インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

awintaONE – リスクも副作用もゼロ:コンテナにより 柔軟でダイナミックな ソフトウェアソリューションを実現

リスクも副作用もゼロ:コンテナにより柔軟でダイナミックなソフトウェアソリューションを実現

InterSystems IRIS データプラットフォームは、薬局ソフトウェアの awintaONE® の開発とアップデートの容易な展開を支援するインフラを提供しています。

PDFをダウンロードする

コンテナは、ソフトウェアソリューションを展開し、均質に管理するための革新的なオプションとして、アジャイル IT 開発の環境に革命をもたらしています。その好例を体現している企業が、ドイツの薬局ソフトウェアの市場リーダーである awinta GmbH です。同社は、awintaONE ソフトウェアの開発を続けるために、InterSystems® ソリューションポートフォリオの一部であるコンテナ化機能を利用しています。これにより、すべてのプログラミング要件を「そのまま」解決し、業界で最新の商品管理システムを薬局のユーザーに提供することが可能になります。

ソフトウェア開発者は、コンテナを利用すれば、アプリケーションやサービスをパッケージ化し、実行に必要なすべての要素を共通のボックスに入れることができます。したがってこのコンテナには、ソリューションを簡単に展開し、スムーズに運用するために必要な一切のものがすでに含まれています。コンテナ化という概念の最大のメリットは、「場所を問わずに実行できる」という単純な式に集約できます。すなわちコンテナが開発者のシステム上で動作すれば、お客様のシステム上でも変わらずに動作するということです。またこのテクノロジーは、DevOps アプローチによるソフトウェアの継続的な開発を簡素化し、加速させます。awinta 社では、そのプロセスを見れば明らかなことですが、これが柔軟性と自動化の大幅な向上につながっています。

データベース管理への厳しい要求

NOVENTI Health SE 社の子会社である awinta 社は、ドイツのヘルスケア市場で使われている薬局ソフトウェアをリードしており、約 7,000 社の顧客をサポートしています。ビーティッヒハイム=ビッシンゲンを拠点とする同社は、一流の業界賞の常連で、2018 Cooperation Award の「Best IT Partner」賞や Expopharm 2017 の 2 つの「Pharmacy Favorite」賞などを獲得しています。

awinta 社の経営陣は、同社の awintaONE ソフトウェアを実現するため、20 年以上にわたってインターシステムズのソリューションを利用してきました。awintaONE ソリューションは、e ヘルス分野の全パートナー間のコミュニケーションを促進できるように設計されています。マルチクライアント機能のおかげで、任意の数のビジネス領域や支店の管理や追加も行うことができます。

実績ある InterSystems Caché® データベース管理ソフトウェアを長年愛用してきた awinta 社は、現在では、包括的な InterSystems IRIS® データプラットフォームを利用しています。NOVENTI 社のシステム/データベースアーキテクト兼データベース開発担当チャプターマネージャーを務める Ralf Spielmann 氏は、インターシステムズのテクノロジーがもたらすメリットを次のようにまとめています。「何かをプログラムする時、特定の要件を満たすために追加のサードパーティのツールを探す必要はありません。インターシステムズのテクノロジーで今まで要件を満たせなかったことはありません。なぜなら単一のソースであらゆることに対応できるからです。追加のテクノロジーを導入する負担がかかりません。」

柔軟性と自動化を特に重視

awintaONE ソリューションパッケージは、awinta 社が提供するソフトウェアの中でも最も新しい製品の一つです。この薬局ソフトウェアのアプリケーションロジックはすべて、今までインターシステムズのデータ管理テクノロジーによって実装されてきました。InterSystems IRIS のコンテナ技術をネイティブでサポートしているため、アプリケーションコード全体をコンテナで提供することが可能になりました。

「結果として、当社は以前よりもはるかにフレキシブルになりました。というのも、このようなコンテナを作成して使用している時、次のコンテナが必要になった場合には、これを止めて次のコンテナを作成すればよいからです」と Spielmann 氏は説明します。「この点で、私たちははるかに柔軟に業務を行えるようになりました。当社は DevOps アプローチのもと、コンテナによってワークフローの自動化を非常に高いレベルで実現しています。これは、コードの作成から最終的な成果の提供にまで及びます。」

ホームオフィスへの導入で大きなメリットを発揮

awintaONE の開発は、すべてコンテナ技術に基づいて行われていることから、開発者間のコラボレーションの促進を通じ、効率の向上を達成することができています。実際、コンテナによるアプローチがなければ、ドイツとルーマニアの 5 都市のプログラマーが協力して作業を行うことは考えられませんでした。

別案としてすべての開発者が中央の開発サーバーで作業することもあり得なくはないものの、データ転送の遅延が発生するのを避けられないという問題があるだけでも現実的とは言えません。コンテナの助けを借りれば、すべての開発者は、ホームオフィスにいても世界中のどこにいても、自分のタスクに必要な開発環境をローカルコンピュータ上ですぐに利用でき、仲間たちと簡単かつシームレスにコラボレーションすることが可能になります。

この点は、特にコロナ禍のような非常時においては、とりわけ大きなメリットとなります。「この切り替えがコロナ禍の最中に行われていたら、きっと問題が発生していたでしょう」と Spielmann 氏は説明します。「他の方法でコラボレーションすることも可能ですが、コンテナを利用するアプローチが最も効率的です。」開発者全員に Linux サーバーを提供することも可能ですが、個別のセクション内で重複を避けるために継続的にアップデートの同期を行う場合は、確かに awinta 社の開発が大きく停滞することになるでしょう。

展開と更新のための強力なツール

awinta 社は、一貫性のある効率的な開発プロセスの基盤を確立するために、DevOps アプローチを採用しています。この方法では、開発者とオペレーション(つまりユーザーとテスターなど)の間のプロセスを改善することを目指します。DevOps アプローチは、コンテナがプロセスをサポートして合理化するため、コンテナのユースケースとして人気があります。完全なアプリケーションプログラムの代わりに、小さなプログラムアップデートから成る最新のコンテナだけを利用できます。以上のように、このコンセプトは、優れた迅速性とアジリティを維持しながら段階的なステップを踏みつつソフトウェア開発を進めるという DevOps モデルの要件を満たしています。

開発者は、わずかなコードの変更を加える場合でもアプリケーション全体のモノリシックな構造に配慮する必要がなくなります。その代わりに、特定のプログラムプロセスを最適化する作業に完全に集中することが可能になります。さらに、コンテナベースの DevOps では、開発者は今までよりも迅速にフィードバックを受けられます。また、チームメンバーがどこにいても同期して作業を行うことができるというメリットもあります。インターシステムズのテクノロジーを搭載したビルドマシンが、すべてのプログラミングタスクの中核となります。個別のラインが収束する Git リポジトリは、ソースコントロールサーバーの上にあります。開発者のローカルコードは、この中央のソースコントロールサーバーとの間で継続的に比較されることになります。自動化されたビルドプロセスを通じ、さまざまな開発者が加えたあらゆる変更や拡張がピックアップされ、新しいバージョンのコンテナイメージが作成されます。継続的なイメージの同期により、開発者は、常に最新バージョンのコードで作業でき、結果として、今までよりも早く目標に到達することが可能になります。

最高水準の継続的なデリバリー

NOVENTI 社が現在実施している awinta 社のプロジェクトでは、モノリシックなアプリケーションからコンテナクラスタへ移行し、在庫の検索や価格設定機能の利用などの業務に対応したマイクロサービスを提供する取り組みが行われています。

Spielmann 氏は、日常業務におけるコンテナのメリットを次のように説明します。「従来の手順でお客様へのアップデートを展開する場合は、サーバーの再起動を含めて約 15 分かかります。また、システムの自動インストール、設定、オンサイトでの更新を実施する際にはわずかな残存リスクが必ず伴うことを、すべての開発者が知っています。一方、コンテナでは、マウスをクリックしてからわずか 8 秒でバージョン変更が完了します。」

従来のアプローチでは、各マシンの間で若干の違いがある場合もありますが、コンテナは常に同じように動作します。その結果、リリースサイクルが短くなり、数千もの薬局に新機能を容易に展開し、awinta 社のお客様のアップデートにかかる時間も大幅に短縮することが可能になります。このダイナミックなプロセス構造の基盤を提供するのが、InterSystems IRIS データプラットフォームです。

awinta 社では、コンテナの利用により IT 資産の展開方法が一変し、電子処方箋やドイツのレジセキュリティ条例への対応から VAT の調整やフレームワーク契約に至るまで、商品管理システムの変更を非常に簡単に実施できるようになりました。開発者の要求に合わせて作られた相互運用性と拡張性を備えたアーキテクチャを採用しているため、新しいアプリケーションやサービスを作成して展開する際に、コンテナの潜在能力をさらに効率的に発揮させることが可能になります。

 

関連するトピックス

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー。

2022年 4月 28日
global investment bank brochure-data lake
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
2022年 4月 28日
3M Health Information Systems brochure
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。
2022年 4月 25日
Hospital Doctor With Digital Tablet Talks To Male Patient
HealthShare Patient Indexで入院・外来患者の記録を照合することで、患者データの一元管理、他の医療機関との共同事業、情報の流れの改善などが可能になりました。
2022年 4月 22日
smiling doctor
南デボンの医療・介護現場では、ITシステムの統合により、急性期チームとコミュニティチームがこれまで以上に緊密に連携しています。 GDEsの差し迫った目標をサポートする トーベイとサウスデボンのNHSは、10年以上前から医療統合の最前線にいます。 2015年1月、この地域は、パートナーが協力して貧困地域の健康格差を縮小するために、急性期医療における統合サービスを開発するNHSイングランドのバンガード資格を獲得しました。
2022年 4月 19日
Expert_Knowledge_1200x630-1024x538.jpg
ドイツの西部に位置するノルトライン・ウェストファーレン州(NRW)は、国内で最もパンデミックの影響を受けている地域の一つです。 ここは首都圏と地方が混在し、約1,800万人が住み、約340の病院がある、全米で最も人口の多い州です。
2022年 4月 12日
Being Holdings
「運ばない物流」をコンセプトに、常にロジスティクスの生産性・経済性・効率性の向上を追求する株式会社ビーイングホールディングス。主要なシステムを自社開発している同社では、高速な InterSystems 製品との出会いにより基幹システムの全面刷新を決断。それはInterSystems IRISを基盤とした総合物流システム「Jobs」へと結実し、同社の業務を変革しただけでなく、取引先に請われて外販されるまでになりました。
2022年 4月 6日
Physician pointing to tablet screen
アメリカ西海岸の大手ヘルスプランの最高医療責任者は、病院に入院している人をいつでも完全に把握できるようにすることを求めました。 この保険機関がすでにインターシステムズと医療情報交換組織と協業していたため、この組織のデータ・アナリティクス担当ディレクターは「はい、できます」と自信を持って答え、このCMOは「6カ月でできますか」と尋ねました。 その答えは? また、肯定でした。
2021年 10月 28日
Kobe University Bio Resource Center
2019年4月、神戸大学医学部附属病院に「神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター」が設立されました。同センターは、「ニーズドリブン」型バイオバンクを指向し、検体の利活用率を飛躍的に高めるために、バイオバンク検体・医療情報管理システム(LIMS)をシスメックスと共同で開発しました。同システムの開発には、InterSystems IRISデータプラットフォームが採用され、多様な検査システムからの情報を統合し、ニーズに沿ったヒト検体+医療情報の収集と提供を実現しました。