Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

RxMx、InterSystems IRIS for Health への移行により、患者モニタリングシステムの 開発における俊敏性を向上

rxmx-migrates-to-intersystems-iris-for-health-to-increase-agility-in-developing-patient-monitoring-systems brochure image
RxMx、InterSystems IRIS for Healthへの移行により、患者モニタリングシステムの開発における俊敏性を向上

急成長しているオーストラリアの医療テクノロジ企業である RxMx は、副作用が生じる可能性があるために継続的な臨床検査を必要とする複雑な治療法向けに、自動患者モニタリングシステムを開発し、展開してきました。このシステムは、インターシステムズのデータベースプラットフォーム上に構築されており、リアルタイムのアルゴリズムを用いて、リスク状況のテスト結果を検出し、電子メール、テキスト、およびモバイルアプリを通じて医師、看護師、患者などにアラートを送ります。RxMx は、俊敏性を高めるため、インターシステムズとの関係を拡張し、InterSystems IRIS for Health™ データプラットフォームへの移行を進めています。

 
IRIS for Health - 医療に特化したソリューション
InterSystems IRIS for Health™ は、医療分野に特化して設計された唯一かつ初のデータプラットフォームです。トランザクション処理および分析、そして組み込まれた相互運用性によってInterSystems IRIS Data Platform を拡張することにより、ミッションクリティカルなアプリケーションを大々的かつ迅速に構築するための開発プラットフォームを提供します。
IRIS for Healthは、医療分野専用の機能を付け加えることで、リアルタイムの医療連携ソリューションを可能にします。これには、HL7(Health Level Seven)の FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)を使ってソリューションを迅速に開発できるフレームワークなどが含まれます。

急速に変化する環境に適応できるデータプラットフォーム
InterSystemsは、IRIS for Health に移行する RxMx に協力することを通じて、ビジネス環境や業務環境の急速な変化(新たな事業拠点、患者、治療法の導入など)に対応し、このデータベースプラットフォームが進化し続けられるようサポートします。

「この分野は、信じられないほど急速に変化しています。私たちが常に先を歩み続け、イノベーションを実現するために、インターシステムズから積極的に協力してもらえることを嬉しく思います」と、RxMx の共同創業者である Sean Riminton 准教授は述べています。「RxMx が成長すればするほど、私たちが収集し、分析し、報告するデータの量も劇的に増大します。そのため、弊社の中核的なテクノロジベンダーは、新しい情報のソースを弊社のネットワークに迅速に取り入れられる適応能力を持っている必要がありました。」

継続的な展開を支援するコンテナテクノロジ
RxMx の最高技術責任者である Ben Rhodes 氏は「弊社は継続的な展開に向けて取り組んでおり、コンテナテクノロジに対応している InterSystems IRIS for Health ならば、この取り組みを支援できます」と述べ、さらに自社の相互運用性に関する要件も拡大しつつあることを付け加えました。「弊社がスケールアップして米国やヨーロッパなどの市場で複数の新しい治療法をサポートするようになると、10以上の研究機関やベンダーとの統合が必要になる可能性があり、そうすると、それぞれからリアルタイムのデータフィードが単一の RxMx プラットフォームに送られてくることになります。」

最初からスケーラブル
Rhodes 氏によると、インターシステムズのスケーラビリティ、パフォーマンス、および応答性は、RxMx にとって極めて重要です。「インターシステムズを使用する限り、RxMx ではデータベースの問題は起きたことがありません。システムの実行が止まることはありませんし、パフォーマンスも必要に応じて拡張できます。インターシステムズが常にサポートの体制を整えており、万一必要があれば、適切なスタッフを派遣して助けてくれるという安心感があるのが大切です。」

スケーラビリティは、前年比 193% の成長率(Deloitte Technology Fast 50 2018 および The Australian Financial Review の Fast Starters 2018 の両リストで認められている数字)で拡大しているRxMxにとっては重要な問題です。

「臨床実績があり、患者にとっての安全性を高めるテクノロジソリューションを世界中に展開することにより、RxMx は、非常に短い期間で多大な成果を上げています」と、インターシステムズの地域マネージャを務める Luciano Brustia は述べています。「InterSystems IRIS for Health による RxMx とのパートナーシップを通じて、将来の技術的な課題に取り組んでいくことを楽しみにしています。」

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。
Matching inpatient and outpatient records with HealthShare Patient Index enabled a single view of patient data, joint ventures with other healthcare organizations, and better information flow.
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。
HealthShare Patient Indexで入院・外来患者の記録を照合することで、患者データの一元管理、他の医療機関との共同事業、情報の流れの改善などが可能になりました。
南デボンの医療・介護現場では、ITシステムの統合により、急性期チームとコミュニティチームがこれまで以上に緊密に連携しています。 GDEsの差し迫った目標をサポートする トーベイとサウスデボンのNHSは、10年以上前から医療統合の最前線にいます。 2015年1月、この地域は、パートナーが協力して貧困地域の健康格差を縮小するために、急性期医療における統合サービスを開発するNHSイングランドのバンガード資格を獲得しました。
ドイツの西部に位置するノルトライン・ウェストファーレン州(NRW)は、国内で最もパンデミックの影響を受けている地域の一つです。 ここは首都圏と地方が混在し、約1,800万人が住み、約340の病院がある、全米で最も人口の多い州です。