healthshare

価値に基づくケアにおける成功
持続可能なヘルス&ケアシステムの構築

各患者についての包括的な共有された記録が鍵

各個人へのケアを最適化して、集団健康管理の目標を達成

InterSystems HealthShareとパートナによる関連製品は、集団医療管理を完結させます。それらは、以下のことを素早く行えるようにします。

  • 介入が必要な患者コホートの特定
  • 各患者が診療を受けるその現場で、記述データを含む最も重要なEHR情報を見つける
  • 各施設と医師を横断した個別化医療を調整
  • 個人の診療履歴を集約
  • 全集団の目標に対する進捗を評価
Popular Health Management

学び続ける医療システムを目指す

集団医療管理の取り組みの成功は、継続的に結果を評価し、治療とプロセスに必要に応じて改善を加えるよう学んでいくことに依存します。HealthShareおよびパートナーソリューションを活用し、以下の事が可能になります。

  • ベストプラクティスに照らし各患者へのケアの品質、アウトカム、プロセスを評価
  • コホートデータに対する予測モデルを適用し、注意が増大し、そこから最も利益を得られる集団を特定する
  • 患者およびその家族のベストプラクティスと個別化した医療連携に関し、測定基準を使って、全てのチームメンバーに知らせる
  • 各患者の長期医療記録を拡張し、よりよいケア提供のための測定基準と総合的エビデンスをより豊富なものにする
Genomics Research

導入事例

ロードアイランドでは、州全体で長期医療健康記録を共有するコミットメントがあり、これにより、不必要な再入院が18%も削減できました。この仕組みでは、担当する患者が退院した時など、診療イベント通知が医療従事者に送られ、根拠に基づくケアモデルへの変換を支援しています。

Newport Bridge

チリでは、医療圏を横断したパイロットプログラムで、包括的な仮想ケア記録を構築し、糖尿病や高血圧といった慢性疾患のリスクのある患者の自動特定を支援しています。

Chile Mountains

ロンドンでは、ロイヤルマーズデン癌病院の診療サービスが、ケアプランを共有することで、重篤な疾病患者のための根拠に基づく国際ベストプラクティスを実現しています。このシステムでは、地域の英国NHSの仕組みと診療提供構造を考慮しています。包括的な患者と医療従事者のID管理および同意に基づく情報共有により、適正なケアの関係にある者だけで情報共有を行うことを保証します。ケアチームの有効メンバーである患者とその家族は、共有ケアプランにアクセス可能です。継続的にデータを収集することで、重症な疾病をもつ市民に、個別化され緊急かつ終末期医療を最良に提供する方法のさらなる研究を支援しています。

London

パースペクティブ

医療連携は、集団健康管理の成功を可能にする

医療業界は、品質に基づく支払いへと移行しており、医療組織は、これを成功させる手段を探しています。集団健康管理はその1つです。皆様の組織が、個々人のケアを最適化することで、集団全体としての健康改善のために、医師がより効果的であるよう、いかに支援できるかを考える必要があります。それ以外には、これには、標準化、ローカライゼーション、個別化、適用などが求められます。インターシステムズのチーフメディカルオフィサであるターナー・ビリングスレイの記事(英語)をお読みください

Male Doctor On Tablet

集団的健康と診療の移行のためにデータの民主化をする

英国のリンカンシャーヘルスアンドケアでは、InterSystems HealthShareを基盤にした統合いを使用し、高齢者および広く分散された市民の医療の変革を支援しています。リンカンシャーヘルスアンドケアのグレイ・ジェームス氏は、このように説明しています(英語)

nurse and child

将来を予見、1度に1つのデータ

インターシステムズパートナーであるHBIは、医師が彼らの患者の過去だけではなく、将来を見ることを支援しています。その組織の診療下で、集団全体として、例えば慢性疾患などのリスクの分散さえも確認します。過去と未来の橋は、集団健康管理の中心にある患者にとっては非常に重要です。HBIソリューションの共同創始者兼CEOのエリック・ワイデンは、説明します(英語)

Female Doctor with Elder Patient

次のステップ

さらに詳しくお知りになりたい方、ご質問などはこちらのフォームからお問合せください。

次のステップ

弊社ではお客様の個人情報を適切に管理、保護につとめ、ご記入いただいた情報はお客様へのお問合せへのご返信のみに使用いたします。詳しくは、インターシステムズプライバシーポリシーをご覧ください。