resources

活動参加者のご紹介

ユニバーシティ・アウトリーチプログラム
活動参加者のご紹介

参加団体 研究プログラム
学校法人岩崎学園
【現在、休止中】
情報科学専門学校
横浜医療情報専門学校
クラウド環境のシステム開発に取り入れることのできる様々な技術を学ぶ授業の一環として、Caché の講義を実施
会津大学
コンピュータ理工学部
コンピュータ理工学科
メッセージ・ネットワーキングを用いた情報基盤構築のためのデータベースの研究
メッセージング・ネットワークのmediationをつかったXML-DBシンクロの検討
東京医療保健大学
医療保健学部

医療情報学科
医療情報ゼミII:オブジェクト指向データベースCachéの概要を説明し、キャシェスタジオを使ったデータベースの作成方法とターミナルおよび、CSP、管理ポータルの使い方を学ぶ

「情報システム概論」では、医療向けデータベースの1つとしてCaché概要説明や操作体験を実施。

「医療情報総合演習」では、Cachéを使って簡単な院内用情報システム構築や研究病院から提供されるDPC、看護必要度データを分析するシステムを構築予定

創価大学 Cachéのオブジェクト機能を利用したシステム開発

学生および教育・職員を対象とした、Webを使った学内ポータルシステムの開発。

鈴鹿医療科学大学
医用工学部
プログラミング講義・演習内でのCachéの利用CachéをDBとしてCSPでアクセスするアプリケーションを作成する。また、以下Cachéシステムを活用したシステム開発を準備・検討中。
  • 鍼灸科向け医療システム開発
  • 病名コード化システム、個人健康管理システムなど
滋賀医科大学
医学部
以下内容を学生と共同で開発してゆく
  • 研究教育活動データのWebベースの効率よい収集とデータベースの構築
  • 研究教育活動の評価のための分析
  • 本学の研究教育活動状況のWebによる公表
東京大学
インテリジェント・
モデリング・
ラボラトリー
手術情報データベースシステムの構築、データ等価変換機能の実装術中計測/解析データ用システムにデータの等価変換機能を追加することで、データの効率的な再利用が可能なシステムを目指している。

研究の一部は、近畿大学、大阪府立高専、大阪工業大学と共同で行う。

また、臨床協力組織として、大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学(整形外科学)、独立行政法人国立病院機構 大阪南医療センターと共同で研究を行う。

千葉大学医学部 医療学術用語辞書システムの開発
慶応義塾大学
メディアセンター本部
大学図書館のための
ANSI/NISO Z39.50 アプリケーションの研究・開発