インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

InterSystems IRIS Complements Existing Data Lake

person looking at banking information on phone

CUSTOMER: Major international investment bank

CHALLENGE: Address limitations of existing Hadoop data lake, which, unable to support real-time data streams, adequately scale, or meet analytical needs, slowed the response time of the bank’s customer management application.

OUTCOME: Seamless integration of InterSystems IRIS data platform with existing data lake enables advanced querying, ability to scale and handle large data volumes, and high-speed real-time data processing. Bank’s analytic needs are met across business lines for portfolio analysis, risk, and compliance.

Enables Real-Time Capabilities, Advanced Analytics, and Scalability

When one of the world’s largest investment banks was impacted by limitations with its Hadoop data lake, it implemented InterSystems IRIS® data platform as a dynamic data layer between the data lake and its production applications. The result not only addressed the bank’s growing list of requirements, but also saved money by leveraging existing hardware.

With a high performance transactional-analytic database engine, a complete integration platform and a rich set of embedded analytics capabilities, InterSystems IRIS integrates seamlessly with the data lake to combine and process historical data with current transactions at the rate of 50 megabytes per second and with a response time under 100 milliseconds. And while enabling more than 100 concurrent connections, it meets the bank’s analytic needs across business lines for such use cases as portfolio analysis, risk, and compliance.

Problem: Limited Analytics, Slow Response

Problems with the petabyte-sized Hadoop data lake impacted the bank’s customer management application, which it used to query customer assets and demonstrate that trades met regulatory requirements. The application was slow, responding to queries in seconds when it should have responded in milliseconds.

The petabyte-sized Hadoop data lake, while acceptable for historical analysis, had a mass of limitations, including its inability to support real-time data streams, scale out efficiently, or support the organization’s analytical needs. It could handle only simple queries, so the bank was hampered in its analysis reporting. What’s more, the data lake could not store previous, frequently used query results, resulting in inefficiencies and duplication of effort.

Ideally, the bank needed an application that could complement the existing data lake while also accommodating real-time data, facilitating more sophisticated queries, and handling large volumes of data at a low cost.

Vice President, Global Investment Bank

Solution: Seamless Integration of InterSystems IRIS

InterSystems IRIS, which easily integrates with existing systems and applications, could meet the bank’s performance requirements at scale. The solution was to add it to the existing configuration to support the complex queries the former architecture could not.

The new architecture includes a data access layer, which, feeding on the data lake, links to the InterSystems IRIS data platform via a message bus. Storing a few days of query history, InterSystems IRIS, in turn, feeds the application programming interface for data analysis. What’s more, it combines shared-nothing and shared-everything architectures for enhanced performance.

The data platform’s cloud-friendly architecture and its ability to run and scale on commodity hardware meant the bank could leverage its existing hardware infrastructure.

“InterSystems IRIS data platform is a wonderful product that gives the scale and performance of an in-memory database at a much lower cost for very large multi-terabyte datasets,” says a vice president at the bank.

RELATED TOPICS

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー。

2022年 4月 28日
global investment bank brochure-data lake
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
2022年 4月 28日
3M Health Information Systems brochure
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。
2022年 4月 25日
Hospital Doctor With Digital Tablet Talks To Male Patient
HealthShare Patient Indexで入院・外来患者の記録を照合することで、患者データの一元管理、他の医療機関との共同事業、情報の流れの改善などが可能になりました。
2022年 4月 22日
smiling doctor
南デボンの医療・介護現場では、ITシステムの統合により、急性期チームとコミュニティチームがこれまで以上に緊密に連携しています。 GDEsの差し迫った目標をサポートする トーベイとサウスデボンのNHSは、10年以上前から医療統合の最前線にいます。 2015年1月、この地域は、パートナーが協力して貧困地域の健康格差を縮小するために、急性期医療における統合サービスを開発するNHSイングランドのバンガード資格を獲得しました。
2022年 4月 19日
Expert_Knowledge_1200x630-1024x538.jpg
ドイツの西部に位置するノルトライン・ウェストファーレン州(NRW)は、国内で最もパンデミックの影響を受けている地域の一つです。 ここは首都圏と地方が混在し、約1,800万人が住み、約340の病院がある、全米で最も人口の多い州です。
2022年 4月 12日
Being Holdings
「運ばない物流」をコンセプトに、常にロジスティクスの生産性・経済性・効率性の向上を追求する株式会社ビーイングホールディングス。主要なシステムを自社開発している同社では、高速な InterSystems 製品との出会いにより基幹システムの全面刷新を決断。それはInterSystems IRISを基盤とした総合物流システム「Jobs」へと結実し、同社の業務を変革しただけでなく、取引先に請われて外販されるまでになりました。
2022年 4月 6日
Physician pointing to tablet screen
アメリカ西海岸の大手ヘルスプランの最高医療責任者は、病院に入院している人をいつでも完全に把握できるようにすることを求めました。 この保険機関がすでにインターシステムズと医療情報交換組織と協業していたため、この組織のデータ・アナリティクス担当ディレクターは「はい、できます」と自信を持って答え、このCMOは「6カ月でできますか」と尋ねました。 その答えは? また、肯定でした。
2022年 1月 12日
2021年 10月 28日
Kobe University Bio Resource Center
2019年4月、神戸大学医学部附属病院に「神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター」が設立されました。同センターは、「ニーズドリブン」型バイオバンクを指向し、検体の利活用率を飛躍的に高めるために、バイオバンク検体・医療情報管理システム(LIMS)をシスメックスと共同で開発しました。同システムの開発には、InterSystems IRISデータプラットフォームが採用され、多様な検査システムからの情報を統合し、ニーズに沿ったヒト検体+医療情報の収集と提供を実現しました。