インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

リモートでの実装と運用開始

COVID-19をきっかけとした画期的なリモートでの運用開始

ニュージーランドがCOVID-19の感染拡大を阻止するため、世界でも極めて厳格なロックダウンに踏み切った3月に、オークランド最大規模の病院グループの1つであるMercyAscotとインターシステムズから派遣されたチームが、TrakCareの患者管理および請求書作成機能の運用開始に取組みました。この作業は、臨床への完全展開までの第1段階となるものでした。準備から運用開始までの時間が短いほど、スタッフがそれまで行ってきた大変な作業もすべて無駄になることなく活かされるだろうと、チームは認識していました。MercyAscotのプロジェクト責任者Sarah Gardner氏は、「待つ時間が長いほど、実現は困難だったでしょう」と述べています。

https://www.intersystems.com/isc-resources/wp-content/uploads/sites/24/remote_implementations_thumb-300x169.jpg

COVID-19によって作業が頓挫する恐れはありました。

しかし、そうはならなかったのです。

それどころか、両組織の従業員たちは、これまでほとんど行われていなかった、インターシステムズTrakCareの運用をリモートで開始するための革新的な方法を編み出しました。5月中旬に運用を開始できたことで、今後のリモート実装の道が開けました。日常的に混乱が起きていて、機敏に対応できることが不可欠となった現在の世の中ではなおさら、こうした経験が重要になります。

インターシステムズのプロフェッショナルサービス責任者Nicole Cameronはこう語っています。「このバーチャルでの運用開始モデルのおかげで、場所の障害が取り除かれ、実装された戦略が非常に有効なものとなりました。有意義で大きな変化がもたらされたのです。」

それでは、このリモートでの運用開始を成功に導いた要因は何だったのでしょうか。

  • 高い問題解決能力。戦略を実装するには、まったく新しい作業構造、バックアップリソース、多少の社員のダウンタイムにも対応することのできるスケジューリングが必要でした。バーチャルでの運用開始モデルにより、そのための土台が構築されました。また、このプロジェクトでは、データ移行などの重要な作業で障害が発生して社員がインターネットにアクセスできなくなった場合に備えて、3層の冗長性を確保しました。
  • きめ細かいコミュニケーション。チームのメンバーは問題を複雑さに応じて分類したため、的を絞って作業を行うことができ、作業者に難題がもたらされることはほとんどありませんでした。極めて重要な作業を行うときには、MercyAscotとインターシステムズとの間で定められたトリアージプロセスに従いました。従業員はコミュニケーションを追跡管理して、大切な情報の紛失を防ぎました。また、Microsoft Teamsで幾度となくやり取りをしたおかげで、全員が互いに顔見知りになることができました。
  • 信頼のおけるパートナーシップ。この運用開始が1年前に計画されていたら、まだ両社の関係は始まったばかりだったので、これほどスムーズには進まなかったかもしれません。「信頼で結ばれた強い絆が築かれていたので、離れていても安心して仕事をすることができました」と、Cameronは述べています。

MercyAscotでTrakCareが稼働を開始した今、目下の関心事は、組織全体における医療の変革を推進するためのプロジェクトを今後どのようなマイルストーンで進めていくかということです。その一方で、インターシステムズは、これからも新しい仕事の進め方について検討し、学んだ教訓を活かしていきます。

「この取り組みをCOVIDサンドボックスと呼んでいます。私たちは、将来の仕事のやり方に重大な影響を与えるようなアイデアを楽しみながら考えています」と、Cameronは語っています。「お客様の問題の解決策がもっと早く見つかるようになるかもしれません。あるいは、実装をもっと効率化して、お客様により早くソリューションを提供できるようになるかもしれません。」

ですが、まずはMercyAscotとインターシステムズは、リモートでの運用開始の成功祝いをバーチャルで行うつもりです。ここ何世代にもわたって経験したことのない最悪のパンデミックを迎えている最中でも、現実の社会におけるデータドリブン化の促進に貢献するイノベーションを称える祝杯なら、一度といわず何度挙げても許されるでしょう。

MercyAscotのリモートでの運用開始について詳しくは、 こちら(英語)をご覧ください。


この事例は、こちらからもご覧頂けます(英語)-2020年7月20日-OnTrak News Flash No.5: The Fight Against COVID-19 newsletter

関連するトピックス

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー。

2022年 4月 28日
global investment bank brochure-data lake
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
2022年 4月 28日
3M Health Information Systems brochure
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。
2022年 4月 25日
Hospital Doctor With Digital Tablet Talks To Male Patient
HealthShare Patient Indexで入院・外来患者の記録を照合することで、患者データの一元管理、他の医療機関との共同事業、情報の流れの改善などが可能になりました。
2022年 4月 22日
smiling doctor
南デボンの医療・介護現場では、ITシステムの統合により、急性期チームとコミュニティチームがこれまで以上に緊密に連携しています。 GDEsの差し迫った目標をサポートする トーベイとサウスデボンのNHSは、10年以上前から医療統合の最前線にいます。 2015年1月、この地域は、パートナーが協力して貧困地域の健康格差を縮小するために、急性期医療における統合サービスを開発するNHSイングランドのバンガード資格を獲得しました。
2022年 4月 19日
Expert_Knowledge_1200x630-1024x538.jpg
ドイツの西部に位置するノルトライン・ウェストファーレン州(NRW)は、国内で最もパンデミックの影響を受けている地域の一つです。 ここは首都圏と地方が混在し、約1,800万人が住み、約340の病院がある、全米で最も人口の多い州です。
2022年 4月 12日
Being Holdings
「運ばない物流」をコンセプトに、常にロジスティクスの生産性・経済性・効率性の向上を追求する株式会社ビーイングホールディングス。主要なシステムを自社開発している同社では、高速な InterSystems 製品との出会いにより基幹システムの全面刷新を決断。それはInterSystems IRISを基盤とした総合物流システム「Jobs」へと結実し、同社の業務を変革しただけでなく、取引先に請われて外販されるまでになりました。
2022年 4月 6日
Physician pointing to tablet screen
アメリカ西海岸の大手ヘルスプランの最高医療責任者は、病院に入院している人をいつでも完全に把握できるようにすることを求めました。 この保険機関がすでにインターシステムズと医療情報交換組織と協業していたため、この組織のデータ・アナリティクス担当ディレクターは「はい、できます」と自信を持って答え、このCMOは「6カ月でできますか」と尋ねました。 その答えは? また、肯定でした。
2021年 10月 28日
Kobe University Bio Resource Center
2019年4月、神戸大学医学部附属病院に「神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター」が設立されました。同センターは、「ニーズドリブン」型バイオバンクを指向し、検体の利活用率を飛躍的に高めるために、バイオバンク検体・医療情報管理システム(LIMS)をシスメックスと共同で開発しました。同システムの開発には、InterSystems IRISデータプラットフォームが採用され、多様な検査システムからの情報を統合し、ニーズに沿ったヒト検体+医療情報の収集と提供を実現しました。