インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

サプライチェーンの強靭性を再構築する方法に関する専門家の見解

ship in the ocean for blog post

サプライチェーンに対するプレッシャーの高まりは、レジリエンス(回復力)が最優先事項となっていることを意味します。そのためには、より優れた可視性と、エンドツーエンドのサプライチェーンに沿ったデータをリアルタイムで分析する能力を構築する必要があります。この新しいレベルのレジリエンスは、今やアプリケーションというよりデータの問題です。サプライチェーンの専門家は、意味のあるリアルタイムの洞察をもたらす、より優れた、よりクリーンな統一データを必要としています。

サプライチェーン全体がレジリエンスを高めるためには、毎秒、上下に行き交う何千もの情報を最適に利用し、データをリアルタイムで共有し、より大きな柔軟性を生み出す新しい共同作業によって、迅速な反応と調整を可能にする必要があるのです。グローバルにプロモーションを展開する小売業者は、地域によって反応が大きく異なることがデータから判明した場合、迅速かつ完全に信頼性の高い方法でピボットする必要があります。予測・処方能力は、これらの能力の重要な要素となっており、組織を前線に立たせるものです。

賢明なビジネスリーダーは、サイロを横断し、人、プロセス、テクノロジーを統合した、弾力的で協力的なサプライチェーンエコシステムを開発する必要があることを認識しています。また、需要が回復したとはいえ、2022年にパンデミック前の現状に戻ることはないだろうということも認識しています。サプライチェーンの課題を解決するために、組織は協力し合わなければならなくなります。この目標は、オンデマンドの統合、分析、サイロを越えたデータ利用を可能にするスマートデータファブリックソリューションによって達成することができます。

これらの重要なテーマは、The EconomistとInterSystemsが共同で開催した「Improving Resilience in Your Supply Chain」という興味深いウェビナーで取り上げられています。

モンデリーズ・インターナショナル、クリスピー・クリーム、インターシステムズの専門家に、MITのデビッド・シムチ=レヴィ教授が加わっています。

このウェビナーでは、以下の疑問も解決してくれます。

  • COVID-19パンデミックによる混乱に対して、サプライチェーンのリーダーはどのように備えればよかったのでしょうか。
  • 企業はどのようにニューノーマルを乗り切り、サプライチェーンから価値を生み出すことができるのでしょうか。
  • サプライチェーンはどのように適応し、回顧的・反応的なものから予測的・準備的なものへと移行しているのでしょうか。
  • サプライチェーンの変革において、どのようなツール、テクニック、テクノロジーが最も有望視されているのでしょうか。
  • 今後、サプライチェーンのリーダーは、どのようにテクノロジーを活用し、よりコラボレーションを高め、変化するニーズや市場環境に対応していくことができるでしょうか。

このディスカッションの模様はこちらでご覧いただけます(このウェビナーは英語です)。
Improving Resilience in Your Supply Chain

あなたが好きかもしれない他の投稿。