インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

オランダの医療情報交換システムが数百万人の信頼を獲得

オランダ国民 1,700 万人のうち、これまでに 1,300 万人が、InterSystems HealthShare®が支援する国の医療情報交換システムであるナショナルスイッチポイント(LSP)を介して自分の医療ファイルを利用可能にすることを許可しています。オランダのように、国民のプライバシーと、一元化された医療記録を共有する価値とのバランスが最重要視される国において、この数字は注目に値します。

医療情報の共有とプライバシーの確保を両立

2005 年にオランダ政府は、医療機関が患者データを電子的に交換するための国家的なシステムの開発に乗り出しました。開発を委託されたオランダ国立医療 ICT 研究所(Nictiz)は、DXC Technology (システムインテグレーター ) とインターシステムズ (HealthShare とInterSystems データプラットフォームテクノロジーのプロバイダー)を含むチームを選定しました。このチームは 2006 年末までに、医療機関(病院、一般開業医、薬局)から提供される電子カルテに記録された患者情報を交換するシステムを 3 か月で構築しました。医療の向上とミス防止の観点から、関係する医療機関は LSP の重要性と、実質的に統合された医療記録の価値を明確に認識しました。

Dutch health exchagne

この交換システムは医療情報のインテリジェントなルーターとして機能し、高パフォーマンスと無限のスケーラビリティに加え、極めて高レベルのセキュリティをもたらしました。それにもかかわらず、政府関係者から反対の声が上がりました。国営組織の一元的なシステムで患者のプライバシーが侵害されることを恐れたのです。このシステムは 2011 年に民営化され、それ以降はヘルスケアプロバイダーコミュニケーション協会(VZVZ)が運営しています。

顧客:
ヘルスケアプロバイダーコミュニケーション協会(VZVZ)

課題:
オランダの医療機関(病院、一般開業医、薬局)の間で患者のデータを迅速、確実、安全に交換するために、ナショナルスイッチポイントソリューションを構築する必要がありました。

成果:
地域的な区分のある全国的規模のシステムによって、年間 10 億件以上のメッセージを処理。スムーズな拡大に備えることができました。このシステムは、患者のデータを共有する明示的な許可を得るための極めて厳格な政府要件に準拠しています。