インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

InterSystems IRIS セキュリティと信頼性

ハイパフォーマンスな機械学習対応アプリケーションの構築と展開

abstract technology image

セキュリティモデル

パフォーマンスを犠牲にすることなくセキュリティを提供する

インターシステムズの製品は、柔軟で堅牢なセキュリティ機能を提供しながら、アプリケーションのパフォーマンスや開発への負担を最小限に抑えます。 当社の製品は、以下の3つの方法で安全なアプリケーション展開をサポートするように設計されています。

  1. 製品環境そのものの安全を担保
  2. 開発者がアプリケーションにセキュリティ機能を組み込むことを容易にする
  3. 製品が動作環境のセキュリティと効果的に連動し、それを損なうことがないようにすること

認証

当社製品のセキュリティは、認証 に基づいています。 認証とは、ユーザー(人、デバイス、他のアプリケーション)が、自分が誰であるかを証明する方法です。 当社の製品は、数多くの認証メカニズム(LDAP、Kerberos、ダイレクトパスワード、OpenAM、OpenID)をサポートしており、必要に応じて二要素認証のサポートも含まれています。

権限付与

権限付与は、ユーザーがどのようなリソースを使用、閲覧、変更することができるかを決定します。 権限(ロールベースの権限やアプリケーションベースの権限を含む)の割り当てと管理は、APIやインタラクティブなアプリケーションを使って簡単に行うことができます。 また、行レベル、列レベルのセキュリティや、RBACもサポートしています。

暗号化

インターシステムズは、保存したデータと流れているデータの両方を暗号化するメカニズムを提供します。 保存データの暗号化は、インデックスを含めたデータベース全体を暗号化します。 当社の製品は、基礎となるハードウェアが暗号化アルゴリズムのアクセラレーションをサポートしているかどうかを検出し、それらを使用します。 また、機密性の高い情報を暗号化するために、データ要素の暗号化にも対応しています。 これらは、ランタイムに再暗号化することもできます。

監査

当社製品では、システムやアプリケーションのすべてのイベントが改ざん不可能な append-only log に記録され、SQLを使用して監査記録を確認・分析するあらゆるクエリやレポートツールに対応しています。 組み込みの監査イベントに加えて、お客様はアプリケーション固有のイベントも保存することができます。

信頼性

計画的・非計画的ダウンタイムの短縮

お客様のデータを守り、重要なアプリケーションを24時間365日稼働させることが重要です。 InterSystems IRIS は、高可用性 (HA) およびディザスタリカバリ (DR) のために、クラスタリング、仮想化 HA、および高度で実装が容易なデータベースミラーリング技術を含む複数のオプションを提供します。

データベースミラーリング

データベース・ミラーとは、2つのInterSystems IRISシステムを論理的にグループ化したものです。 起動時には、物理的に独立した2つのシステムのうち、1つを自動的にプライマリシステムとし、もう1つを自動的にバックアップシステムとします。 ミラーリングされたデータベースは、プライマリからバックアップのフェイルオーバーメンバーまで、TCPチャネルを介してリアルタイムに同期されます。

シャーデッドデータベースアーキテクチャでは、各シャードにデータベースミラーを設定する必要があるため、単一障害点を排除することができます。 クラウド環境に導入する場合は、受信したトラフィックを自動的にプライマリノードにリダイレクトするために、いくつかの追加設定が必要になります。

データベースミラーリングを使用すると、アプリケーションの復旧時間は通常数秒に短縮されます。 また、ミラーリングを使用することで、ダウンタイムを最小限(あるいはゼロ)に抑えたアップグレードが可能になります。

災害復旧のためのデータベースミラーリングの使用

非同期型のミラーメンバーを遠隔地に設置し、ほぼリアルタイムで更新することができます。 プライマリデータセンターに障害が起こっても、お客様のデータは失われません。 パブリック・クラウドに両方のメンバーを配置した場合の災害復旧は、プロバイダーの能力に依存しますが、異なる「地域」に非同期のメンバーを設定したり、異なるプロバイダーのクラウド間でも実現可能です。

クラスタリングと仮想化

クラスター化されたシステムは、通常、共有ディスクアクセスに依存していますが、同時にアクティブなのは1つのシステムだけです。 アクティブなシステムに障害が発生した場合、InterSystems IRISは処理を引き継ぐ別のサーバー上で自動的に起動します。 ユーザーは新しいサーバーにサインインし直さなければならないため、顕著な遅延が生じる可能性があります。 仮想化のHAも同じような仕組みです。

関連情報はこちら

2021年 10月 28日
Xchangeworkx personnel and company logo
XchangeworX社は、設立当初からインターシステムズ社の製品を使ってクラウドソフトウェアやアプリケーションを開発してきましたが、現在はInterSystems HealthShareとInterSystems IRIS for Healthを活用して、最新のSMART on FHIRテクノロジーを構築しています。
2019年 11月 22日
Person interacting with a tablet screen.
Global Investment Bank
世界最大級の投資銀行が、主要な株式取引管理アプリケーションをインターシステムズのデータプラットフォーム技術に移行
2022年 3月 1日
A businessman checking stock charts on a mobile device. Technology and work on the go.
スマートデータファブリック
近年、データファブリックは、データウェアハウスやデータレイクのような問題を抱えることなく、ビジネス全体を正確に可視化するために必要なアーキテクチャーとして登場しました。 データファブリックは、複数のソースからのデータを必要に応じて変換し、調和させて、使用可能で実用的なものにします。
2022年 5月 26日
looking upward at sky scrapers
InterSystems IRIS
InterSystems IRISの最新リリース(v2020.1)では、デジタル・トランスフォーメーションの取り組みを効率化するための、高性能な機械学習対応アプリケーションの構築がさらに容易になりました。
プレースホルダ・カスタマーズチョイス
2018年 9月 12日
city view
InterSystems IRIS
InterSystems IRIS: クラウドファースト統合データプラットフォーム
2018年 1月 30日
Woman in gray blazer looking out the window
InterSystems IRIS
はじめに 未来は、イノベーターたちのものになる。 現代社会で生成される大量、高速、多様なデータを活用するための新しい方法を見つけ出す人に。 パワフルでスマートなアプリケーションは、私たちの生活、ビジネス、そして社会を変えていきます。

次のステップへ

ぜひ、お話を聞かせてください。 詳細をご記入の上、送信してください。
*必須項目(英語でご記入ください)
Highlighted fields are required
*必須項目(英語でご記入ください)
Highlighted fields are required
** ここをチェックすることにより、お客様は、既存及び将来のインターシステムズ製品及びイベントに関するニュース、最新情報及びその他のマーケティング目的のために連絡を受けることに同意するものとします。 また、フォームを送信することで、お客様は、お客様のビジネス連絡先情報が、米国でホストされているが、適用されるデータ保護法に従って維持されている当社のCRMソリューションに入力されることに同意するものとします。