザン・トラスト、ウエストウッド・グループ、SIX 証券取引所などの業界専門家のパネルと一緒に、インターシステムズが資本市場の企業が直面している課題とリスクを軽減する方法について深く掘り下げます。

 
Michael Hom
Michael Homは、金融サービス業界で25年以上の経験を持つテクノロジー・エグゼクティブ。インターシステムズ入社前は、カナダロイヤル銀行にて、グローバル・レート、証券化商品、公共向け技術のマネージング・ディレクターを担当。それ以前は、野村證券にてリスク、セールス、トレード管理に関するテクノロジーを統括し、エグゼクティブ・ディレクターを担当。Michaelはリーマン・ブラザーズでキャリアをスタートさせ、金利、外国為替、新興市場分野のシステム構築に従事。その後、証券化商品(ホールローン、不動産、プリンシパル・ファイナンス・テクノロジー)を統括するシニア・バイス・プレジデントに就任。
コロンビア大学工学部応用科学部にてコンピューターサイエンスの学士号を取得。
 

あなたが好きかもしれない他の投稿。