インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

InterSystems Objectの使い方

本コースは、マルチモデルに対応できる弊社データベースへのアクセス方法の1つであるオブジェクト操作を学習する2日間のコースです。

オブジェクト指向のデザインを活かしたデータ構造を使用しながら実装はSQL中心で開発を行いたい方に最適なコースです。

このコースに申し込む

前提知識

  • オブジェクト指向に関する基本的な知識
  • データベースに関する基本的な知識
  • InterSystems Objectの基本操作

※ InterSystems Object未経験の場合は、1~2時間程度の基本操作体験時間を設定できます。お申し込み時、その旨ご連絡ください。
特に、SQL文法、RDB概要についてある程度の知識があることが望まれます。

また、必須ではありませんが、InterSystems ObjectScriptを読める程度の知識があると理解しやすくなります。

詳細情報

ロジスティクス詳細
会 場オンライン *現在、対面でのトレーニングは開催しておりません。
日数(時間)2日(12時間) 10時~17時 (状況により終了時刻は前後します)
参加費6万円/1人(税抜き)
対象者

InterSystems製品(IRIS/Caché/Ensemble/HealthConnect)で開発を行う方

パートナー企業の開発者の方

システムインテグレータやソフトウェア企業でアプリケーション開発者の方

エンドユーザ様企業のIS部門でソフト設計や開発に従事されるエンジニアの方

コースの形態講義と確認が主体のノートPCを使った実習
コース定員10 名
学習の目標とはしないもの

データベースの設計

GUIの設計

タイムクリティカルなアプリケーション

複雑な共有制御が必要となるようなアプリケーション作成方法

コース内容

【1日目】

  • クラスタイプについて
  • 継承
  • 参照
【2日目】

  • コレクション
  • リレーションシップ
  • インデックス

お問い合わせ先
インターシステムズ トレーニングセンター
Tel : 03-5321-6200