healthshare

HL7 Logoより多くのプロジェクトをより迅速に完了し、より簡単に管理する。

全世界の医療組織が、インターシステムズのテクノロジを使用して、病院内外の情報をシームレスに統合しつつ、臨床および管理のビジネス プロセスを合理化しています。

InterSystems HealthShare を使用することにより、HL7 インターフェイスを競合製品の約 3 倍の速度で開発できます。加えて、HL7 メッセージングを、X.12 および SOAP などの追加のメッセージング プロトコル、先進的な統合、開発、および管理機能のサポートと組み合わせることができます。HealthShareの先進的な統合と開発機能により、病院内やコミュニティ全体における接続された医療環境の構築が可能になります。

HealthShareの HL7 メッセージングおよびインターフェイス テクノロジは、以下のような機能を提供します。

  • HL7 バージョン 2.X および 3 をサポート
  • HL7 CDA R2(Consolidated CDAを含む)をサポート
  • 複数のIHEプロファイルをサポート(「IHE インテグレーション ステートメントと認定」をご参照ください)
  • 予め設定済のカスタマイズ可能な HL7 メッセージ ルーターおよび HL7 バージョン 2.X スキーマにより、作業が迅速に開始可能
  • メッセージを永続化し、メッセージの配信を保証する組み込みのデータベース
  • イベント駆動、パブリッシュ/サブスクライブ、およびコンテンツベースのルーティング
  • グラフィカル エディタによる、メッセージおよびデータ変換
  • ルールエンジンにより、プログラミングなしで実行中の HL7 インターフェイスの変更が可能
  • インターフェイス コンポーネントを検証するテストサービス
  • メッセージのパスおよび内容をグラフィカルに表示する Visual Trace機能により、容易なトラブルシューティングが可能
  • メッセージの検索および再送信 (インターフェイス、日付/時刻、メッセージタイプ、および内容で検索)
  • 単一ビューで運用をモニタリングし、インバウンドおよびアウトバウンドのメッセージ、メッセージキュー数、およびイベントの状態を管理
  • 動的なアラートのルーティングおよび配信
  • HL7シーケンスマネージャにより、送信者が指定した手順に沿ったメッセージ配信を担保

 

“HL7,” “Health Level Seven,” and the puzzle design are registered trademarks, and the HL7 design is a trademark of Health Level Seven International.

次のステップ

さらに詳しくお知りになりたい方、ご質問などはこちらのフォームからお問合せください。

次のステップ

弊社ではお客様の個人情報を適切に管理、保護につとめ、ご記入いただいた情報はお客様へのお問合せへのご返信のみに使用いたします。詳しくは、インターシステムズプライバシーポリシーをご覧ください。