Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

健康の社会的決定要因を解き放つ

IDC Technology Spotlight

医療業界では、医療の細分化により、データの断片化が進んでいます。医療機関には、クリーンで実用的なデータが必要です。高リスクの患者を管理するためには、財務、臨床、行動、社会、人的サービスを統合した単一の縦断的な患者記録が必要です。

はじめに

社会的、人間的、行動的、臨床的なケアを統合することの利点は、学術的な文献で十分に証明されています。今こそ医療機関は、これらの学びを最もリスクの高い患者の管理に生かすべき時なのです。ケアに全体的なアプローチを取ることによってのみ、臨床的・経済的な成果を向上させるための測定可能な進歩を遂げることができるのです。成功の鍵はデータにある - クリーンな縦断的患者データの要件は明確です。

臨床医療が個人の健康に与える影響がわずかであることは、よく知られており、受け入れられています。オピオイド中毒、劣悪な住宅環境、食糧不足、その他の環境要因による医療システムのコストだけでなく、リスクの高い契約の需要は、健康管理への全体的なアプローチを要求しています。

このIDC Technology Spotlightでは、財務、臨床、行動、社会、福祉などのデータを含む包括的な縦断的ケア記録の作成について検討します。クリーンで実用的なデータを作成するために、医療機関は断片化した医療エコシステムと、同じ課題に苦しむ外部環境の複雑さを克服しなければなりません。

複雑さにもかかわらず、「健康の社会的決定要因」データへの需要は高まる

バリューベースのヘルスケアシステムへの変革において重要な要素は、ケア領域にわたるサービスの統合による患者のホリスティックな管理です。単発的な臨床ケアは、健康状態を改善したり、増大する費用を管理する上で意味のあるものではありません。個人の臨床、行動、社会、人間の不全を統合することが必要なのです。しかし、業界の多くが統合ケアのメリットを認めている一方で、統合データを使ってプログラム設計を推進するという課題に直面しているところはほとんどありません。

学術的な文献には、適切な社会的・人間的サービスを臨床ケアと統合して提供することで、健康状態に良い影響を与えることを示す研究がたくさんあります。このようなサービスを提供することは多くの人々の目標ですが、持続的な改善を実証する大規模なプログラムを提供した例はほとんどありません。どのサービスが個人にとって最良の結果をもたらすかを理解するために、確実な患者データを入手することが、長期的に持続可能な結果を得るための鍵となります。

あなたが好きかもしれない他のリソース。