background image of data sheet

InterSystems IRIS Data Platform 2019.1 を発表
デジタルトランスフォーメーションイニシアチブをさらに加速

 
医療、ビジネス、官公庁向け情報技術プラットフォームのグローバル・リーダーであるインターシステムズは、本日、InterSystems IRIS Data Platform 2019.1 が利用可能になったことを発表します。これは、インターシステムズの旗艦製品である InterSystems IRIS の3回目の発表で、性能、拡張性、クラウドサポート、連携機能などが向上し、さらに Java、Python、C# での開発をサポートしています。

InterSystems IRIS 2019.1 の新機能として以下を提供します。

  • 性能と拡張性:パラレルクエリ、データ統合の性能を改善し、50%以上高速化。また、ノード間のリバランスを簡素化し、シャーディングサポートを拡張。
  • クラウドサポートの拡張:InterSystems IRIS は、主要な3大パブリッククラウドプラットフォームのマーケットプレイス(※)で利用可能。標準ライセンスのほか開発のための新しい無料のコミュニティエディション、小規模プロダクションアプリケーション向けのエクスプレスエディションを用意。また、非同期ミラーリングと可用性ゾーンをサポートし、クラウド環境での災害復旧を強化。
  • インテグレーション:製品スキーマ、トランスフォーメーション、ルーティング、テスト機能をさらに強化し、デジタルトランスフォーメーションイニチアチブ実現の鍵となるインテグレーションとサービスアグリゲーションをサポート。
  • 開発言語サポートの強化:これまでの開発能力に加え、Java、Python、C# 開発言語の機能と性能を強化。

InterSystems IRIS Data Platform は、データ管理、統合、分析に関わる複数の技術のインプリメンテーション、インテグレーションの負担を軽減し、世界中の組織のデジタルトランスフォーメーションイニチアチブの成功を支援します。

「デジタルトランスフォーメーションイニチアチブは、その加速化と最大化に広範な機能・能力が求められます。競合の激しい今日の環境下にあって、組織は、より俊敏に、市場のトレンドは競合環境に対応したインテリジェントな意思決定を促進させる必要があります」と、InterSystems IRIS Data Platform プロジェクトマネジメント担当ディレクター ジェフ・フリードは述べています。「当社は、当社の顧客とパートナーのために、こうした取り組みのさらなるスピードアップと簡素化を実現するために IRIS 2019.1を設計しました。」

InterSystems IRIS Data Platform 2019.1 は、InterSystems Developer Community(英語)から利用できます。

※ 詳しくは過去の抄訳版プレスリリースをご参考ください。

 
インターシステムズについて
インターシステムズは、世界で最も大切なアプリケーションを支えるエンジンを提供しています。人々の生命や暮らしにかかわる医療、金融、官公庁、その他の分野で、大切なことを支援する力となっています。インターシステムズは、1978年に設立され、米国マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置く、世界中に拠点をもつ株式非公開企業です。その製品は世界80ヶ国以上の数百万ユーザーによって、日々利用されています。
詳しくはこちらをご覧ください。InterSystems.com/jp/