Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

How HealthShare Helped Forge a Powerful Health System Partnership

group of doctors looking at images

When Hunterdon Healthcare joined forces with a larger neighboring health system, they knew they had the opportunity to lower costs and improve care for patients in western New Jersey. The two organizations opened a collaborative radiology imaging center that promised to cut wait times and bring high-quality services to more patients in their shared community.

Achieving that noble goal would be impossible without smooth data exchange — and interoperability was easier said than done. But by taking advantage of HealthShare Patient Index and Unified Care Record, Hunterdon avoided the usual pitfalls that health systems may encounter when they unite, for a single project or a lasting merger.

Sharing data and optimizing workflows throughout one organization can be challenging. Even a one-hospital system like Hunterdon had a web of two electronic health records (EHR) systems and 100 clinical applications across its 60-plus owned and affiliated facilities — complexity that created the risk of duplicate health records and communication breakdowns. Multiply the moving pieces by (at least) two, and Hunterdon’s data team knew that aligning its technologies with those of a partner could amplify any risk.

Robin Deal, Manager, Data Integration Engineering
Hunterdon Healthcare

Fortunately, the same technology that helps Hunterdon foster seamless data exchange internally also facilitated its external work.

Years before the collaboration, Hunterdon and its partner of many years, InterSystems, used HealthShare Patient Index to uniquely identify patients between its two different acute and ambulatory EHRs. Each one used a different patient identifier. The move enabled Hunterdon to know each patient who entered the system, regardless of address or name changes.

From there, Hunterdon leveraged HealthShare’s Unified Care Record to consolidate EHR data, imaging, and other information into a single place that clinicians can access instantly, throughout the whole system.

When it came time for the two health systems to launch their collaborative radiology imaging center, Hunterdon’s technologies again proved invaluable. HealthShare enabled the organizations to sync scheduling protocols to maximize efficiency. The data platform also integrated with the unique patient identifiers used in the partner system’s EHR, so patients could be sure that their caregivers had the data required for effective clinical decision making.

“We are able to pass orders and scheduling messages back and forth between their system, our central scheduling system, and our ambulatory EHR system,” Robin Deal, manager of data integration engineering at Hunterdon Healthcare, explains. “That would not have been possible without the master patient index.”

And that’s the foundation that every strong healthcare partnership needs.

Learn more about HealthShare Patient Index

Learn more about Unified Care Record
 


This story originally appeared the HealthShare Connections News Flash No.7 – October 26, 2021

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。
Matching inpatient and outpatient records with HealthShare Patient Index enabled a single view of patient data, joint ventures with other healthcare organizations, and better information flow.
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。
HealthShare Patient Indexで入院・外来患者の記録を照合することで、患者データの一元管理、他の医療機関との共同事業、情報の流れの改善などが可能になりました。
南デボンの医療・介護現場では、ITシステムの統合により、急性期チームとコミュニティチームがこれまで以上に緊密に連携しています。 GDEsの差し迫った目標をサポートする トーベイとサウスデボンのNHSは、10年以上前から医療統合の最前線にいます。 2015年1月、この地域は、パートナーが協力して貧困地域の健康格差を縮小するために、急性期医療における統合サービスを開発するNHSイングランドのバンガード資格を獲得しました。
ドイツの西部に位置するノルトライン・ウェストファーレン州(NRW)は、国内で最もパンデミックの影響を受けている地域の一つです。 ここは首都圏と地方が混在し、約1,800万人が住み、約340の病院がある、全米で最も人口の多い州です。