Healthcare

長期に渡る患者データを活用して、革新とエンドトゥエンドのエビデンス

量から価値への移行は、ライフサイエンス界に大きな課題を呈しています。これは、予防から診断、治療そして継続的な健康維持といった、より長期の患者ビューを得ることが求められます。こうした環境にビジネスの舵を切り、成功するためには、製品の有用性と価値についてエンドトゥエンドのエビデンスが求められています。HealthShareは、これらのことを可能にします。

“Beyond the Pill (医薬品提供のその先へ)”

HealthShareを使って、異なる電子診療録(EMR)システムやその他のソースから、時間、病院、組織、地域といったことに制限されることなく、患者データを集約して分析することが可能です。これにより、患者中心のリサーチとマーケット戦略を確立推進することが可能になります。

構造化および非構造化、臨床、ゲノム、財務といった全ての利用可能なデータを、分析に使用できるよう支援し、HealthShare を使うことで、以下の課題をより良く行うことが可能になります。

  • プロトコル(手順)フィージビリティの評価
  • 臨床試験での有用な患者の特定と獲得
  • 臨床試験に感化した患者の追跡調査
  • 医療機関と患者を連携させる
  • 実世界での効率的で正確な健康監視と観察研究
  • エンドトゥエンドのエビデンス管理を提供し、R&D業務を最適化し、価値を測定する
Aggregate and analyze patient data with HealthShare.

価値の達成と価値を示す

量から価値への移行を導き、臨床的な革新を推進することは、HealthShareが提供するデータとソリューション活用の自然な流れとなりました。HealthShareは、以下のことをより良く行うことを可能にします。

  • プロトコルフィージビリティの評価
  • 臨床試験での有用な患者の特定と獲得
  • 臨床試験に参加した患者の追跡調査
  • 医療機関と患者を連携させる
  • 実世界での効率的で正確な健康状態の監視と観察研究
  • エンドトゥエンドのエビデンス管理を提供し、R&D業務を最適化し、価値を測定する
A nurse assists a girl with a broken arm.

インターシステムズとともに成功を

1978年以来、インターシステムズは、医療組織が患者や住民の健康を支援するミッションクリティカルなソフトウェアを提供しています。エピック、クエスト、ラボコープ、コーヴァンス、ロシュダイグノスティクスといった企業が、世界で最も重要な医療アプリケーションを、インターシステムズの技術を使って開発しています。

  • ワールドワイドで、5億人の医療記録は、インターシステムズの技術を使用
  • 80ヵ国に顧客
  • 米国のほぼ全ての大学病院は、インターシステムズの顧客
  • U.S.News&World Report の2016-2027年 Honor Roll Best Hospitalに選ばれた全ての病院は、インターシステムズの顧客
  • 米国の2/3 の人々は、インターシステムズ技術が支援する医療機関で受診
  • ガートナーが“グローバルソリューション”と呼ぶ主要なEHR(電子カルテ)ソリューションの2/3は、インターシステムズの技術上で稼働

導入事例

University Hospital Brussels

University Hospital Brusselsは、診療記述の構造化データに加え非構造化データの分析を行い、治験のための患者を特定

Brussels

ベルギー

ベルギーでは、製薬会社がHealthShareを利用して、入れ墨、鍼治療、服役経験、その他構造化データには記録のない要件を非構造化データの診療記録から分析し、C型肝炎を患うリスクのある患者を特定

Belgium

ニューヨーク州

ニューヨーク州では、HixnyがHealthShareを利用して、さまざまなデータソース、データ型を接続し、異なる行政組織や医療政策を適用して、研究目的の臨床現場で使用する包括的な患者記録を構築

New York

次のステップ

さらに詳しくお知りになりたい方、ご質問などはこちらのフォームからお問合せください。

次のステップ

弊社ではお客様の個人情報を適切に管理、保護につとめ、ご記入いただいた情報はお客様へのお問合せへのご返信のみに使用いたします。詳しくは、インターシステムズプライバシーポリシーをご覧ください。