Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

南デヴォン州:HealthShareによる統合的で情報に基づいたケア

smiling doctor

南デボンの医療・介護現場では、ITシステムの統合により、急性期チームとコミュニティチームがこれまで以上に緊密に連携しています。

GDEsの差し迫った目標をサポートする

トーベイとサウスデボンのNHSは、10年以上前から医療統合の最前線にいます。 2015年1月、この地域は、パートナーが協力して貧困地域の健康格差を縮小するために、急性期医療における統合サービスを開発するNHSイングランドのバンガード資格を獲得しました。

急速な進歩が続き、同年10月にTorbay and South Devon NHS Foundation Trust(TSDFT)は統合ケア組織となりました。 急性期病院と地域病院の統合により、6,000人以上の職員と数十のITシステムが統合されました。

患者さんがプライマリケア、急性期医療、コミュニティケアを物理的に行き来しても、その情報はデータサイロの中で保留されることがあまりにも多いため、ケア情報の断片化に取り組むことも、このトラストの焦点となっています。

コミュニケーションの障壁を取り除き、臨床医に適切な情報を提供することは、患者さんの治療の未来に不可欠です。 2014年には、 InterSystems HealthShareの力を借りて、地域全体の臨床ポータルの構築に乗り出しました。 HealthShareは、医療・社会福祉サービスやシステムに存在するすべての患者の医療情報を統合し、統合デジタル診療記録を提供するために採用されました。

課題を抱える地域、課題を抱えるシステム

エクセターとプリマスという2つの都市の間に位置する美しい地域、トーベイと南デヴォン。 この地域には約37万5,000人が住んでおり、大きな町や地方に住んでいます。 すべての住民に質の高い医療を提供するという課題は、年末年始にこの地域に流れ込む10万人の訪問者によってさらに悪化します。

地域内では、健康の不平等が顕著です。かつて繁栄した工業地帯には豊かな地域もありますが、現在は著しい失業率と経済的困窮に見舞われており、その結果、健康上のニーズがますます複雑化しています。

数百の情報システムの垣根を取り払う

南デボン州の複雑なマルチプラットフォーム医療 IT インフラを単一のアクセスポイントにまとめることは、Torbay and South Devon NHS Foundation Trust(TSDFT)の臨床情報責任者 Mike Green 氏と医療情報サービス部長 Gary Hotine 氏の仕事です。

プロジェクト開始時から上級臨床医と管理者が共有していたビジョンは、情報によって強化され臨床ニーズを中心とした統合医療組織を開発することでした。 Green氏は次のように説明しています。「私たちには、統合医療、統合社会福祉、さまざまな組織やITシステム間での情報共有を提供するという、ありたい姿の臨床的展望がありました。」

「しかし、100以上の情報管理システムがあり、すべてが個別のログインとストレージインフラを持つため、このシステムを監督・設計する建築家が必要だと認識しました。」

情報サイロを解消して複数のシステム間でシームレスに情報を交換することに挑戦したTSDFTが市場調査を行い、相互運用性と情報交換に関する問題を克服してトーベイと南デボンが必要としていた変革を促進させる、インターシステムズのHealthShareが選択されたのです。

「医療と社会福祉の統合戦略に対応するために柔軟で拡張性のある相互運用性システムを探していました。」 HealthShareは、私たちの要求をすべて満たしてくれました」とGreenはコメントします。

トーベイ・南デボン NHS基金トラスト、CIO Mike Green氏。

臨床医が重要な役割を果たし、インターシステムズの専門家とともに臨床ポータルシステムの開発に取り組みました。このシステムは、情報を共有するだけでなく、ケアを真に変革するものです。

Greenは、臨床情報責任者として勤務する傍ら、腫瘍形成外科医として活動しています。 この資料は、彼がなぜ、役員室と同じように現場でも人気のある解決策を見つけようとしたかを説明しています。 

HealthSHareが「ベストインブリード」ソリューションを可能にすると説明した上で、Gary Hotine氏は臨床医がシステムに何を求めているかを次のように説明しています。「臨床医は、多くの臨床プラットフォームを統合するシステムへのシングルサインオン機能が必要であることを明確に理解していました。」 異なるプロバイダーによる100以上のシステムが、異なる時期にインストールされ、導入されたため、課題は膨大でした。

「異なるソースからの情報を一箇所で利用できるようにすることが重要でした。」 Green氏は、HealthShareのシステム間情報共有能力に対するHotineの評価に同意し、「相互運用性のすべての領域をカバーする最高のソリューション 」と表現しています。

真の統合の影響を検証する:心不全専門家へのアラート

この地域の心不全チームに、サウスデボン臨床ポータル(システム名変更)を導入することが決定されました。 このチームは、病院と地域の両方で患者さんのケアを管理し、複数の医療専門家やサービスと関わりながら患者さんのケアニーズを把握するという複雑な仕事を担っています。

このような高リスクの患者さんを扱う場合、正確な情報が患者さんの最善の転帰を確保する鍵となりますが、場所やサービスを移動する患者さんのために必ずしも簡単ではありませんで した。 そのため、患者さんのケアに携わる人は、患者さんの病歴を把握することが重要です。 このサービスの性質上、HealthShareのテストベッドとして最適だったのです。

心不全専門看護師であるJoanne Passmoreは、プロジェクトの初期パイロットに参加し、同僚と協力してシステムの実用性を評価しました。「心不全患者が入院するとヘルスシェアが知らせてくれるので、患者やケアチームと話ができるようになります。」 投薬やリカバリープランの見直しも可能です。

このシステムは、臨床医が入院中に、より多くの情報に基づいたケアを行うのに役立ちますが、この情報は、患者さんの旅全体で共有することもできます。「退院時には、この情報を急性期と地域のチームで共有します」とPassmore氏は付け加えます。

Passmore氏にとって、ヘルスシェアの本当の利点は、心不全チームのケアを受けている人たちです。 また、「臨床チームとの関係が改善されたことで、患者さんにも影響が及んでいます」とも述べています。 心不全チームは、一部の臨床情報だけでなく、すべての二次医療情報にアクセスできるようになり、十分な情報に基づいた意思決定ができるようになりました。 また、これは患者さんと話し合うことができ、患者さんはより多くの情報を得ることができ、自分のケア治療について決定する力を得ることができます。」

臨床的・文化的インパクト - 急性と地域社会がこれまで以上に密接になる

Mike Green氏は、このシステムに対する期待に自信を持っています。 「このシステムが目指しているのは、情報を共有し、ワークフローを推進して、臨床の旅をより安全かつ効率的にすることです。」

このシステムには課題がなかったわけではありません。 しかし、実際には、このシステムが提供する即時の情報は、ほとんど成功の域に達していた」とPassmore氏は言います。 ポータルサイトのアラートシステムは、外来患者など、臨床医が立ち会う必要のないケースにアラートを出すように設定されていました。 この問題は、Passmore氏がHealthShareを使いこなすにつれて、すぐに解決されました。

南デヴォン州では、臨床医によって形成されるシステムの導入という当初の志が今日まで続いています。

臨床医と技術専門家が協力して、トーベイと南デヴォンのヘルスシェア・システムを適応・形成するのに役立っています。 臨床ポータルは、重要なデータの包括的なリポジトリに成長し、急性期と地域社会のチームがこれまで以上に緊密に連携できるようになりました。

トーベイ・南デボンNHS基金トラスト CIO Mike Green氏。

南デボンの未来-患者との対話

2016年12月に予定より早く初期導入が行われ、現在、すべての臨床医がシステムにアクセスできるようになっています。
情報共有システムにおいて長らく難点となっていた情報ガバナンスに、革新的な方法で挑戦しています。 Green氏は、トラストの情報およびガバナンスグループを廃止し、新しい患者情報共有グループに置き換えました。

実際、患者は、統合されたシステムのいずれかを通じて、自分自身の情報やケアプランを編集・修正することができ、臨床医だけでなく、患者のケアに関する最新の情報を把握することができます。

Gary Hotine氏は、HealthShareが、トラストの業務方法の変革にいかに貢献しているかを熱心に指摘し、モバイル戦略の採用が進んでおり、ヘルスシェアによるiOSとHTMLとの統合が非常に有益であると考えています。

パイロットから完全導入まで、すでに重複の削減、コミュニケーションの向上、コラボレーションの促進、患者の治療成果の向上が実現されています。 英国で最も先進的な医療システムの1つであるこのシステムは、統合の中心的存在です。

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

2022年 4月 28日
global investment bank brochure-data lake
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
2022年 4月 28日
3M Health Information Systems brochure
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。
2022年 4月 25日
Hospital Doctor With Digital Tablet Talks To Male Patient
HealthShare Patient Indexで入院・外来患者の記録を照合することで、患者データの一元管理、他の医療機関との共同事業、情報の流れの改善などが可能になりました。
2022年 4月 19日
Expert_Knowledge_1200x630-1024x538.jpg
ドイツの西部に位置するノルトライン・ウェストファーレン州(NRW)は、国内で最もパンデミックの影響を受けている地域の一つです。 ここは首都圏と地方が混在し、約1,800万人が住み、約340の病院がある、全米で最も人口の多い州です。
2022年 4月 12日
Being Holdings
「運ばない物流」をコンセプトに、常にロジスティクスの生産性・経済性・効率性の向上を追求する株式会社ビーイングホールディングス。主要なシステムを自社開発している同社では、高速な InterSystems 製品との出会いにより基幹システムの全面刷新を決断。それはInterSystems IRISを基盤とした総合物流システム「Jobs」へと結実し、同社の業務を変革しただけでなく、取引先に請われて外販されるまでになりました。
2022年 4月 6日
Physician pointing to tablet screen
アメリカ西海岸の大手ヘルスプランの最高医療責任者は、病院に入院している人をいつでも完全に把握できるようにすることを求めました。 この保険機関がすでにインターシステムズと医療情報交換組織と協業していたため、この組織のデータ・アナリティクス担当ディレクターは「はい、できます」と自信を持って答え、このCMOは「6カ月でできますか」と尋ねました。 その答えは? また、肯定でした。
2022年 1月 12日
InterSystems IRIS Data Platformでサプライチェーンにおける迅速な開発、データ統合、柔軟性の確保を実現
2021年 10月 28日
Kobe University Bio Resource Center
2019年4月、神戸大学医学部附属病院に「神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター」が設立されました。同センターは、「ニーズドリブン」型バイオバンクを指向し、検体の利活用率を飛躍的に高めるために、バイオバンク検体・医療情報管理システム(LIMS)をシスメックスと共同で開発しました。同システムの開発には、InterSystems IRISデータプラットフォームが採用され、多様な検査システムからの情報を統合し、ニーズに沿ったヒト検体+医療情報の収集と提供を実現しました。
2021年 10月 7日
Sapporo Heart Center DX story
日本で最も多くの経皮的冠動脈形成術(PCI、カテーテル治療)を実施している医療法人として知られる 札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニック。2019年、同院では「カテーテル治療のさらなる効率化と地域医療連携」をその目的に掲げてDXに着手しました。