インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。
Business team collaborates on a financial report on a Microsoft Surface Pro
金融サービス企業向け Business 360
金融機関が競争に勝ち抜くためには、正確かつ最新の360度顧客ビューが不可欠です。

Business 360 の概要

金融機関では、分散した企業データを完全、正確、かつ最新の状態に保つことで、組織内のビジネスユニットが、協力、競争、顧客サービス、意思決定の方法を変えることができると、長い間認識されてきました。 しかし、データ主導の組織になることは、ビジネスリーダーが予想するよりもはるかに複雑で、重要なビジネスニーズをサポートするために適切なデータを提供することは、ますます困難になってきています。

InterSystems® は、ビジネスリーダーとそのチームが企業データの 360 度ビューを最大限に活用することで、デジタルかつデータ主導のアプローチへの移行を可能にし、以下のような幅広いメリットを提供します。

  • 意思決定支援を改善
  • コンプライアンス向上
  • リスクマネジメントの強化
  • 売上げの増大
  • オペレーション・レジリエンスの強化
  • イノベーションの加速

課題

金融機関では、ビジネス遂行に必要なデータを完全、正確、かつ最新の状態で取得することに苦労しています。 より多くの製品、サービス、ビジネスプロセスがグローバルにデジタル配信されるようになり、かつてないほど多くのデータが生成されています。

複数の部門を横断しサイロ化したシステムは、一貫性がなく、ばらばらで解釈が困難なデータを生み出すことがよくあります。 このような問題は、企業がアプリケーションやデータソースを増やし続け、新しいユースケースをサポートするというユーザーからの要求が高まるにつれて、さらに深刻になっています。

多くの企業が、データ管理、セマンティックレイヤー、データパイプライン、データ統合、分析など、バラバラのテクノロジーに依存した複雑すぎるデータインフラを構築しており、情報や洞察をタイムリーに、解釈・共有しやすい形で得ることが困難になっています。

こうしたことが、企業が市場環境の変化に適応し、重要なビジネス機会を生かし、業界の規制変化に対応し、財務データに関するリスクと意思決定を正確に理解することを困難にしています。

ソリューション

InterSystems Business 360 for Financial Services Firms
 

InterSystems Business 360 は、あらゆる規模の金融サービス企業に対して、異種データのサイロから情報を解放し、コラボレーションを促進し、事業部門の管理者が組織全体からより優れた洞察にアクセスできる、より優れた、より迅速かつ容易な方法を提供します。

このソリューションは、新しい革新的なアーキテクチャアプローチ、スマートデータファブリックを用いて、必要に応じてソースシステムから情報に接続しアクセスする統括かつ無停止レイヤーを提供しています。 このソリューションは、複雑なデータ環境に最適で、エラーや機会損失、古いデータや不完全なデータに基づく意思決定につながる遅延を排除します。

このソリューションは、オンデマンドで組織内外の既存のシステムやサイロからデータにアクセスし調和させ、情報が最新かつ正確であることを保証します。

履歴データとリアルタイムイベント統合し、データレイク、データウェアハウス、静的レポート、ダッシュボードなど、これまでの手法の限界に対応するため、ビジネスユーザーにセルフサービス型の分析機能を提供します。

InterSystems Business 360 は、企業内のドメインや機能を横断するデータに着目し、事業部門のユーザーやデータスチュワードが、分析や洞察に必要なデータにアクセスできるようにします。 これにより、取引アクティビティ、顧客、地域、リスク、資本、運用資産など、複数の領域を360度見渡すことができる真の総合ツールとなります

静的なダッシュボードとは対照的に、セルフサービス型の分析機能では、ビジネスユーザーが自由にデータを探索し、その場限りの質問をし、最初の発見に基づいて追加のクエリでドリルダウンすることができます。 企業は、高度な分析や機械学習をインタラクティブなダッシュボードやレポート画面に取り入れることで、さらなる洞察を得ることができます。

金融サービス企業における Business 360の主な利点

ライブデータを活用した情報に基づく意思決定
リアルタイムのトランザクションデータを取り込み、本番アプリケーションやデータサイロに保存されているデータへのアクセスの遅れを解消。ビジネスリーダーは、数週間前のデータではなく、正確で最新のデータに基づいて意思決定を行い、エラーやビジネス機会の損失をなくすことができるようになります。
ビジネスユーザー向けセルフサービス
静的なダッシュボードと比較して、動的なセルフサービスデータ探索機能を提供し、ビジネスユーザーがインタラクティブかつ反復的な方法でデータを探索し、アドホック質問をし、最初の発見に基づいて追加のクエリーで詳細を見ることができ、ITへの依存を最小化します。
より多様なデータで、より良い洞察を得る
より多くのソースからより多くのデータを取り込み、より完全で包括的なビジネスのビューと、より洞察に満ちた分析を提供します。
機械学習を含む高度なアナリティクス
機械学習、ビジネスインテリジェンス、自然言語処理、ビジネスルール、予測モデルなどの高度な分析を、リアルタイムプロセスのフロー、ダッシュボード、レポートに組み込むことができ、何が起こったのか、なぜ起こったのか、何が起こりそうなのかを理解し、意思決定を導くためのより良い洞察をビジネスに提供することが可能になります。

InterSystems IRIS® は、幅広い金融サービスのお客様向けの Business 360 ソリューションを支える、次世代データ管理ソフトウェアです。

関連する使用例

2022年 3月 10日
Happy young man and woman sitting on a couch looking at their finances on a laptop and paper
使用例
金融機関が競争に勝ち抜くためには、正確かつ最新の360度顧客ビューが不可欠です。
2022年 3月 11日
Business colleagues in discussion on office stairs
使用例
InterSystems Institutional Client 360 は、機関投資家顧客の維持、サポート、成長に必要な重要な洞察を提供します。
2022年 3月 10日
Man sitting at a desk with his hands on his head laughing at his laptop
使用例
インターシステムズは、クラウドベースのFinTechアプリケーションと顧客のアプリケーションやデータ資産との間にリアルタイムで双方向のゲートウェイを提供します。