インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

先を見通す: 金融サービスが待ち受けるものは?(字幕付き)

エコノミスト ウェビナ

先を見通す: 金融サービスが待ち受けるものは?(字幕付き)

The Economist-logo

不確実性の高い時代には、先を見通すことが何よりも重要です。今日のビジネスの最重要課題が、未来を見据えた戦略であることは疑いようもありません。これは、特に既存企業にとって重要な点です。新技術の台頭により、新規参入企業は金融業界への参入障壁が低くなっています。従来の銀行には、経験、顧客データ、顧客ロイヤルティがあるかもしれませんが、技術負債や組織の惰性が大きな障害となっています。フィンテック企業やネオバンクは、決済やオープンバンキングなど、あらゆる分野でイノベーションを起こし、同時に顧客の期待を再定義しています。このことは、ニューノーマル時代において、前例にないほどの「一人勝ち」状態を生み出す可能性があります。

*本動画は日本語字幕付きです。日本語字幕を表示するには、YouTube画面の右下の「字幕」アイコンをクリックしてオンにし、「設定」アイコンの『字幕』で「日本語」をご選択ください。
 

0:00 / 0:00
Video Companion

 

アジェンダ:

  • 既存企業はどのように新規参入企業と影響し合い、新しい事業体へと形を変えていくのか。
  • 先行者利益は、まだ存在するか。
  • 金融機関のアジャイル性とは何か。また、事業転換を成功させるためには何が必要か。
  • 新規参入企業と既存企業にとって、脅威はどのように異なるか。
  • 早く、沢山失敗する能力は、ディスラプターにとってどのようなメリットをもたらすか。また、規模が大きくなると、どのように薄れていくのか。
  • オペレーションを無駄なく、効率的に行う上でのテクノロジの役割と、レジリエンスに与える影響。

このウェビナはThe Economist Eventsが主催し、インターシステムズが協賛しました。

スピーカー:

  • Michael Homインターシステムズ、金融サービスソリューション グローバル責任者
  • Heidi Deringerベイン、パートナ兼米国金融サービスプラクティス部門長
  • Alain Schmidクレディ・スイス社 ビジネス・バンキング部門長 兼 デジタルバンキング・マネージメント・コミッティメンバー
  • Betsy Graseckモルガン・スタンレー、マネージング・ディレクター兼銀行・金融リサーチ部門グローバルヘッド
  • Rachana ShanbhogueThe Economist、金融エディタ
関連するトピックス

あなたが好きかもしれない他のリソース。