インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。
スマートデータファブリック

エンタープライズ・データ・ファブリックへの取り組みを加速

Businessman working at high desk using laptop

スマートデータファブリックでデータの真の可能性を引き出す

今日、企業は、利用可能なデータの量と複雑性が増大する中で、効率性の向上、リスクの管理、顧客への新たな高付加価値サービスの提供のために、より多くのことを求めています。 しかし、多くの組織では、データやアプリケーションのサイロが蔓延しているため、組織内に閉じ込められているデータ資産から十分な価値を得ることができません。 これらの企業はいずれも、より良い意思決定を行うために、企業のデータ資産を一貫して正確に、かつリアルタイムに把握できるように努めています。 お客様の体験を向上させるために。 ビジネスを前進させるために。ここで役立つのが、 スマートデータファブリックです。

スマートデータファブリックとは?

エンタープライズ・データ・ファブリックとは、企業全体のデータ資産へのアクセスを高速化・簡素化する新しいアーキテクチャ手法です。エンタープライズ・データファブリックは、複数のソースからのデータにオンデマンドでアクセスし、変換し、調和させることで、さまざまなビジネスアプリケーションでデータを使用可能にし、実行できるようにします。

実際、ガートナー社1は最近のアナリストレポートの中で、エンタープライズ・データファブリックは “データ管理の未来 “であると述べています。スマートデータファブリックは、このアプローチを一歩進め、データ探索、ビジネスインテリジェンス、自然言語処理、機械学習などの幅広いアナリティクス機能をファブリック内に直接組み込むことで、企業が新たな洞察を得て、インテリジェントな予測・提案型のサービスやアプリケーションを迅速かつ容易に実現できるようにします。 既存のレガシーアプリケーションやデータをそのまま利用できるスマートデータファブリックは、既存のデータレイクやデータウェアハウスなど、これまでのテクノロジーへの投資から得られる価値を、既存のテクノロジーを一切使用せずに最大限に引き出すことができます。

スマートデータファブリックの活用

スマートデータファブリックは、今日、多くの業界で実稼働しており、以下のような企業レベルのミッションクリティカルな取り組みに幅広く活用されています。

  • シナリオ・プランニングと意思決定支援
  • 企業のリスクと流動性の管理
  • 法令遵守
  • ビジネス・マネジメント・レポート
  • ウェルスマネジメント
  • リアルタイムの視認性とアラート機能

 

 

 

スマートデータファブリックの詳細はこちら

金融サービスにおけるスマートデータファブリックス

金融機関は、スマートデータファブリックを使用して、企業全体のデータをよりよく活用し、高度な洞察力を得ることができます。
2022年 3月 29日
Businessman wearing dark suit looking at his phone
Broadridge Financial Solutions
The Challenge Broadridge Financial Solutions, a $5-billion global fintech leader handling $7TN of fixed income and equities securities trades per day, needed a better way to manage and distribute growing volumes of data.
2020年 10月 15日
firebrand research
2022年 4月 19日
abstract data fabrics image
Celent
金融機関はスマートデータファブリックのアプローチを採用し、企業全体のデータをよりよく活用して、高度な洞察力を得ることができます。
2022年 4月 19日
stats
American Banker Fireside Chat
高度な分析やAIは、データへのアクセスに頼っています。 残念ながら、その「アクセス」こそが、多くの金融機関で問題となっています。 長年にわたる合併や事業拡大により、接続されていないプラットフォームにデータがサイロ化しています。 オリバー・ワイマンのリサーチ部門であるCelent社は、主要な金融機関を対象に、オンデマンド・データ・アクセスのニーズと、これらの優先事項に対処するために進められている取り組みについて理解を深めました。
2022年 4月 19日
cdo paper
FIMA & WBR Insights
2021年CDO(Chief Data Officer)に関する調査

次のステップへ

ぜひ、お話を聞かせてください。 詳細をご記入の上、送信してください。
*必須項目(英語でご記入ください)
Highlighted fields are required
*必須項目(英語でご記入ください)
Highlighted fields are required
** ここをチェックすることにより、お客様は、既存及び将来のインターシステムズ製品及びイベントに関するニュース、最新情報及びその他のマーケティング目的のために連絡を受けることに同意するものとします。 また、フォームを送信することで、お客様は、お客様のビジネス連絡先情報が、米国でホストされているが、適用されるデータ保護法に従って維持されている当社のCRMソリューションに入力されることに同意するものとします。