Data

配備計画は、ビジネス上の課題により決定すべき

ソリューションをどのように配備するかの決定は、テクノロジ上の制約ではなく、ビジネス上の課題として検討されるべきです。アプリケーションをユーザ施設内にインストールする、パブリック(プライベート)クラウド環境でアプリケーションをホストする、あるいはSaaS(データはオンプレミス、クラウドまたはハイブリッドアーキテクチャで保存)として提供する場合でも、インターシステムズは、そのタスクを可能な限りシンプルにすることをお約束します。

InterSystems Cloud Manager (インターシステムズ クラウド マネージャ)

InterSystems Cloud Manager(ICM) は、インターシステムズ製品を基盤としたアプリケーションをクラウド上で提供、配備するためのツールです。ICMは、デフォルトではコンテナ上で稼働しますが、Linux 上での従来の taballベースでの展開もサポートしています。
1つの定義ファイルで、アプリケーションが必要とする全てのリソース(コンピュート、ストレージ、ネットワーク資源など)の提供と配備が可能です。また、InterSystems IRIS Data Platform を基盤としたアプリケーションの配備と構成も容易に行えます。

InterSystems Cloud Manager の1つの利点は、クラウドを意識する必要がない点にあります。InterSystems Cloud Manager は、以下の配備に使用可能です。

  • Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platform などのパブリッククラウド
  • 仮想サーバあるいは物理サーバを使用しての プライベートクラウド

InterSystems IRIS データプラットフォームのクラウド配備オプションについて、さらに詳しく読む。

さらに詳しく

ラーニングサービス

有料トレーニング、無料オンラインコース、
ハンズオンチュートリアルなどを提供しています

さらに詳しく

デベロッパーコミュニティ

インターシステムズの開発者や製品マネージャと、
他の開発者との交流の場を提供しています。

さらに詳しく

InterSystems IRIS

最新のデータプラットフォームはこちらから

さらに詳しく

次のステップ

さらに詳しくお知りになりたい方、ご質問などはこちらのフォームからお問合せください。

次のステップ

弊社ではお客様の個人情報を適切に管理、保護につとめ、ご記入いただいた情報はお客様へのお問合せへのご返信のみに使用いたします。詳しくは、インターシステムズプライバシーポリシーをご覧ください。