インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。
インパクトのあるキャリアを築く
世界各地で、何百万人もの人々がインターシステムズのテクノロジーを日々利用しています。
0:00 / 0:00
Video Companion
Business people in meeting
インターシステムズでのキャリア
インターシステムズは、信頼性の低いシステムを持つことが許されない業界にソフトウェアを提供しています。 当社の製品には、包括的なデータプラットフォームと迅速な統合エンジンが含まれており、世界で最も重要な組織が豊富なデータインサイトにアクセスし、顧客やステークホルダーとのつながりを深めることができます。

私たちの文化

イノベーションの震源地に本社を置く

インターシステムズは、マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置いています。イノベーションの中心地であり、その創造性と活力はインターシステムズの文化に反映されています。 しかし、世界各地にあるチームは、それぞれのオフィスをユニークにしている多様な才能と文化を活用しながら、共通の目標を達成し、共通の価値観を守るために努力することができます。

従業員がどこにいようとも、ヘルスケア、金融サービス、サプライチェーン、製造などの分野を変革する方法で当社の成功に貢献し、人々の生活に影響を与えています。

誇りの尺度としての品質

インターシステムズの社員が仕事の質に誇りを持ち、それを維持することは、当社の文化の重要な要素です。 お客様と業界の両方に変革をもたらす問題を解決するために、個人の利益に邪魔されることなく、リソースを共有してソリューションを開発し、互いに学び合うことを厭いません。 同僚はお互いを尊重し、部署やチームに関係なく、どこからでも素晴らしいアイデアが生まれることを認識しています。

ワーク・ライフ・バランス

しかし、人生には仕事以外にもいろいろなことがあります。インターシステムズは、社員がワーク・ライフ・バランスを達成できるように支援することを約束します。 そのために、従業員が柔軟に自宅で仕事ができるようなハイブリッドワークモデルをサポートしています。 また、社員は終業後は、仕事をオフィスに置いて、個人の生活や約束事に集中することが推奨されています。

非上場企業のメリット

インターシステムズ社は非上場企業であるため、上場企業のように株主に拘束されることもなければ、四半期ごとに業績を報告する必要もありません。 つまり、短期的な納期厳守のプレッシャーを捨て、お客様の成功と、現実的なスケジュールで最高品質の技術を生み出すことに集中することができるのです。

このような卓越したコミットメントが、お客様と従業員の両方を成功に導くのです。

ジョン、クライアントサービス担当副社長
ジェス、ヘルスケア・セールス・エンジニアリング・マネージャー
Raj、プロダクトマネージャー、デベロッパーエクスペリエンス
開発マネージャー、ミッシェル

従業員の福利厚生

育児・介護休業

  • フレキシブル業務スケジュール
  • 子育て・介護支援
  • 家族医療休暇
  • 育児休暇
文化

  • デイリーシンク
  • グループ・ブレインストーミング・セッション
  • 企業内委員会
  • オープンドアポリシー
  • チームベースの戦略立案
  • チームの成果物
多様性

  • 多様性/インクルージョン専任スタッフ
  • 文書化された同一賃金ポリシー
  • アンコンシャス・バイアス・トレーニング
  • 多様性マニフェスト
  • 多様性を促進する採用活動
健康保険とウェルネス支援

  • 健康保険制度
  • 雇用保険
  • 生命保険
  • 福利厚生・ウェルネス支援
手当

  • 通勤手当
  • 社内イベント
  • 出張時の食事支援
職業能力開発手当

  • 生涯教育支援
  • ダイバーシティプログラム
  • メンバーシッププログラム
  • 学費補助
  • クロスファンクショナルトレーニングを推奨
  • ジョブトレーニング+コンファレンス
  • 業界認定取得支援
退職金および賞与

  • 退職金制度
  • 業績ボーナス
休暇と年休

  • 有給休暇
  • 特別休暇

 

キャリア開発

team at work
 

インターンシッププログラム

また、インターシステムズでは、進歩と実績を重視したグローバルなインターンシッププログラムを実施しています。 インターンには、それぞれ指導するメンターがつきます。 プログラムの最初の2週間、参加者は学習サービスグループによる加速トレーニングを受けます。 プログラム期間中は定期的なチェックが行われ、インターン生は上級管理職を前にプレゼンテーションを行う機会もあります。

米国のプログラムは、技術的な役割に焦点を当て、6月から8月まで実施されます。 米国外のプログラムでは、応募を随時受け付け、年間を通じて技術職と非技術職の両方でインターンを受け入れています。 各オフィスのスケジュールは、通常、地元の大学のスケジュールと一致しており、地域ごとに独自のプログラムを構成しています。